2006/01/26

玄ちゃん、おたんじょうびおめでとう

今日は愛するパートナーの玄ちゃんの誕生日。新しいシャツとくつをプレゼントして、特製アップルパイを焼きました。このアップルパイはアトッピッ子も完全ベジタリアンもマクロビアンも食べられて、すごくおいしいの。簡単なので、レシピを公開。船越康弘さんの『わらの料理』にあるんだけど、私のはもっといいかげん!いつも、計らないでてきとうに作ってしまいます。

Gens Birthday JPG

材料は、パイ皮のほうは、地粉150グラム、植物油(今日は米油を使いました)20ccと白ごまペースト40グラム(私は油とか計らずに適当にいれてしまいます)、塩水50ccぐらい(塩は3グラムぐらい)。具のほうは、大きめのリンゴ2個(紅玉かフジがいいかな)、レーズンが50グラム、くず15グラムに水30cc、塩少々。

まず、パイ皮のほう。パイ皮というよりは、私の場合、タルトに近い焼き上がりになるなあ。白ごまペーストと油と塩水をよく混ぜたなかに、粉をさっくり混ぜて、まとめておきます。少し寝かして、パイ型に敷き詰めます。これを200度のオーブンで20分焼く。

パイ皮を焼いている間に、具の方を作る。ひたひたの水にひたしたレーズン、5ミリのいちょう切りにしたりんごの順に重ねて、上からぱらぱらっと塩をふって、弱火で重ね煮。リンゴが透き通ったら、水ときくずでとろりと固めます。焼き上がったパイにこの具をいれて、できあがり。おさとうをまったく使わずに、こんなに甘ーいアップルパイが手軽にできるんですよ。慣れれば20分で作れるから、やってみてね。

2月3日の自分の誕生日のときは、これも超簡単でおいしいチーズケーキを焼くのだ!でもこちらは、ベジタリアンでもないし、マクロビアンでもありません。卵も生クリームもクリームチーズもたっぷり使います。

2 件のコメント:

ぽじぽじ さんのコメント...

早速アップルパイつくってみました。
わたくしド素人なのですが、砂糖の入っていないおやつを食べたくてやってみました(マクロでもベジタでもないんですけどね)。
たぶん粉の混ぜ方が下手だったせいかパイ皿から取り出す時に割れてしまいました・・・。
なんとか復元して具を盛りつけると、さっそく子供達がガツガツと食べはじめてあっという間になくなってしまいました。
次の日も挑戦してみたのですが、今度は粉を丁寧にまぜ、パイ皿にもしっかり敷き詰めたのできれいに取り出すことができました。
・・・しかし、慣れないと1時間以上かかるんですね・・・かかりすぎ?

Yumi Kikuchi さんのコメント...

そうですか。1時間は大変だなあ。何回かやれば30分ぐらいにはなると思います。簡単でおいしいから、みんなに教えてあげてください。ヘルシーなおやつです。