2010/02/16

ちょっと待った!子宮頸癌の予防接種は危険。知ってください&広めてください

いのちに関わる重要で緊急な情報です。読んで納得がいきましたら、広めるのにご協力ください。

日本でも若い女性たちに病院で接種が勧められ始めた「子宮頸癌予防ワクチン」の 最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があることをご存知でしょうか。しかもアメリカの独立した調査では、そのワクチンの効果がないことが伝えられています。

さっそく、子宮頸癌で検索すると、トップはなんとグラクソスミスクラインという製薬会社のものでした。日本ではこの会社の「サーバリックス」を導入し、勧めています。うーん、この構図、よくあるパターンだなあ。

もちろん、このワクチンが効かないとか危険だという情報は日本のマスコミには出ていないし、日本の医者も知らない(知ってても言えない)と思うので、どうか今日のブログを読んで、ご自身でもリンク先をご覧になり、信頼に足ると思ったら、友人知人に知らせてください。

イギリスでは政府が税金を使って、ティーンエイジャーを対象に、予防接種をしたら45ポンドの買い物券(バウチャー)をあげていることが社会問題になりつつあります。この予防接種に効果やメリットがあるなら、バウチャーはいらないはず。これって少女への賄賂?
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1250905/45-shops-bribe-cervical-cancer-jab.html

ここまでして予防接種を打たせるのは、なぜ?

ここにある写真は、インフルエンザや子宮頸癌の予防接種で亡くなったり、重い障害を負った人たちのものです。

インフルエンザの予防接種だって、効力より危険性の方が高いのです。オバマ大統領は自分の娘には打たせなかったことが報道されていますが、一般市民には「緊急事態宣言」までして、強制しようとしたのは、なぜ?

この辺りは菊川征二さんの『インフルエンザをばら撒く人々』を読んでください。

以下、オーストラリアの千早からの情報です。
ーーーーーーーーーーーー
日本の仲間から、「病院で、子宮頸癌ワクチンのポスターを見た」というメールが来て、遂に日本にも!(>_<) と思いました。

2007年4月に当時の豪首相ジョン・ハワードが同ワクチンのガーダシルを「無料で」中高生~26歳までの処女の女性に押し売りを始めた頃色々調べた私は、「やがて日本にも行くだろう」と心配していましたが厚労省はそのガーダシルではなく、グラクソ・スミスクラインのサーヴァリクスを販売することにしたようですね。

丁度ウチの娘にも学校経由で自治体から、「無料だから受けますか?」という質問票が配られてきました。

「無料」というのは、実は狡猾な言い回しであって、それは国民、住民の税金でまかなうということですから自腹を切って毒を体内に入れ、下手をすると命を失うはめになる予防接種を受けますか? と聞かれているようなものです。

日頃からプリズン・プラネットのアレックス・ジョーンズが「人々は諸手を広げて独裁政治を迎え入れる」と言っているけれども、まさにそれを目の当たりにするような気がしました。

取り急ぎ、日本女性のための警告を書きましたのでそれともうひとつの記事を是非お読み戴き、ご家族、ご友人などに広く知らせて戴きたいと思います。

「最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があること」と言われたら、受けますか? - 子宮頸癌ワクチンは絶対に受けないで!!
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/02/blog-post.html

<特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く>
http://tamekiyo.com/documents/healthranger/hpv.html
私は9/11の嘘に目覚めて色々わかるまで、長年現代医学を疑うこともなく生きてきた人間です。が、いまや予防接種とは基本的に「金儲けと人々を弱体化させ、病気にさせるための手段である」と見るようになりました。

そういう言い方では身もふたもないと思われるかもしれませんが、新潟大学教授・安保徹氏の『薬をやめれば病気は治る』に書かれていたことに納得したことも、これまでと全く違う見方が容易になった理由のひとつです。

もちろん大多数の医師はそういう実態に気づくことなく、教えられた通りに「患者さんのため」と思ってやっているに過ぎないのですが。

米国でも、子供への予防接種が近年グングン増えた自閉症の原因であることが声高に、といっても犠牲者の家族たちから言われています。
#ここでも9/11同様、メディアが取り上げないという状況があります。

脳腫瘍の元であるアスパーテーム(アスパルテーム、人口甘味料)を扱った"Sweet Misery," "Sweet Remedy" というドキュメンタリーにも出ていたラッセル・ブレイロック医師は、そうした食品に入っている添加物や予防接種、水道水に入れられるフッ素など全部が国民を馬鹿な人間にするための意図的な行為だと明言しています。


予防接種などで死者が出たり、車椅子の生活を余儀なくされる犠牲が出ても、普通の医師や製薬会社の人(実際にやり取りをした)は
「残念な出来事だったが、そういうケースもある」という言い方で済ませようとします。

それが本当に命を失う可能性という危険すら冒して打つだけの価値があるものならともかく、実は効果からして疑問があるものを「製薬会社の定期的収入確保」に貢献するように買うのは愚かとしか申せません。

これまでそういう見方をしたことのない方には到底理解して戴けないかもしれませんが、私たちはこれまで一方通行の情報しか受け取ってこなかったのですから、無理もないことです。
#私もフッ素ではみごとにだまされましたし。

ネットや実生活で、周囲の方に伝えてください。よろしくお願いいたします。

尚、日本ではサーヴァリクスは「サーバリックス」と表記されるようです。

千早
ーーーーー
みんなで歌おう 同時多発テロはヤラセだよ!
シークレットという解決策
http://insidejobjp.blogspot.com/2009/12/blog-post.html
ーーーーーーーーーー転載、ここまで。

ところでー。日本政府が新型インフルエンザワクチンを輸入したとき、「国が欧州の2社から計約1126億円で計約9,900万回分を購入する契約を結んでおり、2月3日にノバルティス社(スイス)所製の234万回分、同5日にグラクソ・スミスクライン社(英国)製の240万回分がそれぞれ各自治体へ初出荷される予定だった」と読売新聞が1月23日に報じてますが、結局ほとんど使われず廃棄処分。これってすごい税金の無駄。マスコミは新型インフルエンザの恐怖をさんざんあおったけど(号外まで出してたもんね)、無責任だ・・・。

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しています。クリックしてくださると、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わる助けになります。

26 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

せめて正しい知識を身に付けてください。
http://obgy.typepad.jp/blog/2008/12/post-95a9.html

Yumi Kikuchi さんのコメント...

匿名さん、今後はお名前と連絡先を書いてください(他の方も、匿名ではなくハンドルネームでもいいので、書いてくださいね)。

もちろん、医学者たちのほとんどが善意であり、あなたをはじめほとんどの方がご紹介のサイトに書かれていることを「正しい」と信じていることは承知の上で、このブログを書いています。最終的には、それぞれが判断するしかないでしょうが、私の出している情報も「せめて検討して」から判断してください。

raratan さんのコメント...

ゆみさん。こんばんは。

私はこの情報を教えていただいて本当に助かりました。ありがとうございます。感謝します。

さまざまな背景を知らない人たちにとっては”あり得ない”と思うかもしれませんが、私はこれまで世界で起こっていることを自分なりに調べた結果、今回の件については”あり得る”と思っています。

昨日姉にさっそく連絡しました。打つ、打たないは個人の意思で決めればよいことですが
危険性があることは報道されない可能性が高いのは事実です。

私は少なくとも自分の大切な人には、”危険性があるかもしれないから自分できちんと調べた方がよい”というアドバイスをしたいと思っています。

ゆみさんの純粋な愛の活動に感謝です。

Yumi Kikuchi さんのコメント...

raratanさん、どうもありがとうございます。おっしゃる通り、最終的には各自が判断するしかないのですが、日本ではワクチンの製薬会社や予防接種を推進する医師からの情報しかないので、そうではない情報を提供しました。ガンは今や2人に1人が一生でかかる時代ですから、がん予防について有効な情報を持つことや、日頃から食事や運動や考え方などで心身を気持ちよい状態に保つ必要がありますね。4月から始まるワークショップでは、2泊3日でそんなことも伝えています。

sugi-hayama さんのコメント...

素晴らしい記事、ありがとうございます。
ケムトレイル掲示板
http://hidemaro36.bbs.fc2.com/
で、びっくりする投稿ありました。

☆☆☆☆☆
子宮頸癌ワクチン sodium borate には、ゴキブリを殺す薬(sodium borate )やら、ネズミを不妊にすることで知られているもの(Polysorbate 80)が入っているそうです。sodiumborateとはホウ酸。
「7才以下の子供では、5g以下でも死に至ることがある」

でぶ猫相撲部屋
log.livedoor.jp/debuginger/archives/2008-11.html

殺鼠剤とHPVワクチン。。。共通点はホウ酸ナトリウム。
一般的にネズミを殺すために使用されている毒物が、HPVワクチンの成分リストにのっている。
ホウ酸ナトリウム含有のHPV注射は、現在米国へ新たに移住してきた人々には強制的に施行されている。。

匿名 さんのコメント...

> 殺鼠剤とHPVワクチン。。。共通点はホウ酸ナトリウム

定量的という言葉を知っていますか?

mappi さんのコメント...

はじめまして。
mappiと申します。

ブックマークしている方のツイッターで、こちらの記事を知り、お邪魔させていただきました。
記事を拝見して、とても驚いています。

というのも、実は今日のTBSラジオ「荒川強啓ディキャッチ」内の「明日も元気」(健康に関する情報を取り上げる短いコーナーです。その時々のテーマに合った医者にTBSのアナウンサーが話を聞くというスタイルです)で子宮頸がんの予防接種の効果を取り上げていたのを聞いたばかりだったからです。
その話を聞きながら、「いつのまにかいい薬ができたんだなぁ。」とうらやましく思いながら聞いていたのでした。

仕事をしながらでしたので、うろ覚えの記憶ではありますが、予防接種を受けると約8割の人は予防できるとか、、、
リスクの説明はなかったと思います。明らかに推奨していました。

どこのなんというお医者さんだったか忘れてしまいました。ちゃんと聞いていなかったことを激しく後悔しています。

放送を聞いて、「すぐれたいいもの」というイメージだけを認識した人も少なくないのでは?
恥ずかしながら、私は単純にそう感じてしまいましたので。

gt さんのコメント...

ネットで拾い集めただけの情報で判断するのは危険ですね。
ワクチンの国内外の臨床試験のデータも目を通されてますか?参照している記事の信憑性は?エビデンスレベルは?執筆者の文献はどのレベルのジャーナルに掲載されていますか?
全てを総合的に判断してから情報を掲載しないと恥をかきますよ。

Yumi Kikuchi さんのコメント...

gtさん、ご心配ありがとうございます。私は恥をかくのはかまわないのです。私の情報を読んで、一人でも疑問にもったり、自分で調べたりする人が増えてくれれば、そのほうがいいのです(私があとで恥をかいても)。世の中には、子宮頸癌の予防にワクチンが良い、という情報はあふれかえっていますので。私には企業スポンサーはいません。業界の圧力もないです。私の観点で、これは知らせたほうがいいと思うことを選択して書いています。

Yasu T さんのコメント...

妻がワクチン接種を考えていたので、調べていたらこのサイトに出会いました。予防接種すれば、生涯予防できるようなイメージでしたが、ずいぶん違うのですね。。

・一部の型のみ高い予防効果がある事、
・5年程の予防効果である事、
・既感染者には効果が薄れる事、

安易に不安をあおるのはよくないと思いますが、正しい知識を得る為に、このようなサイトがある事は有意義だと思います。

マスコミの情報は、一方的で危険ですね。

最後は本人の判断だとは思いますが、妻には、まだ接種しないように伝えるつもりです。間違った認識を持った人を減らす為、今後もがんばってください。

陰ながら応援しています。

・http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html
・http://obgy.typepad.jp/blog/2008/12/post-95a9.html

千早 さんのコメント...

Yasu Tさん、

コメントありがとううございました。
しかしYasu Tさんはひとつ大きな点を見過ごされていらっしゃいます。

> 安易に不安をあおるのはよくないと思いますが

不安=恐怖を最初にあおっているのは、製薬会社の言いなりになって

「子宮頸癌は怖い、怖い!」

という脅しを展開し、実は原因として明らかに証明されてもいないHPVを「原因だ」と断定してこの高額な劇薬ワクチンを日本の女性たちに売りつけようとしている人々です。そうした関係当局、"専門家"やメディアの行為こそが真っ先に批判されるべきではないでしょうか。

他にもいくつか関連の記事を書いていますので、どうか私のブログ
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/05/blog-post_24.html ほか
をごらんいただき、一人でも多くのご友人などにこの件をお伝え下さい。

宜敷くお願いいたします。

千早

しみずゆみ さんのコメント...

ヤフーで子宮頸がんワクチンの副作用の記事を読んで、こちらのブログにたどり着きました。日本では結構このワクチンに懐疑的な意見が出回っているんでしょうかね。
この記事を読んで真っ先に思い浮かんだのが、私の住むオーストリアで起こったワクチン接種後の死亡例。それまではワクチン接種はかなりメディアなどで勧められてたんですけど、この死亡例以来はすっかり静かになってしまいました。かといってこの一例だけで、それ以来さらなる重篤な副作用の例があったとも聞きませんが。というわけですが、個人的にもワクチン接種に興味を持っていたのですが、もう少し様子を見てからと考えるようになりました。
いろいろな意見があると思いますが、このワクチンが正常に作用すれば、がんの予防だけでなく厄介な性病なども予防できるので、女性はもちろん男性も接種すべきだと思うのですが、現在のところ副作用として負うべきリスクが高そうなのは残念なことですね。特に日本では婦人科診断が欧米ほど普及しておらず、ある調査では50パーセント以上が受診してないそうです。気がついたら子宮頸ガンになっていた、ということをワクチンはある程度でも防げるのにもったいないことです。
もうひとつ、なんかおかしいなと思うのは、インフルエンザの予防接種やタミフルなどの薬に関しては、死亡例がずっと多いのに、子宮頸がんワクチンほど懐疑的な意見がメディアで議論されていないこととです。ここはどうも製薬会社のロビーが働いているんだろうなと思ってしまいます。

匿名 さんのコメント...

もうすこし正しい知識を身につけてください。

ワクチン接種者とワクチン非接種者に

10年後あきらかな差がありあなたのサイトを見

てワクチン接種をあきらめ、そしてがんに罹った人がいたらどう責任を取るおつもりでしょうか?

紹介のサイトはほんの一部なんです。

メリットを見逃し、デメリットばかり見ることは危険なんです。

うちの大学の医学生100人中採血中に

迷走神経反射を起こしました。

だから採血は危険だすべきではない。

非常にナンセンスです。

そして個々が判断しろと責任逃れするなら

書くべきではない

あなたは悪しき扇動者だ。

医学部 学生より

三善清幸 さんのコメント...

はじめまして。
現代医学の化学薬品の危険性を調べているうちに、こちらにたどりつきました。
昨年まで、私は化学薬品の副作用で肉体的・精神的苦痛を味わい、しかもその副作用を医師たちが認めようとしない現実を目の当たりにしました。
爾来、現代医学の、ワクチンを含めた薬品について懐疑的になり、一見画期的にも思えるような子宮頸がんのワクチンもその対象でした。
やはり、このワクチンには相当な危険性があるようですね。
さっそく周りの人に、このブログの存在とともに、ワクチンの危険性を知らせようと思います。
すばらしい情報をありがとうございます。

まもる さんのコメント...

桜井裕子氏取材による渡部氏とのお話の動画で学べました。100のうち癌化するのは15種。そのうちの2つにだけ効果あり?だが、副作用と…等 有効年は5.7 13.4歳でワクチン受けて、必要な年頃時には効果ない; 後、家畜の免疫増強で不妊? など、壮大な人体実験?? まあ、動画を是非ご覧になって考えてみてください。母体を守る教育は大切です!
・子宮頸癌予防ワクチンの危険性[桜H23/1/7] http://p.tl/bH3z

kamio-h さんのコメント...

ヤリマンワクチン、というようなイメージが定着しなければいいが。

大直毘神 さんのコメント...

はじめまして。H.N大直毘神と申します。

記事を読ませていただきました。


また、誠に勝手ながら、私の記事の参考にさせていただきました。


ここにお詫び申し上げます。


『大直毘神のノート』(http://winding-road.seesaa.net/?1297523537)にて参照させていただきました。


ご不満があれば、記事を削除させていただきますので、その場合はお手数ですが私のブログに書き込んでいただけるとありがたいです。

匿名 さんのコメント...

ゆきりい

ゆみさん、いつも、活動に注目しています。友人のサイトから、たまたまここへ、飛び込みました。

すばらしいコメントを有難うございます。
私は現在、婦人科で働いており、サーバリックスのメーカ(GSK)からの正式な資料も見ており、続々と行政サイドで無料のワクチン接種が決定されていくのに、なんの情報開示も無く、疑問視する報道もない事に非常に危機感を抱いている者です。
しかも、先週には医師会を通じて、サーバリックスについて、だめ押しのような文書が配送され、目を疑いました。そこには、全く危険性がないとでもいわんばかりのいいわけのような、さも安心でこれで癌が防げるという説得調の説明が長々あり、驚く事に海外での死亡例でさえ、それは、「ワクチンと関係のない自殺や、事故が原因だった」とまで書かれ、その上だめ押しで国内では死亡例はないと高らかに歌われています。 (国内では昨年末から認可、発売されたばかりで死亡例が、あったら困るでしょう)ここまで子どもだましの説得には、驚く他なく、まるで必至で「リスク」を隠蔽しようと意図していますといわんばかりです。まさか、自殺や事故死がサーバリックスによる死亡例として報告されるはずがありますか?!
もし入手できたら、サーバリックス開発メーカーのGSKの説明書をよく読んでください。どこにも、サーバリックスが子宮頚癌を防ぐ効果があるとはかかれていません。HPV(子宮経癌の原因といわれているウィルス)のDNAタイプが数十種類あり、その中の16型と18型(欧米では、この2種が癌化の確率が高いという根拠で)のみに効果が期待される、あるかも知れない、と言っているだけです。性交渉前で70%の効果と言っています。30%には期待できません。しかも、この2種類以外のHPVウィルスにはまったく効果ありません。もう一社の4種に効果が期待できるとするワクチン(欧米では既に認可)が、昨年暮れには認可がおりて発売になると言われていたのに、未だに日本では認可されません。これも不思議です。GSKが一人勝ち、独占状態です。
欧米でも、経癌ワクチンが発売されてまだ10年たらず、
しっかりとしたエビデンスが無い中、まして、日本人に多いのは「16型18型ではない」のでは、というデータもあります(まだ、母数が少なく、データの蓄積が無いので、これも不明ですが)
接種して効果は、5年から7年くらいは期待できるのでは?と言っています。これもデータはありません。
GSKの説明書を読めば読む程、わざわざ危険を犯して接種する必要があるとは思えなくなります。私も10代の娘がある母親として、真剣に検討して、接種はしないという判断をしました。子宮頚癌は、発症するのに5年から10年かかると言われ、発症しても早期発見さえできれば死に至る癌ではありません。子宮頚癌検査をきちんと受けていれば、十分と考えます。
と、ここまで書いておいてなんですが、、、
実は、それ以前の問題として、子宮経癌ワクチンと検索すれば、誰でも見る事ができるレベルで、なんと米国FDAは、「HPVウィルスは子宮頚癌の原因ではない」と正式に発表してます!、研究結果が出ているのですよ!!
つまり、HPVが頚癌の原因であるというのは、既に間違った古い情報のはずなんです。これが、何故表に出てこないのか、とても不思議です。
そもそもHPVウィルスが原因でないなら、このワクチンがまったく無意味です。どうしてそこのところが
公表されないのか、とても不思議。やはり、別の意図、巨大な力、お金、が動いているとしか思えません。誰かがとっても儲かるんでしょうね。
本当に、真実を知らない、知らされていないと言うことは怖いと思います。
知った上で判断したら、誰でも分る事だと思うのに、どうして、行政で何の問題にもならずに、莫大な税金を投入する事業が採用されてしまうのか、本当に不可解です。
ある、有名なIT企業家(今は引退して、事前事業に専心している事になっています)が、
「地球を救う為に、今できる最善の策は何か?」
と世界のトップレベルの頭脳を集めた国際会議で聞かれて応えたそうです。
「予防接種を徹底することだ、それも第三国向けに」
これの意味するところがわかりますか?
地球を救う為には、人口をこれ以上増加させない事だと言っているのです!。。。
その為に、無知な第三国の子ども達に、高い確率で「不妊になる」予防接種を打つのが最善の方法だというのですよ!。しかも、その企業家は、引退したとはいえ、莫大な資産を予防接種のワクチンメーカーに出資しているそうです。ちなみに誰だかわかりますか?そうです、ビルゲイツ氏ですよ。
これを聞いて、心が凍りました。ヒトラーと同じ発想ではありませんか?
信頼できる方からの情報なので、英語が堪能な方なら、この情報を探せると思います。

この緊急提言を拝見して、興奮して、思いつくまま打ち込んだので、読み難いかもしれません。今度、資料を手元においてもう少し正確にデータをアップしたいと思います。新聞に投稿しようかと危機感もっていたところでした。ゆみさんの呼びかけに救われる思いです。医療関係者で詳しい人が、GSKの開発の中から、もっと声をあげて下さる人が出てきますように祈っています。
どうぞ、お母さん達、もっと情報を良く見極めて、そしてもっと怒りをぶつけましょう!本当に信じ難い構図です。バカにしています。私は、断固、反対ですし、周りの人にもそれを伝えて行きます。
今回、友人のアカウントからアクセスしてしまったので、匿名にせざるを得無い事をご了解ください。

匿名 さんのコメント...

きくちゆみさん、

私は去年(2011年)あるミュージシャンのブログで9.11の自作自演説を知りました。そこから猛勉強をしているうちにゆみさんが発信されていることにも出会いました。この社会や世界が自分が思っていたところと違うのだと嫌と言うほど知りました。予防接種に関して、ゆみさんの言われていることは私が勉強したことと同じです。アメリカ人の友人も「医療機関がやたらと勧めてきておかしい」と言っています。周りの女の子を持つお母さんに、まず危険性についてネット等で勉強した方がいいよ、と言っています。ゆみさん、尊敬しています。
NT

共同代表:きくちゆみ/森田玄 さんのコメント...

匿名さん、あるミュージシャン、どなたですか?差し支えなければ教えて下さい。911は自作自演だと思っていますが、米国の単独犯行だとは思っていません。米国政府さえも操れるパワー(影響力)を持った人たちが戦争も、(不必要で副作用も多い)予防接種も、お金儲けと人口削減のためにやっていると疑っています。311についても、人工地震説が根強くあります。私はまだ確固たる証拠をつかんでいないので、これについてはまだ調査中ですが、不自然な地震だったので、疑ってはいます。マスコミの情報を鵜呑みにしないで、自分で調べて考えて、いろいろ決断することが大事だと思っています。これからもこのブログで大事だと私が思うこと(今は放射性物質の人体への影響を、日本政府が軽く見ようとしていることに警鐘を鳴らしています)を発信していきます。

匿名 さんのコメント...

真実をはっきりと発信してくださりありがとうございます

sora さんのコメント...

予防接種を拒否するための良い言い訳はありませんか?
一般人の知識では、医者を納得させることができず、子供の親として無責任な母親!というブラックリストに乗りそう・・・
まわりには全く予防接種の危険性を疑う人がいなくて、説得に負けて少しだけ接種してしまった。
こんなことでいいのか?

ぴよ さんのコメント...

>いまや予防接種とは基本的に「金儲けと人々を弱体化させ、病気にさせるための手段である」と見るようになりました。

とありますが、例えば、今流行中の風疹の予防接種についてはどうお考えですか。

まさみ さんのコメント...

この間、UNのなんかのスピーチで、トップがこの私達が生活している地球で”十分に”暮らして行く為には、現在の地球総人口の70%を削らなければならない、って言ってました。
色々な角度からnatural selectionが始まっていると思いませんか?

世の権力者は、どれほど傲慢で愚かなのでしょう。
昔からこうなので、私は結局何も出来ませんが、ビル ゲイツまでその様じゃね。。
誰が善のリーダーを出来るのでしょうか?

古今東西、善のリーダーは暗殺とかされちゃいますからね。
ZENは、やはり幻なのでしょうか?

Yumi Kikkuchi さんのコメント...

まさみさん、そうなんですよ、善のリーダーは暗殺されてしまいます。今は殺す手段もいろいろあって、暗殺が派手ではなくなりました。社会的に抹殺することも簡単。なので、私はリーダーは勇気と良識と愛(慈悲)のある市民なのだと思っているのです。こういう歌を知っていますか?よくエンパワーメント系のワークショップなどで歌います。

We are the ones we've been waiting for
We are the ones we've been waiting for
待っていた相手は私たち
待っていた相手は私たち

誰かがやってくれるのではなく、気づいた人同士がつながって助け合って生きていく、ということなのだと思います。なので、今後もどうぞよろしく〜。私は今日からハワイ島にて、ふくしまキッズを受け入れて、8月16日まで彼らと行動を共にしています。

自分の居場所でできることを見つけてやっています。

Minoru Oishi さんのコメント...

WHOが子宮頸がん予防ワクチン投与法を変更

https://oishiminoru.files.wordpress.com/2014/12/e5ad90e5aeaee9a0b8e3818ce38293e4ba88e998b2e383afe382afe38381e383b3efbc92e59b9ee68ea5e7a8ae.jpg