2021/09/11

911事件から20年 「戦争のコスト」とコネプラの奇跡

米国ブラウン大学の研究発表の記事が目に止まりました。

Costs of the 20-year war on terror: $8 trillion and 900,000 deaths(20年間の対テロ戦争のコストは8兆ドルと90万の死者)

https://www.brown.edu/news/2021-09-01/costsofwar

A report from the Costs of War project at Brown University revealed that 20 years of post-9/11 wars have cost the U.S. an estimated $8 trillion and have killed more than 900,000 people.

ブラウン大学の「20年テロ戦争のコスト(費用・犠牲という意味がある)プロジェクト」からの報告によると、911事件からの20年に及ぶテロとの戦いで、米国は8兆ドルを使い、90万人以上を殺した、とあります。


今日は911から20周年。あのテロ事件で亡くなった方は2977人とされています。一方、その後の「テロとの戦い」で90万人以上が犠牲になった事実がショックでした。


暴力や戦争で人が殺されるのは、もううんざりで見たくないです。が、今もテロとの戦いはアフガニスタンやイラクから周辺諸国へ広がって継続しています。(それに「コロナウィルスとの戦い」が加わり、人類社会はさらに混迷しています)


当時、山の中で自給自足を目指しながら1歳と0歳の子育て中だった私は、何かに取り憑かれたように「対テロ戦争を止めよう」と可能な限りのリソースを投入して活動していたことを思い出しました。なりふり構わず、寝食を忘れて、子どもたちに寂しい思いをさせて、でした(特に3つ目は後悔しています)!


おそらく、アフガニスタンの乳飲み子を抱えた母親に自分の姿を重ねていたと思います。考えて動いていたのではなく、突き動かされていました。コネプラで学ぶ「認知的共感」ではなく「情動的共感」で動いていたのだ、と。


アメリカ人とイギリス人の友人とグローバルピースキャンペーンを立ち上げたら、神戸のレスポンス協会(阪神大震災の時に設立)のバウさんが全面的に協力してくれたのでした。


そこから一気に賛同が広がって、私たちは「テロに対して戦争をするのではなく、テロを必要としないもっと公正な地球社会を作ろう、困窮している人たちに手を差し伸べる方が戦争よりずっといい」、と主張しました。サダム・フセイン大統領が大量破壊兵器で米国を襲うテロリストだ、と考える米国政府に対して、米国が湾岸戦争(対イラク)で使った劣化ウラン弾の影響で白血病にかかった少女(や数多くの先天性障害の子どもたち)のことを訴えたりもしました。


そんな意見広告を米国の主要紙(ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ロサンゼルス・タイムズ)に出し、日米で「戦争中毒」という本の出版を助け、そのビルボード(看板広告)をハリウッドのど真ん中(ハリウッド通りとサンセット通りの交差点)に出したり、911関連のドキュメンタリー映画を次々と日本語に訳して国会議員会館でも上映会をし、東京平和映画祭を始めたり、911真相究明国際会議を主催したり、と自分ができることは全部、手当たり次第やりました。

ーーーーーー

*911事件のドキュメンタリー映画や真相究明会議全記録のDVDにご覧になりたい方(911事件の公式説とは違う見方に興味がある方)は、こちらをクリックしてください。

ーーーーーー


でも戦争は止められなかった。


やがて私は自分が何かに反対すると、それを強化する(例えば、戦争を止めようとすると、自分の周りに争いを生む、など)ということを繰り返し体験し、人生最大の挫折を味わいます。



ちょうど、昨日コネクション・プラクティスのトレーナー向けのトレーニングがあり、テーマはCompassion Fatigue(共感疲労)でした。(*共感疲労についてはこの記事が役立ちました)


2011年に311で福島第一原発が爆発(私が最も防ぎたかったことの一つ)したとき、それまで全力投球してきたことに意味が見出せなくなり、私は全てをやめました。同時に被曝の影響から身を守るためにハワイ移住を決行しました。人から猛烈な批判を受けたけど、完全に気力が失せた私は、一時生きてる意味が感じられなくなりました(子どもがいたので生き延びたと思う。いなかったら・・・・やばい)。


これって、今考えると共感疲労の症状だ、って思いました。


しかし、昨日、リタマリー・ジョンソンが教えてくれた共感疲労に対する彼女の対応をラスール仲間と一緒に練習したとき、ハートからの洞察がきました。


「あの時やったことが今につながっている」

と私のハートがはっきり言いました。


涙が出ました。


そうか、私がやったことは無意味じゃなかったんだ!!


確かに、あの時、対テロ戦争を止めたくて無我夢中に動いていたからアメリカやイギリスの平和活動家とつながりました。やがてデニス・クシニッチ(大統領候補)に出会い、彼の「平和省構想」に惚れ込んで、彼と本も出したし、全米平和省運動に加わりました。


そこでロンドンで行われる第1回平和省地球会議の情報をキャッチして参加し、日本にも平和省運動を立ち上げることができたので、2006年の第2回平和省地球会議に参加でき、そこでコネプラの創始者のリタ・マリーやNVCトレーナーのミキ・カシュタンと出会えたのでした(今も二人から学び続けています)。


その結果、私の本当のライフワーク「コネクション・プラクティス」を見つけられた。


この一連の流れに気づいた瞬間、「超越」が満たされました。



転機は2014年にやってきました。


「ゆみ、そろそろラスールにならない?」

リタマリーからある日突然、連絡がありました。


人生の目標を失っていた私をコネプラ認定コースに誘って、ラスール(コネクション・プラクティスのトレーナー)への道へと引き戻してくれたリタマリーに、改めて心からの感謝が湧いています。


今は自分自身にお祝いしたい感じ。


コネプラを伝え始めてから、私はかつてないほどイキイキと生きている実感があります。


「ゆみちゃん、よくやった。頑張ったね。そしてもう頑張らなくていいよ。あとはただコヒーランスしてハートにつながり、ハートの洞察に従って、ワクワクすることをやっていこう」って自分に言いました。


昨日、リタマリーが話したことで心に響く言葉を共有させてください。ラスール(コネプラトレーナー)仲間の野澤綾子さんがコラージュしてくれました。


「私たちが強いのは、感じないからじゃなくて、感じるから。ハートのパワーを持っていこう。愛はパワーが宿るところ」(リタマリー・ジョンソン RFI代表・コネクションプラクティス創始者)


「共感疲労」で心を麻痺させないためには、辛い残酷な悲惨な出来事を見聞きしたら、自分の感情に名前をつけて(悲しい、怖い、絶望した、無力感、など)、そして感情が導いてくれる大切なニーズ(愛、平和、パワー、希望、安心、安全、健やかさ、など)につながって、主なニーズのエネルギーで自分自身を満たします。それからハートフォーカス呼吸してコヒーランスになって、ハートからの洞察を得て、前に進みます。


これがコネプラを生きること。


コネプラはいつでもどこでもすぐ使える最高のツール、って思います。


「悲惨な出来事を変えたいなら、起きていることに気づいていることが大事です。気づきがなければ、現実を変えることはできない。その時にこのやり方を使って欲しい」、とリタマリーは私たち日本のラスールに言いました。


悲しいニュースが溢れる今、タイムリーに私(たち)に必要なワークを教わることができて、感謝でいっぱいです。


そして、リタマリーとコネプラに出会えた奇跡と、時間はかかったけれど(私に伝える準備ができるまで8年!)日本に生きる人たちに伝えることができ、受け取ってもらえた奇跡に心から感謝して、911から20年周年の今日を過ごします。


ありがとう。Mahalo.  Thank you. 

ごめんね I am sorry

許してね  Please forgive me

愛してるよ I love you

(これはレン博士から教わった4つの魔法の言葉「Ho'oponopono」)


*コネクション・プラクティスに興味がある方は公式サイトをご覧ください。全国各地やオンラインでの学びの情報が得られます:http://rasurjapan.com


2021/03/15

NVCと私 認定トレーナーを目指していることについて

私の人生にNVC(非暴力コミュニケーション)が初めてやってきたのは、2003年に対テロ戦争を止めるために米国各地で講演活動をしていた頃です。

911同時多発テロの後、ブッシュ大統領が「最後のテロリストを殲滅するまで戦う」って、テロとの戦いが始まった。最初はアフガニスタン、そして次は「大量破壊兵器を持つイラクを攻撃する」(って大量破壊兵器はイラクになかったことがのちに判明)というブッシュ大統領をなんとか止めたくて、アメリカ人に向かって「戦争が始まる前に戦争を止めよう、止められるのはあなたたち」と乳飲み子(当時、1歳と2歳)を抱えて訴えていました。

そんな私に、聴衆の1人のアメリカ人男性が「あなたにプレゼントします。役に立つでしょう」と、カセットテープのたば(10本ぐらい)をくれました。

そのテープがマーシャルがNVCを教えているテープでした。

移動の車の中で聞いてみたけど、よくわからなくて・・・。そのテープはもうどこかに行ってしまった。覚えているのは、「この人、歌下手だなあ」ぐらい!

それからまもなく初めてワシントンDCで行われた「全米平和省会議」に参加した時、受付で渡されたのが「Speak Peace in the World of Conflict 」というマーシャルの書いた本。

「あ、あのテープの人だ!」って思った。

受付の人に、「この会議ではなるべくこの本に書かれていることを実践してください」と言われた。つまり、NVCの基本(観察、感情、ニーズ、リクエスト)のコミュニケーションをするように、ということだったのね。私はちっともできなかったけど!

その時もNVCのことはよくわからなかった。ただ、これまで私が参加してきた国際会議と違って、この会議では意見が違う人同士が互いによく聞き合っているなあ、と思った。

その本が今、私のバイブルになっていて、13回連続の「Speak Peaceブックスタディ」を玄さんとやっています(現在2回目)。

すごく深い学びになるし、1回目も2回目も満員で「またやってほしい」という声が上がっているので、5月から新規開催できるよう、準備しますね。(準備が整ったら発表します)

その後、アメリカで2004年の大統領選予備選に民主党から立候補したデニス・クシニッチが提唱した「平和省を創ろう」(彼のスピーチを聞いて、めちゃ感動した。その後すぐ、アメリカまで彼に会いにいって、彼と一緒に「デニス・クシニッチーアメリカに平和の大統領を」という本も出版した)、という運動が世界的な動きになって、平和省地球会議が2005年にロンドンで始まりました。

もちろん、私もロンドンまで行ってその会議に参加し、めちゃ感動して、日本に平和省創設を目指すJUMPを立ち上げたのです。そして、運命の第2回平和省地球会議がカナダで開催された時に、ファシリテーターとして参加していたのがBay NVCの共同創設者でNVCリーダーシップという1年間のトレーニングを始めたミキ・カシュタン。彼女のファシリが私が体験してきた他の国際会議のファシリと全く違うので、どきもを抜かれたのを覚えています。

それで2007年に第3回平和省地球会議を日本で開催する時に、ミキ・カシュタンにファシリをお願いしました。そのとき、通訳をしてくれたのが安納献さん。この時、ミキは日本各地でNVCワークショップを開催してくれました。

それまで私はNVCは英語でしか見聞きしてなかったので、「日本語にすると不自然だな、日本語ではこれは使えない」、って思っていました。でも、安納献さんの通訳を聞いた時、初めて、「日本語でもできるんだ!」って思ったのでした。

私はその頃、環境や平和の社会変革活動にどっぷり浸かっていて、「(私は)正しい・(相手が)間違っている」という概念しかなかった。自分の求める理想に向かって全力で行動していて、信条が強く、自分と考えが違う人にに共感するのは難しかったなあ。

今でもそういう時がある。そこが私の限界でエッジだ、って気づいた。

それでNVCの学びを深めようと(英語で学ぶのが楽しかった、というのもあり)Bay NVCのリーダーシッププログラムという1年間の学びに参加したのが2010年。これは献さんが誘ってくれたから参加できたました。これで私の進路が変わった。ありがとう、献さん!!

カリフォルニアの森の中で行われた初めてのLPで魂が震える、人生観が変わる体験をしました。翌年2011年は夫と2人で参加し(その中にユッキーもいた)、2012年(川口久美子さんがいた)から2017年までLP卒業生としてあの形でのLPが終了するまで8年参加し続けました。日本人参加者としては献さんと重子さん(お二人はアシスタントとして参加)に次いでLPの参加回数が多いんじゃないかな(たぶん)。

日本で今、NVCを教えている人たちは、このLPの卒業生が多いです。

今はもうあの形のLPはやっていないけど、GLOBAL FESとかオンラインで学ぶチャンスが格段に増えています。そして、現在では日本でもLPのような長期の学びの場が日本人認定トレーナーによって開催されていることがお祝い(おめでとう)!

で、前置きがここまでで、ここからが本題。

私もCNVC(非暴力コミュニケーションセンター)の認定トレーナーを目指すと決めたんだけど(2010年に最初にLPに参加したときに決意)、それからずっと足踏みしている感じ。今は、Wild Spicy Giraffeというグループで「ポッド」を形成して認定プロセスを進めようとしています。ただ、私は日々のタスクが多すぎて余裕がなく、優先順位に「認定プロセスでやること」が上がってこないんです。

他のことをやって1日が終わるのが何年も続いている。

コネクション・プラクティスは今、日本でもオンラインでも教え続けているので、その中で基礎コースのパート2をやるときは、主にNVCが中心ではある。ただ、認定のプレアセスメントのために提出するポートフォリオは全然やれていない。例えば、ジャーナル(NVC日記)とか鍵になる違いについて自分の考えをまとめる、とか、地道な作業が苦手。

後からNVCを学んだ人たちがどんどん先に行って、自分は取り残された感があって、だんだん、「もう自分は認定はいいか(諦めようか)」ってなってきている。

当初のやる気と情熱が失われているかもしれない!!!

NVCは大好きで、世界のトレーナーたちも大好きで、もっと大勢の人に伝えていきたいから、やっぱり認定を取ろう、とは頭では思っている自分がいる。

「NVC認定、諦めずに最後まで達成しよう、やり切ろう」とっている私と

「忙しすぎるから、もうやめたら。休息と気楽さ大事」と言っている私と

両方自分の中にいて、それぞれに名前をつけて、共感するるワーク(自己統合)をこの間、みんなの前で川口久美子さんがやってくれた。

そうしたら、最後には「マウイにいけ」という洞察にたどり着いた。

マウイには、私の大好きなNVC認定トレーナーのジムとジョリがいる。ジムは私たち日本人ポッドのアセッサーでもあるし、ジョリはメンターだ。日常の忙しい全てのことを一旦傍に置いて、集中して時間をとって、彼らのもとで修行する、みたいなイメージ。


さあ、それをいつできるかなあ?2021年中は無理そうだなあ。2022年かしら・・・。まだ見通しが立たない。

私は彼らのアシスタントを喜びからできると思うんだよね。いろんな授業の日本人向けの通訳も含めて。


1日24時間。

一年365日。


有限の時間を自分と他者の人生をより豊かにするために、どうやって使うか。

やりたいことが多すぎる私の永遠の課題です。



2021/02/05

2021年のお誕生日にリクエストしたプレゼント

 2月3日が誕生日でした。

今欲しいものは、日本国内にコネプラハウス(コネクション・プラクティスを実践する家)となる拠点。

それ以外では、ハワイでは手に入らない日本の美味しい体に良い調味料(味噌、醤油、だし、乾物など)かな。

他に欲しいものは、これといってないなあ。

むしろ、今は人生の後半に向けて物を処分して、身軽にしている最中。


あ、コンピュータスキルは欲しいけど、これは自分で練習するしかないものね!もっと学び成長したいこと、マスターしたいことは、今、みんなに伝えていることも含めて、いろいろあります。一生で終わるかなあ。長いリストがあるので、長く元気に生きないと、とは思っています。


今年の誕生日に私はこんなプレゼントをFBの投稿でリクエストしました。

https://www.facebook.com/yumi.kikuchi.39750/posts/5881085751916926

知りたかったのは、私に出会って、あるいは私がいることで、あなたの人生が何か豊かになったかな?、ということ(もしあれば、です)。

それがなんであるかわかれば、この後の人生でもそれを意識してやれたらいいな、と思ってリクエストしました(応じるかどうかは、100%相手に委ねられます)。

そうしたら、本当にたくさんの方が色々なメッセージを書いてくれました。

「大根を食べるようになった」なんて具体的なのは、本当に嬉しい。観察で伝えてくれて、ありがとう!

みんなのメッセージを読みながら、心が暖かくなり、目頭が熱くなりました。どの人のどのメッセージにも愛が溢れていて、今日もとても幸せな気持ちが続いています。

ありがたい。

FBに書いてくれただけでなく、個人的にも直接メッセージを受け取りました。

例えば・・・

私の妹分のようなアッキーナからは、こんなメッセージ:

ゆみさん

お誕生日おめでとうございます💖 ゆみさんと出会ってゆたかになったこと ゆみさんの本を読み 地球とわたしとのつながりへの理解や愛が深まり🌏∞💞 ローフードを実践して健やかであることの幸せや活き活きさが深まり🌱✨ コネプラを学び、自分自身とのつながりが深まり、多様な仲間が増えて、愛を感じる体験が増えました🌳🌴🌲❤️ ゆみさんの、大切なものを大切にする素直で具体的で実践的なあり方から、大切なものを大切にすることを表現できるんだというインスパイアを受け取り、地球で生きる事の希望が増えて、信頼と創造性も育まれています。 ゆみさんと出会えてとても嬉しくて幸せです☺️ゆみさん、ありがとう💓

生きてて良かったなあ〜

本も書いて良かった。

コネプラを日本に伝えて良かった。


特に、コネクション・プラクティスとNVC、そして健康の秘訣の快医学や「ゆみザップ」の講座を受けてくれた方達からのメッセージは本当に具体的で嬉しい。

人生が豊かになる、って・・・

例えば、安心とか気楽さとか愛とか健やかさとか効率とか、その人その人なりの何か大事なことが、私と出会ったことで満たされた、ということ。(この考え方はNVCから学んだ)


今年、私は50歳で折り返して41歳。

そして来年はいよいよ40歳!(え、なんで!って声も聞こえるけど)

一段と高い目標に向かって

人生をかけて学び成長して、

自分の生まれてきた目的(自分とその周りをより平和に健やかにすること。「周り」の範囲は可能な限り行けるところまで・・)を達成します。


4月に日本に戻ります。コネプラの認定コースがあるからです。

熊本で開催される快医学の世界大会に4月23日〜25日に参加します。

その前は島根県でコネプラ基礎コース1・2・3を開催します。

ゴールデンウィークは千葉県でも基礎コースと快医学(ハーモニクスヒーリング)講座をやります。

また、どこかでお会いしましょうね!


風の時代になって、以前よりずっと生きやすくなっている私です。