2016/01/19

ハーモニクスヒーリング・リトリートをコナとロスのリゾートで開催

東日本大震災から5周年の3月11日から17日まで(6泊7日)と5月28日から6月3日(6泊7日)にコナのリゾートで、そして8月20日から26日(6泊7日)にロス(アナハイム)のリゾートにてハーモニクスヒーリング・リトリートの開催が決定しました。

3月11日の夜は、ふくしまキッズハワイのための「祈り」のコンサートにもご参加いただけます。

宿泊・開催地はハーモニクスライフセンター(我が家):
http://harmonicslifehawaii.blogspot.com
に最初2泊します。

そして3月13〜17日の宿泊先:コナ ホルアリゾート
https://www.shellvacationsclub.com/club/resorts/holua_resort/accommodations.page


5月28日から6月3日はすべてホルアリゾートで開催します。
滞在するお部屋の様子、リゾートのお写真はこちら:
https://www.shellvacationsclub.com/club/resorts/holua_resort/gallery.page

5日間でハーモニクスヒーリングの基本を学び、自分の体調管理ができるようになります。最後の1日はハワイ島観光をします。参加定員は6名です(最低催行人数:3名)。

リトリートの参加費、前後泊(延泊)料金などはこちら:
http://harmonicslifehawaii.blogspot.com


また、夏休みの最後8月20日から26日にもご家族やカップルでハーモニクスヒーリングを学びたい方を対象にリトリートを開催します。宿泊先はディズニーランドに隣接したアナハイムのリゾートのピーコック・スィーツ:
https://www.shellvacationsclub.com/club/resorts/peacock_suites/gallery.page
参加定員は3組(3家族)までです。

5日間で必要な学びを終えたら、1日はディズニーランドで遊ぶのも良し、リゾートのプールとスパでのんびりするも良し。

いずでもお問い合わせ、お申し込みはメールでお願いします。お名前、住所、電話番号、体調(改善したい症状などもしあれば)を書いてください。

日本の伝統療法を学び実践し、息・食・動・想・環の5つの要素を快く保つことであなたの健康を維持・増進することができます。この学びは一生の宝物です。

以下は家族でハーモニクスヒーリングを学んだ方の感想です。

コナ滞在中は、最大級のおもてなしをして頂き、家族一同とても感謝しています。ハーモニクスヒーリング+コナ観光の世界でアウトスタンディングなツアーになりました。重ねて御礼申し上げます。
帰国後、朝ごはんはバイタミックスを使用してスムージーを飲むようになりました。食卓に野菜が増えました。家族のメンバーが操体法を実践し始めました。何よりも、感謝の言葉を発しながらチームとしての行動を意識するように変わってきたのが嬉しい限りです。
今回の学びは家族にとって大変大きかったと思います。家族全員で着実にできるところから実践して参ります。」

高校生、中学生のお子様3人とご夫婦の合計5人で学んでいただきました。自分で体調を維持・改善できる方法を知ることは、人生をより自由にすると思います。

あなたの大切な方への、あるいはご自身へのプレゼントにいかがでしょうか。いずれの回も少人数で開催しますので、丁寧にご指導いたします。

お申し込みをお待ちしております。

2016/01/07

新春を仲間たちと迎えて:原みづほさん、インタビュー

2015年10月から昨日(1月5日)までのおよそ3ヶ月間、我が家にはたくさんの来客があり、血縁の家族を越えた大家族の賑わいがありました。

その間、実践したことは、私たちが結婚して最初に住んだ鴨川時代から今日まで伝えている「ハーモニクスヒーリング」、そして2014年に「ラスール(BePeace/コネクションプラクティスを教える認定トレーナー)」になってから伝えて始めた共感と洞察に基づくあり方です。

玄さんと私が二人で暮らし始めてから、自分たちの生活の場を「ハーモニクスライフセンター」と呼んできました。私たち自身の中に、そして二人の間や家族の間につながりが生まれ、暮らしの場、この土地(現在はハワイ島)や社会、地球との関係がまるで美しいハーモニーのように調和していることを目指し、そのようにありたいという願いの現れです。

ハーモニクスライフセンターでは息・食・動・想・環(そく、しょく、どう、そう、かん、と読む)がそれぞれ調和していること、気持ち良いことの実践を心がけています。特に大切にしているのは、食べ物を薬とすること、そして日々のコミュニケーションでは思いやりと正直さをどちらも実践すること、朝起きたときと寝る前に、操体法でその日に生じた体の歪みをとること、コヒーランスをして眠ること、などです。

そして完璧を目指さず(それもまた窮屈でストレスなので)60%主義で、結果がどうあれ(自分の望んでいない結果になったときも)ニコニコ笑って息を吐きます。

そんな暮らしを昨日まで共にしてくれた一人、原みづほさんをインタビューしYoutubeにアップました。よかったら聞いてください。

朝はグリーンスムージーの乾杯!から元気な1日が始まります。
https://youtu.be/4zcH_RJu08A

彼女の「コヒーランス」でBePeaceプラクティスの基礎コースのハワイ開催が決定したのですが、その後も、また彼女の仰天「コヒーランス」で、旅程を変更してハーモニクスヒーリングを続けて学ぶことになったのです。

おかげさまで、家族揃ってハーモニクスヒーリングを学ぶことになっていた竹下家に加えて、みづほさん、ラムーちゃんが加わった大にぎわいの、楽しくて豊かでおいしくて、驚きと感動に満ちた2016年が始まりました。

どうもありがとう!!

みづほさんのように常に「コヒーランス」して「ハート・脳 洞察」に従って生きる人が増えたときに、この地球がどんな風に変化するのかを今生で見届けたいです。そのためにも、これからもハーモニクスヒーリングを日々実践して(IntegrityとAuthenticityのニーズを満たす)、年々元気になっていくお手本として生きたいです。

このブログに出てくるわかりにくい用語:
「コヒーランス」
「ハート・脳 洞察」
についてもっと理解したい方は、BePeace/コネクション・プラクティスを学んでくださいね。

こちらに開催日程の予定があります。
http://bepeacejapan.blogspot.jp/2015/06/67.html

私が教えるのは、2016年3月26・27日(基礎コースパート1)、4月2・3日(基礎コースパート2)、4月9・10日(基礎コースパート3)です。参加募集はFBで行っていますので、そちらからお申し込みください。

日本にラスールが100人誕生するまでは、足繁く日本に通って講師をします。そのあとは、日本人ラスールたちによって共感と洞察の花が咲くのを託したいと思います。

さて、もう一つのライフワーク、ふくしまキッズハワイのことです。2016年もふくしまキッズハワイプロジェクト6を夏に開催します。また、通年で赤ちゃんとママの保養をするふくしまキッズハワイハウスもオープンします。

そのためのファンドレイズ(資金集め)のコンサートを2016年1月9日にヒロにて開催します。私はコナ在住なのであまりヒロには知り合いがいないのですが、もしもこれを読んでいるあなたがヒロにつながりがありましたら、ぜひ広報のサポートをお願いします。

FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/1499598510347189/


今年も日本からも、サポートをよろしくお願いします。

寄付先:郵便振替 00150-4-728960 ふくしまキッズハワイ






2016/01/02

あけましておめでとうございます

ハワイは2016年1月1日(夜中を過ぎたので実はもう2日)です。これから初夢を見るために眠ります。(結局、1月1日も2日も初夢は見てない、というか、見たかもしれないけど覚えていない。)

元旦の朝はハーモニクスヒーリングリトリートに参加している7名と家族4名の総勢11名でマウナケアに行きました。初日の出はなるべく見に行くようにしているのですが、マウナケアの朝日はやはり格別です。

満点の夜空、夜明け前のあのなんとも言えない空の色には毎回感動します。そして太陽が昇ってくるときの美しさと凛々しさ。この太陽に生かされている私を含むすべての地球上のいのち。

こんな風に大切な仲間たちと初日の出を見ることができた今年もまた素晴らしい年になるに違いありません。

今私は、BePeaceプラクティス(コネクションプラクティス)を伝える「ラスール」の養成と、日本の伝統療法「快医学」に基づくハーモニクスヒーリングをアメリカで広めることに力を入れています。

どちらも私が大切にしている自由や平和、愛と健康(環境保全)につながる手応えを感じています。

ラスールの教えは「空の稲妻を指し示す前に私たちの心の中の嵐を鎮めなくてはならない」に集約されますが、長年、環境を守ることや戦争に反対して平和を希求することに取り組んできた私は、ずっと問題を指摘したり、犯人探しをしたり、良い悪いを判断したり、どちらかというと、「空の稲妻を指し示す」ことに力を入れ、「私の心の中の嵐を鎮める」ことはやっていませんでした。

BePeaceを実践しコヒーランスの時間(脳とハートがつながっている状態)を増やすことで、2016年は信頼、愛、ニーズを満たす力、進歩、貢献、学び、成長、つながりを大切にして生きていきます。

2015年までに出会ってくれたみなさまに感謝します。
忙しいことを理由に、約束を守らないことを繰り返した2015年でしたが、2016年は「約束を守る」ことを心がけたいです。大切な人やことを大切にして、言葉と行動をより一致させている自分をイメージしています。(2016年の課題)

2016年、この地球のどこかで元気にお会いしましょう。

2016年に実現すること:
1、4月までに私たちにぴったりの家をハワイ島コナに見つけて引越す
2、経済的、時間的自由を獲得して福島の子供達の保養を続ける
3、ラスール(BePeace/コネクションプラクティスの講師)を20人以上養成する
4、ハーモニクスヒーリングのリトリートをハワイで6回以上開催する
5、日本でBePeaceプラクティス(コネクション・プラクティス)を100人に教える
6、BePeaceプラクティスを広める本を書き、出版し、1万部以上売る
7、私物を本当に必要なものだけにして、それ以外は断捨離する
8、ZUMBAとヨガを継続し体力と柔軟性と気力をさらに高める(週3回はジムに通う)
9、家族や友人の話をよく聴いて(観察して)、感情とニーズを常に探る
10、余裕をもって計画や約束をする(守れない約束をしない/予定をびっしりにしない)

経済的時間的余裕が自由につながるという、当たり前のことに今更ながらに気づいています。

2015年、私に大きな影響を与えたできごとは、10月から2ヶ月間、末期ガンと診断された友人と生活を共にしたことです。

        
<写真はユッキー。ホノルルマラソンに出場し、7キロ歩きました。彼女の強い意志に何度も感動しました>


彼女と苦楽を共にしたおかげで、私は今、自分が当たり前だと思ってきたいろいろなことへの感謝の気持ちが深まりました。

朝気持ちよく眼が覚めること、起きてすぐに便通があること、美味しいご飯が食べられること、歩けること、運動できること、コンピュータが使えること、友達がハワイまで来てくれること、日本にも世界各地にも大切な友達がいること、お風呂に入れること、着替えるられること(洋服があること)、家があること、家族がいること、やりがいのある仕事をもっていること、幾つになっても好奇心と学ぶ意欲が旺盛なこと、今も成長していること、などまだまだ書ききれません。

今ははらみづほさんとラムーさんがハーモニクスヒーリングを学んでくれ、伝えてくれる人になろうとしていることに希望を感じています。快医学創始者の瓜生さんが地球を去った今、この素晴らしい日本の伝統療法を本気で伝えていきたいとも思っています。

希望と感謝とともに始まった2016年、今年もよろしくお願いします。

私たちのライフワークのひとつ「ふくしまキッズハワイ」の保養を実現するために新春のコンサートをします。ハワイ島の方はぜひご参加くださいね!

フライヤーは曜日が間違っていますが、土曜日、1月9日、午後4時から@East Hawaii Cultural Centerで開催です。そこでお会いできたら、格別です。

    



2015/12/19

ユッキー、仲間に迎えられ無事京都に/今日から3日間、マウイでハーモニクスヒーリング

なんと密度の濃い2ヶ月間だったでしょう。

ちょうど今から2ヶ月前の10月18日に末期ガンと診断されている友達のユッキーを我が家に迎え、2ヶ月弱寝食をと共にし、12月11日にホノルルへ行きました。そしてホノルルマラソンに出場し1/10を歩きたい、という願いを見事成就&凌駕し、ユッキーは7キロを歩いて、私たちを驚かせました。

以下のインタビューはホノルルを飛び立つ直前のユッキーです。

そして、昨日(12月17)日、無事、ユッキーは来た時よりも元気になって家族と友人の元に戻りました。FBで検索すると、彼女の帰国の瞬間の写真がたくさん出てきます。

彼女が2ヶ月間を私たちと過ごしてくれたこと、生き抜いてくれたこと、やると決めたことを全部やりきったこと(ホノルルマラソン出場だけでなく、ボルケーノでペレに会い、ペレのお腹の中を歩いたことなど)、ハワイに来たときより元気になって本を読むなどできることが増えたこと、生命の不思議さ、彼女のお友達からのたくさんの愛とサポートに感動し、感謝しています。こんな濃い時間は今までの人生になかったかもしれません。

ユッキーをホノルルル国際空港で見送ったあと、私たちはマウイ島にやってきました。ジムとジョリのオーガナイズで私たちは今晩、この島で初めてハーモニクスヒーリングを教えます。

これを読んでいる方でマウイ島の方がいましたら、ぜひきてください。
ハイクという町にあるジムとジョリの家で今晩6時から8時がイントロです。
明日、土曜日の午後1時から6時までがワンデイ・ワークショップ。
日曜日が個人健康相談日です。

ユッキーをここまで元気にしてくれたのは、私たちが教えているハーモニクスヒーリングをユッキーが実践してくれたからです。これは日本の伝統療法に基づいたものなので、誰でも学べるし、実践できます。

今からでも参加できますので、ぜひ!
電話:808-209-3377

2015/12/13

いよいよ明日(7時間後)、ユッキーホノルルマラソンに出場

明日は朝3時に集合なので、もう寝なくてはいけませんが、これだけは報告したくて。ユッキーは無事ホノルル入りし、Pacific Beachホテルで癌サバイバーの『チームメッセンジャー』のマラソンランナーたちと合流し、今日の出発前説明会では90人の前で感動のスピーチもしたのです。

これ、聞いて私もみんなも、そして話している本人も泣いちゃった。ハワイに来た当初は、ホノルルマラソンは無理かもしれない、このまま旅立ってしまう、って思っていたときもあったもんね。

「白い粉にならずに」という意味は、よくわからない人もいたみたいだけど、お骨になってハワイから日本に帰っていたかもしれない、ということを彼女は言っていました。確かにハワイにきて新しい治療が始まって2週間ぐらいは、痛みが強かったり、喉の腫瘍のせいで食事や水が喉を通らなくなったり、意識がもうろうとしたり、このままどうなってしまうのだろうか、というとても不安な時期がありました。

同じ部屋で隣で寝ていた私も心配で、夜中に起きてはユッキーの寝息を確かめに行っていた日々を思い出しました。

それを乗り越えて、今日のユッキーが受け取ったランナーのゼッケン(番号)24398でした。「243って不死身だね、ユッキーのことだね」と言うと、ユッキーはこんな素敵な笑顔を見せてくれました。

二人で感動。

「ユッキーなら大丈夫、きっと良くなる(大丈夫)、夢は叶うよ(大丈夫)」
これはチームメッセンジャーでみんなに掛けあう言葉なんだけど、実際、ユッキーは「ハワイに行ってゆみさんのご飯を食べて元気になって、ホノルルマラソンに出る」という夢をほぼ全部叶えつつあります。

あと数時間ご、死の淵まで行った友人の明日のマラソン、ともかくスタート地点に立って、1歩前に出し、彼女のめざす1/10マラソン(歩き)をサポートしたいと思います。

ユッキーのおかげで私も杉浦さんをはじめチームメッセンジャーとつながれたことをとても喜んでいます。癌患者さんからたくさんたくさん、勇気や愛や生きることの意味を受け取りました。

いまここにある確かな自分のいのち、動いている心臓、呼吸している肺、食べ物を消化してくれる臓器たち、良く動く手足、見える目、話せる口、聞こえる耳、味わえる舌、考える脳などすべてがありがたいです。

生きていて良かった。
ユッキーをハワイ島に受け入れてよかった。(本当はすごく迷ったし、怖かった)

ユッキーのいのちを信頼して、そしてユッキーも私たちを信頼してくれてよかった。
明日また素敵な報告ができるよう応援してください。

ユッキーをサポートしてくれたすべての方に、ありがとうございます。





2015/12/12

ユッキー、本日ホノルルへ/ホルヘとフランソワ(私のNVCの先生たち)が来日!

10月12日に京都を出てから早2ヶ月、ユッキーは無事ハワイ島での療養を終えて(いろいろなことがありましたが、元気です)本日午後ホノルルへ移動です。いよいよ明後日13日は朝5時にホノルルマラソンに出場です。ここまで物心共にサポートや応援をくださったみなさんに心から感謝しています。

私が特筆して感謝したいのは、私にコヒーランスとハート・脳洞察のパワーをシェアしてくれたリタマリージョンソン。コヒーランスを知らなかったら、今の私もユッキーもありません。リタ、ありがとう。

そして、ユッキーの保養に対して一番にカンパを送ってくれた羽根木のまりさん。こんなことをまたお願いして、応じてくれる人がいるだろうか、と不安だったときに、一番にまっさきにお金を振り込んでくれた。どんなに勇気付けられたことか!

おかげさまで、みんなからのカンパは5000ドルを超え、こちらでの治療に必要な金額はまかなうことができました。引き続きカンパを集めているのは、日本に持って帰るハーブやサプリメントを買うためです。日本で手に入らないものはユッキーに持って帰ってもらいます。

以下は、まりさんから受け取ったメール。彼女からのメールは私も広く日本に広めたいことなので、そのまま貼り付けます:
ーーーーーー
キリンなみなさま

ホルヘとフランソワが来日しました!
今日はフェーン現象なのか不思議な暑い天気の中、
ホルヘは関西での講座のために東京を出発しました。
フランソワも今日から東京で講座がスタートします。
直前でもまだ間に合う講座もありますので、
ぜひnvc-japan.netの講座情報をチェックしてみてくださいね。
カレンダーでも一覧できます。

さて、献さんの会@12/22羽根木、おかげさまで昼の部(入門編)はほぼ満席です。
少人数で気楽な会をめざしていますのでそろそろ締め切りますが、
どうしても昼しか出られない、という方は当方までご連絡ください。
あと1〜2名なら大丈夫かと思います。

夜の部(応用編)はまだ枠があります。
「応用編なんて、まだ初心者の私には無理……」
という声を聞きました。
応用編とは基礎をバッチリ身につけた方のためのものではなく、
実践のなかでのつまづきや疑問質問を受けながら、
実用のための力と知恵を学んでいくという内容ですので、
「NVCの基礎的なことは教わったけれど、この次どうすれば……」
「身の回りでNVCを使いたいけど、どうすればいいかわからない」
という方に、ぜひ来ていただけたらと思います。
「バリバリNVCを使っているけど、痛い目に遭ってるので共感が欲しい!」
という方はぜひぜひどうぞ。
皆で寄ってたかって共感(練習w)させていただきます。
お楽しみに\(^o^)/

12/22、羽根木の家でお待ちしています!

Mari
NVCジャパン・ネットワーク

ーーーー以上、羽根木のまりさんから。

あなたもNVCを日々実践して、自分や周りの人のよりたくさんのニーズをなるべく少ないリソースで満たしながら生きてくださいね。

ユッキーのことは引き続きホノルルから報告します。


2015/11/24

ユッキーは生を満喫

ユッキーと日本を出る前、彼女の担当医と看護士さんたちにお会いしました。
「飛行機に乗ることすら大変危険な状態です。最初のフライトで少しでも異変があったら、京都にすぐ戻ってください」と言われ、書類にサインをし、すべて覚悟の上で彼女を連れてハワイ島までやってきました。

あれからもう1ヶ月と2週間が経とうとしています。

今日は日本からユッキーのお父さんも到着し、彼女のホノルルマラソンまでの道のりを一緒にサポートしてくれることになりました。

昨日はハワイ島一周旅行も敢行し、ボルケーノ国立公園では溶岩洞窟(ラバチューブ)も歩き、階段も一人で登ったのです。あのやせ細った体では、あれだけの距離を歩くことはとても体力的に無理だろうと誰もが(本人も)思っていましたが、やりとげました。

ラバチューブの入り口で一時、痛みが出たのですが、呼吸法と操体法で痛みを和らげることができ、乗り切ったのです。

https://www.youtube.com/watch?v=UQ_MKoJyW8w

ユッキーの生きる意思は本当に強いです。

彼女がラバチューブを無事歩き終えたときは、みんな感動して泣いてしまいました。

不可能が可能になっていく。
奇跡が目の前で起きる。
そんな日々を送っています。

このまま彼女のいのちが輝き続けることを願ってやみません。

みなさんからのカンパも続々届き、当初、治療に必要だった50万円に達しました。あとは滞在費などだけですので、安心して12月10日までここハワイ島での治療と療養を続けることができます。

ユッキーをサポートしてくださっているお一人お一人に心から感謝します。
人間っていいな、友達ってありがたい、って日々思うことができる私は、幸せです。

ユッキーは確かに全身に癌が転移した末期癌患者ではあるのだけど、今、誰よりも生き生きとしていて、生を満喫しています。日々側にいて、彼女に感謝し感動しています。

よくぞ、よくぞ、ここまできてくれました。
私たちを信頼してくれて、本当にどうもありがとう。

医者から「ハワイに行ったら生きては帰れないかもしれないことを覚悟して」と言われていましたので、ここに来る決意をするには、どれだけの勇気がいっただろうか、と思います。

私と玄さんは日本の自然療法の快医学を学び実践していますが、医者ではありません。日々、ユッキーの体が喜ぶ食事を心を込めて作り、自然の生薬(ハーブなど)で手当てをするだけです。あとはユッキーの生命力がどこまであるかーー

奇跡の日々を1日、また1日と重ね、12月13日はホノルルマラソンに参加し、12月17日には無事、関空でユッキーをみんなで迎えてほしいと思います。

これからもユッキーの健康回復への道のりはチャレンジがあるでしょう。
なので、みなさんからの温かい応援やサポートがきっと彼女の励みになると思います。

<ユッキーへのカンパの振込先>
千葉興業銀行 鴨川支店 普通4440141 森田玄
お振込み後、メールで「ユッキーへのカンパ」というタイトルでご連絡をいただけると助かります。
メール送り先:rawinfo@harmonicslife.net
ーーーーーーーーーーー
*ふくしまキッズハワイ空室情報
12月25日まで3部屋、それ以降は1部屋空室がありますので、未就学児と母親(両親)が滞在できます。

お申し込み、問い合わせはメールでお願いします。