2006/06/27

本日発売の『スパ』に911のこと

Spa! cover JPG


本日発売の週刊誌『スパ!』に911事件の真相についてこれまでに明らかになっていることで、まだ日本ではあまり知られていない事実(他国ではかなり知られている)を書きましたので、興味のある方はぜひお読みいただけるとうれしいです。

現在も自衛隊がイラクに駐留し、陸上自衛隊帰還後も航空自衛隊が追加派兵されるのは、911事件をきっかけに始まった「テロとの戦い」のためです。日米同盟が強化され、共謀罪や教育基本法改定や改憲への動きで私たちの社会が根底から変えられつつある昨今、911事件について「本当のこと」を知るときが来ていると思います。

この件に関連して、9月11日にはニューヨークで、10月7日(アフガニスタンへの攻撃が始まった日の5周年)には、東京で911事件の真相究明国際会議が行われます。東京の企画に関わりたい方、手伝ってみたい方はDMできくちまでご連絡ください。

この国際会議を開催するためのカンパも現在金額の多寡にかかわらず、募っています。
振込先:郵便振替 00110-1-144224 ハーモニクスライフセンター
*通信欄に「911事件真相究明へのカンパ」と記入のこと。1万円以上の寄付者には、ジミー・ウォルターさんの直筆サイン入りDVD(日本語を含む10カ国の言語で見られる)を差し上げます。

10月7日に来日が決まっているのは、『スパ』でインタビューをしたジミー・ウォルターさんと、世界貿易センタービルに飛行機が突っ込む前に地下で爆発を体験し、命からがら脱出したウィリアム・ロドリゲスさん(事件の真相の鍵を握っている)のお二人です。スケジュール帳に印を付けておいてください。場所はオリンピックセンターの国際会議場です。朝から夜まで丸一日の企画になる予定です。

詳細は、私のブログや「地球平和ニュース」で発表します。
登録はこちら:
http://globalpeace.jp/#webmag

77 件のコメント:

NEO さんのコメント...

ききちさん、初めまして。 応援しています。10月の国際会議には「ルース・チェインジ」のディラン・エイブリー監督 22歳も招待して頂きたい。

http://video.google.com/videoranking
↑で、韓国字幕版も登場して真相が広まってますが、この作品の日本語翻訳データをネットに流すだけで、日本での「911認識も関心」も一変すると思います。ききちさんのネットワークで字幕データの制作期待!
loosechange.markblu.net/Eng_Loose_change_2
.txt
www.loosechange911.com/download/lc2e_
subs.zip

9月にはアメリカで第3弾が初の劇場公開と聞きます。この作品を日本でも映画館で公開に結びつける事が、真実追求運動を大きく広げるカギになると感じています。(22歳の青年が制作したインパクトが大きいです。)

又、北朝鮮問題ではありませんが、日本人の9・11犠牲者家族の声も伝える事が可能ならばとも思います。

Yumi Kikuchi さんのコメント...

ディランさん、呼びたいですが、超多忙のようです。もちろん声をかけてみますよ。海外から呼ぶ人が一人増えると、渡航費と滞在費と謝礼で5−60万円の出費になります。それをどうやって集めるか、ですね。どうかご協力を!現在、911真相究明国際会議(10月7日)に寄せられているカンパ合計は85000円です。これではまだまだ3人を呼ぶことはできません。300人の会場で一人5千円集めても(5千円は入場費としては高いです)150万円の収入。会議場が20万円。まだまだ赤字です。ちょっとがんばらないと大変なことになります。でも必ずやり遂げます。

もしカンパをくださるなら、ハーモニクスライフセンター 00110-1-144224
通信欄に「911真相究明」と書いてくださいね。

ニオ@NEO さんのコメント...

きくちさん、こんにちは。 (朝の投稿は名前の打ち間違い大変すいません…。)観客の立場としては、ウォルター氏を再度招かなくてもいいと感じます。ロスのシンポジウムでもCG仮説は物議をかもしているようです。(LCブログより。)

この911運動の裾野をもっと広げたいのであれば「ボーイングを捜せ」より、「ルース・チェインジ」をメインに伝える事で、逆にカンパも増えるのでは?と感じます。エイブリー監督の招待が無理な場合は、プロデューサーのKorey Rowe コーリー・ロウさんはどうでしょう? 彼もFOXニューズに出てましたしイラク戦争の帰還兵との事で、きくちさん的にもピッタリ? 同じ人が来日するよりも話題性のある人を呼ぶ方がマスコミも注目するでしょうし、観客が誰を招いて欲しいか?も考慮した方がイベントの効果が大きくなると思います。下記911動画集と「Zogby International」の世論調査など。
http://www.question911.com/links.php
http://www.911truth.org/article.php?story=20060522022041421
http://www.loosechange911.com/download/lc2e_subs.zip
http://loosechange.markblu.net/Eng_Loose_change_2.txt

「ルース・チェインジ」の日本語字幕データをネットに放出するだけで、「300人の会場では小さすぎる」という若い世代からの思わぬ反響があるかも知れません。それでは今後も陰ながら応援しています。第3者の意見をお伝えしたいだけなので返答はお手数になるので結構です。では、頑張って下さいね♪ ファイト!!

msq さんのコメント...

いつもお騒がせしている、msq です。

『SPA!』7月4日号の『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』について2つ確認したいことがあります。重要な問題ですので是非このページにてお答えください。

(1)20ページのジョーンズ教授の写真の説明文に「ジョーンズ教授は事件直後に処分されたWTCビルの鉄筋の残りを発見し、その鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」とありますが、これはジョーンズ教授が鋼材の資料片を入手し直接調べたという意味と解釈できますが、それは、どこに記述があるのでしょうか。ジョーンズ論文ではいまだに資料を検査できていないと書いているようです(6月28日現在)。

(2)『SPA!』の執筆者は「SPA! 9.11 調査委員会」となっており、きくちさんのお名前は文中にも一切出てきませんが、どういうことなのでしょうか。

Yumi Kikuchi さんのコメント...

MSQさん、英語は大丈夫?ちょっと心配しています。だってpull itのこと、ぜんぜんわかっていなんだもの。

ちなみに、ジョーンズ博士の最新論文はここにありますよ。最近のプリゾンプラネット(6月20日だったか)にもわかりやすく紹介されていました。

良く読んで、よく聞いてください。

(URLですが、ここにHTMLファイルは承認できない、と出てきちゃったので、お手数ですが、コピペで対処してください。)

Main Story:
http://prisonplanet.com/articles/april2006/240406thermiteidentified.htm

This video shows a bright yellow molten substance dripping from the south tower minutes before its collapse:

http://video.google.com/videoplay?docid=-2991254740145858863&q=cameraplanet%2B9/11

2)については、スパ編集部の方針だそうです(実は私もどうして署名がないのか、質問した)。複数のライターが書いたものを編集部がまとめたから、が理由でした。ちなみに私が書いた(ものを編集部がまとめた)のは20ー21ページ(ただし2番をのぞく)、22ページのジミーさんのインタビューです。

msq さんのコメント...

msqです
早速のご返事恐縮です。

(2)の執筆者名の件はわかりました。ただし扶桑社が「作る会」の教科書の出版元であることは心しておかれたほうが良いでしょう。

"pull it" は今回の私の質問とは、直接関係ありません。「ちなみに」と書き始められた部分が質問の主旨への回答ですね。ま、しかし、ちなみに、私の "pull it" についての見解は、米国務省が公式サイト

http://usinfo.state.gov/media/Archive/2005/Sep/16-241966.html

で公表しているものと「一致」しています。このような子供だましの批判では覆すことはできないでしょう。多分、米国務省の役人は英語は得意と思いますよ。私は HP でこの件にかんして、かなり説明しています。ハテナと思われた閲覧者は参照してください。内容は、公式見解だから正しいというような単純なものではありません、また量が多いですから覚悟してお読みください。

http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/index2.html

さて、本題の (1)ですが、あなたのお答えで、私やこのページの閲覧者が納得できると思いますか? 私はジョーンズ教授自身の論文(6月28日)と比べておかしいと書きました。日本語版は6月28日付けですが、英語のジョーンズ教授自身が管理しているファイルも見ています(7月2日、http://www.physics.byu.edu/research/energy/)。きくちさんが示された、アレックス氏のページのファイルは、教授の最新の論文ではなく2次的な資料ですし、ジョーンズ教授が実際に資料片を入手しそこに爆薬の付着を認めたという記述はありませんよ。一説によればすべて即座に中国に輸出されてしまった「鉄筋」ですから、もしこれが事実とすれば非常におおごとになっているはずです。ジョーンズ教授は最新の論文でもそのような資料を直接調べたいという希望を書いているだけです。(2)によれば、この部分は きくちさんが書かれました。書き方としては控えめに言っても「行き過ぎ」ではありませんか?

また、彼の論旨からは「鉄筋」に火薬が付着する可能性は非常に低いはずです。なぜなら、WTCの主要な構造部分には鉄筋コンクリートは使われていませんでした。全体が鉄骨構造で鉄筋コンクリート造ではありません。鉄筋状の材料、つまり鉄丸棒が使われたのは床トラスのウェブだけです。この部分にも火薬が付着する可能性は非常に低いです。彼の仮説に従えば火薬の付着すべきなのはコア部分の柱の「鋼材」です。ジョーンズ教授の論文をよく読まれたほうが良いでしょう。論文の日本語版があるのですからこの点は誰でも比較的簡単に確認のできることです。あなたの書かれた、
「ジョーンズ教授は事件直後に処分されたWTCビルの鉄筋の残りを発見し、その鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」
という文章は、あなたがジョーンズ論文を良く理解せずに書かれたことを示しています。ジョーンズ論文を持ち上げるのであれば、内容を良く理解してからにされたほうがよろしいでしょう。

賢明な閲覧者は事情を理解されたと思いますよ。よしなに。

千早 さんのコメント...

mspさん、

いい加減に下らない揚げ足取りはおやめになったらどうでしょうか。ここを読んでいらっしゃる皆さんもきっと同じ想いでしょうが、9/11の公式発表は間違いだらけです。それが一番肝心です。いくらどうあがいても、250はあるという嘘を全部否定することはできませんよ。
#あなたのメチャクチャな反論はもう読む気もしませんが>時間の無駄。(^_^;)

それにゆみも書いていた"pull it"ですが、

少しずつ広まる、9・11の事実
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0022436;jsessionid=3qt6hdecw2

にも書いた通りです。数年かけてやっと政府サイドが考えた言い訳「ビル内に残っていた“消防士の一団”(="it")を引き上げさせる」でmsqさんが納得されているのは非常に不思議です。

ゆみが書いた「英語は大丈夫?」は実に正当な疑問ですよ。だってそれは“あなたが政権側の嘘を見抜けない”っていうことだもの。アッハッハ!

加えて、Controlled Demolition社に電話してその言い回しの意味を聞いた人がいます。みごとに答は "Pull it" is when they actually pull it down」="pull it"とは、ビルを倒すことでしたよ。
http://www.pumpitout.com/phone_calls/controlled_demolitions.mp3

イシダ さんのコメント...

はじめまして。
msqさんの意見は、下らない揚げ足取りではなく、本質的な疑問だと思いますので、議論を深めてください。

msq さんのコメント...

msqです

イシダさんありがとうございます。

千早さん

>数年かけてやっと政府サイドが考えた言い訳「ビル内に残っていた“消防士の一団”

あなたは、以前と違うことをいっていますよ。

http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0022436

(引用始め)もうひとつみつけて一人で大笑いしてしまったことがあります。 それは9・11のホンの数週間前にWTC全体のリース権を取得し、この事件故 に保険金がたんまり入ったラリー・シルヴァースタインという人物がイン タビューで語った(要旨→)「残念だが、(タワー7を)爆破解体する ("pull it")ことにした」という“証言”についてです。それも紹介し ている"911 In Plane Site"は作られてからもう2、3年になると思います が、今頃になって二人のイギリス人ジャーナリストが書いた本の中で(引用終り)

上のリンクのコメントを投稿する前に、USINFOのページをきちんと理解していなかったということです。内容が不明の方は次のページの後半をご覧下さい。

http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/pull2pull.html

>「英語は大丈夫?」は実に正当な疑問ですよ。

私は素人ですから、辞書やいろいろな用例など調べたり、それ以外の資料からも検討しましたが、シルバースタイン氏の "pull it" は、彼の代理人が釈明したとおりでしょうね。実質的には、ヴォンクライスト氏もアレックス氏も心の中ではそう考えているはずですよ。米国人の、あなた方が信頼を置いている、アレックス=ジョーンズ氏が専門用語だと言っていることはわかっていますか? つまり、成句だから、彼は "it" は任意の対象を指示する代名詞ではないとしているのですよ。しかし、解体するという意味の技術用語であるならしっかりした別の用例や用語集の記述を示すべきです。しかしそれはされていない(ヴォンクライスト氏はこの難点を避けるためにデモリションという言葉を論理的に結びつけることを避けています。)。つまり「解体」と解釈できる根拠がありません。したがって、"it" は消防隊(ユニット単位の)か消火活動であるか、あるいは、熟語としての古い俗語の"急ぐ" とか"逃げろ"の意味でしょう。年配のシルバースタイン氏が"急ぐ"、"逃げろ" という言葉を思わず使い、説明のしやすい消防隊の意味で代理人が説明したのを容認したかもしれない。つまり、"pull it" を「解体」という意味に取れる可能性は他の意味に比較してきわめて可能性が低いということです。詳しくは、HPをご覧下さい。上のリンクの前半に説明があります。

具体的に解説して反論してみることです。

> 加えて、Controlled Demolition社に電話してその言い回しの意味を聞いた人がいます。みごとに答は "Pull it" is when they actually pull it down」="pull it"とは、ビルを倒すことでしたよ。

"pull it down" は何ですか、"it" は目的格になる代名詞ですよ。つまり、"it" でなくても良いわけです。この場合は、"pull ~ down" で倒すという意味でしょうね。この文頭の"Pull it" は「やっちまえ」という意味ではありませんか? これも俗語みたいですが。


言い換えれば、シルバースタイン氏が辟易しているのを知りながら、つまりこの場合も容疑者ないし共犯者が自白したということですか?

さて、どなたがCDIに聞いたのですか。具体性がないですね。CDIのどなたと電話したのですか?

またシルバースタイン氏は不動産業者ですが解体業者ではありませんよ。不動産業者も「pull it」を解体の意味で使うのでしょうか? しかも会話の相手の消防署員も解体業者ではない。解体の意味では会話が成り立たないでしょう。

>9/11の公式発表は間違いだらけです。

あなた方の公式発表の伝え方がデタラメなのですよ。1月に出した「質問書」は非常に基本的なものです。あなた方はそれに答えをきちんと出しましたか?

いいかげんに、根拠のない陰謀説など捨てたらいかがでしょうか。

もう一つ、おそらく現在の方策としては、私の前回のコメントのあとは放置するというのが、ベターだったと思います。きくちさんは、無視しているようですがが、まあその方が賢いやり方ですね。あなた方が私を論駁するには1月の「質問書」を処理しなくては外野は納得しませんよ。きくちさんも本来なら、私がHPに書いたように私のコメントを黙って削除するのがベストだったはずです。削除したといって騒ぐほど野暮じゃありませんからね。

あなたがたが根拠のない陰謀説・自作自演説を吹聴しない限りは何も言うことはないのですよ。

msq さんのコメント...

msqです

大切なことを忘れました。

>... In particular, photos and analyses of the molten metal observed in the basements of both Towers and WTC7 need to be brought forth to the international community of scientists and engineers immediately. Therefore, along with others, I call for the release of these and all relevant data for scrutiny by a cross-disciplinary, international team of researchers. ...

さて上の英文はどう訳したらよいのでしょうか。これは、2006年7月11日23時15分ころBYUのサイトにあるジョーンズ教授の論文の結論部分のコピーです。

この論文を全体を訳された、D氏は、次のように訳されています。

「特に、両タワーとWTC 7の基礎部分で観察された、融けた金属の写真や分析結果は、 科学者と技術者の国際的なコミュニティーに対して直ちに提出される必要がある。 それ故に著者は、人々と共に、あらゆる関連する資料を、学際的で 国際的な研究者チームによる綿密な調査のために放出することを要求する。」

すべての資料やデータを公開するよう要求しているのではありませんか? つまりジョーンズ教授は生の資料を直接検証してはいないと自分で書いているわけです。

ところが、きくちさんが『SPA!』7月4日号に書かれたのは、

「ジョーンズ教授は事件直後に処分されたWTCビルの鉄筋の残りを発見し、その鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」

です。全く矛盾するではありませんか? このような場合根拠がしっかりしておれば回答など簡単なことです。どの文献のどこにこう書いてあると示せば良いことです。きくちさんは、どの文書のどこにこのようにと示していません。紹介された文書を読んでみましたが、該当する記述はありませんでした。

この点について、千早さんはどう弁明されるつもりでしょうか。このような問題に即答するのは、書かれていることが真実なら非常に容易なことです。それができないというのは「虚偽」を書いたといわれても仕方がないことではありませんか? これが本題です。

匿名 さんのコメント...

解体用爆薬(サーメイト)検出の話とは次の
スレに出てくるものでは?
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/406.html

まだ、6月のシカゴやロサンゼルスの会議での
口頭発表だけで、論文はこれからのようでが。

ところで、SPAの記事もそうでしたが、どうも
鉄骨と鉄筋コンクリートが混同されているよう
です。
大体20階を越えるような高層ビルはまず
鉄骨構造でしょう。
正確には、ゼネコン関係者などに聞いてみる
などして下さい。

匿名 さんのコメント...

> 私の "pull it" についての見解は、米国務省が公式サイト(中略)
> で公表しているものと「一致」しています。

それはそうでしょう、一心同体だから。
「Poll it」の本来の意味は、貴君がよく知っておるでしょう、今更言うまでもないが。
署名付き記事ならともかく、この手の質問は、「SPA!」に聞くのがスジというもんだよ。ここは「コメント」の投稿だからね。
そんなに議論したいなら、asyura.comを利用すれば? いつまでも避けてないでさ。

> きくちさんは、無視しているようですがが

無視して当然です!
貴君の目論見は9/11の真相暴露を妨害することにあるのだから、相手にすればまんまと敵の思うツボ…

きくちさんは、こんな妨害工作になど振り回されず、
真相究明に向けて、いっそう邁進していただきたい。
msqさん、自分の言質に責任をとるなら、正々堂々と実名で顔を出したら?
それは100%無理なことは、今更言うまでもないが。

イシダ さんのコメント...

きくちさんが『SPA!』7月4日号に書かれたことについての議論に限っては、やはりここで行うのが判りやすいです。

で、まず確認したいことは、
「「ジョーンズ教授は事件直後に処分されたWTCビルの鉄筋の残りを発見し、その鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」
というのは、きくちさん自身が書いたことなのでしょうか? 
それとも、「複数のライターが書いたものを編集部がまとめ」る過程で、編集部が書き換えたものなのでしょうか?

もしこのくだりをきくちさんが書いたなら、その根拠はどこにあるのでしょうか?

Anonymousさんは、
「解体用爆薬(サーメイト)検出の話とは次の
スレに出てくるものでは?
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/406.html」
と予想されているようですが、もしこの予想が当たっているのなら、「6月のシカゴやロサンゼルスの会議での
口頭発表だけで、論文はこれからのよう」という情報をどのように入手したのでしょうか?

イシダ さんのコメント...

きくちさん、日本語は大丈夫?

もう一度、上から読み直して、確認しました。
msqさんの疑問
「20ページのジョーンズ教授の写真の説明文に「ジョーンズ教授は事件直後に処分されたWTCビルの鉄筋の残りを発見し、その鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」とありますが、これはジョーンズ教授が鋼材の資料片を入手し直接調べたという意味と解釈できますが、それは、どこに記述があるのでしょうか」
に対して、
きくちさんは、
「ジョーンズ博士の最新論文はここにありますよ。最近のプリゾンプラネット(6月20日だったか)にもわかりやすく紹介されていました。

良く読んで、よく聞いてください。

(URLですが、ここにHTMLファイルは承認できない、と出てきちゃったので、お手数ですが、コピペで対処してください。)

Main Story:
http://prisonplanet.com/articles/april2006/240406thermiteidentified.htm

This video shows a bright yellow molten substance dripping from the south tower minutes before its collapse:

http://video.google.com/videoplay?docid=-2991254740145858863&q=cameraplanet%2B9/11」
と答えていたのですね。

プリゾンプラネットの記事を読み、ビデオも見ました。
南タワーが崩壊する前に黄色くとろけたものが流れていて、これが爆薬で車を破壊する実験ビデオの黄色くとろけたものが流れている姿と似ているということですね。

でもこれは、「ジョーンズ教授は事件直後に処分されたWTCビルの鉄筋の残りを発見し、その鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」というのとは違う内容の話です。

msqさんに批判的なAnonymousさんの指摘でも、現時点でのジョーンズ博士の最新論文には、そんなこと書いてないようです。

つまり『SPA!』7月4日号に書いたあった内容は、ウソだったのですね。

匿名 さんのコメント...

最初に現れたAnonymousその1です。
2番目のAnonymousさんとは別人です。

前回

> まだ、6月のシカゴやロサンゼルスの会議
> での口頭発表だけで、論文はこれからのよう
> で[す]が。

と書いたのは、
http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/406.html
のスレで挙げられていたリンクなどの下記の
のような記述に基づいています。
PrisonPlanetの購読者なら、インタビューの
ビデオでもっと詳しい内容が聞けるのかも
知れません。

portland.indymedia.org/en/2006/06/341238.shtml
(17 June 2006)

> Based on chemical analysis of WTC
> structural steel residue, a Brigham
> Young University physics professor has
> identified the material as Thermate.
およびコメント欄

www.prisonplanet.com/articles/june2006/200606scientificanalysis.htm
(June 20 2006)

> Scientific analysis on WTC steel debris > undertaken by BYU Professor Steven Jones > proves that the twin towers were
> demolished by means of incendiary
> devices and the release of the
> conclusive evidence is imminent.

www.prisonplanet.com/articles/june2006/260606hugesuccess.htm
(June 26 2006)

> BYU physics professor Steven Jones'
> authoritative lecture on the use
> of incendiary devices in the demolition > of the trade towers and building 7 went
> further than before in its conclusive
> tone on the issue. Jones has now tested
> steel samples from two different sites
> that both clearly show the use of
> thermate as a tool of implosion and
> the analysis has been verified by two
> other universities.


また、きくちさんが何に基づいていたのか知り
ませんが、イシダさんの

> つまり『SPA!』7月4日号に書いたあった内容
> は、ウソだったのですね。

に関しては、SPA!の記事には論文になって
いるとは書いてないので、ウソとは言えない
のでしょう。
鋼材のことを「鉄筋」としているのはご愛嬌
として。
読者の便宜をはかって、英語でもソースの
サイトや真面目な検証サイトのリンクも
載せてもらった方がよかったということは
あります。

イシダ さんのコメント...

Anonymousその1さん。

>最初に現れたAnonymousその1です。
2番目のAnonymousさんとは別人です

これはまったく気づきませんでした。同一人物だと思い、ちょっと強めの言葉で反応してみました。

私は『SPA!』は毎号ざざっと読んでいます。7月4日号も現物を読んでいました。ただとっくに捨てているので、今、手元にはありませんが、これまでの「陰謀派」の主張をまとめただけで、新事実はなかったと記憶していました。でもmasqさんが指摘した「ジョーンズ教授は事件直後に処分されたWTCビルの鉄筋の残りを発見し、その鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」というくだりが、新事実だったのかと思った次第でした。

それに対してAnonymousその1さんがソースの予想をされたわけですが、『SPA!』7月4日号のあのページは6月17日あたりに入稿したはずなので、きくちさんは該当記事をチェックするヒマはなかったはずです。

匿名 さんのコメント...

というわけで、やはりきくちさん本人が回答しているように、プリゾンプラネットの記事やビデオなどで取り上げられていて、これまでもさんざん「陰謀派」が論拠としてとりあげているThermateがらみの話をもとに、
「ジョーンズ教授は倒壊したWTCビルの鉄骨が映っている既存の映像を見て、その鉄骨に解体用の火薬が付着していると見えなくもないシーンがあることを指摘した」
と書くべきところを
「ジョーンズ教授は事件直後に処分されたWTCビルの鉄筋の残りを発見し、その鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」
と、確信犯的にミスリードさせる内容の文を書いたのでしょう。

匿名 さんのコメント...

いちおうmsqさんへの批判もひとつだけ。

>ただし扶桑社が「作る会」の教科書の出版元であることは心しておかれたほうが良いでしょう。

扶桑社の雑誌でも、メジャー誌なので、大手マスコミ伝えない重要なことを取り上げてもらえるチャンスがあれば活用すべきで、そのさい、ネットやミニコミで概出なことでも、あらためて書く事自体は悪いことではありません。

問題は、その内容がお粗末すぎるところです。

『SPA!』のあのページは、これまでシバレイさんがイラクものや共謀罪ネタで、価値あるページをつくっていただけに残念です。ただし今回はシバレイさん自体も「陰謀派」で、執筆も分担しているようなので、救いようがありません。

千早 さんのコメント...

私が「揚げ足取りだ」と称したmsq氏はじめ9/11の真実を求める動きに批判的な方々は、根本的な事実の指摘を無視する傾向がありますよね。

Kotetuさんが阿修羅掲示板にアップしてくれた写真
http://asyura2.com/0601/war82/msg/345.html
を見れば、この鉄柱が「火事の炎で切れた」などと主張できる人はいないでしょう。

9・11の真実を否定する人々はこうした事実を否定できないので、しょーもない揚げ足取りと論理等々のねじ曲げに躍起になり、瑣末な揚げ足取りについて「これが本題です」などと書く。うまくすれば、全体をよく見ない人は「それが本題だ」と勘違いしてしまうかもしれない。それが狙いです。

そう、msq氏は私たちの時間とエネルギーを浪費させることに必死です。公安かCIA、またはFBIからお給料をもらっているのでしょうか? 

以前にもCHANCE! FORUM MLで書いた通り、そんなに「公式発表こそが事実だ」と言うなら、msq氏はJimmy Walterの100万ドルのコンテストに応募すればよいのです。

それが出来ないということは、彼自身のその「応募しない」という行動そのものが「公式発表が嘘である」ことを証明していますね。

応募して、100万ドルを手にしてから私たちを批判してください。
#出来るものなら、ね!

それから、そんなに私たち9/11の真実を求めるもの達の批判にこれほど熱心ならば、どうぞMUCKRAKERが紹介している

National 9/11 Debate
http://www.teamliberty.net/id245.html

の政府サイド代表として出席して「公式発表が正しい」ことを説明してくださいな。だって、誰もいないんだもの>政府サイド。
#出来るものなら、ね!!
アッハッハ!(^O^;)゛

イシダ さんのコメント...

きくちさんの6月4日の日記に
「実はウォルターさんの資金は底をつきつつあります。彼らの911事件真相究明を支援し、日本でも911事件の真相究明の国際会議を行う(10月に企画中)ために、カンパを募ります。いつも寄付のお願いばかりで心苦しいのですが、どうかよろしくお願いします。」
と書いてありますが、賞金の1億円は、本当に出るのでしょうか?

通州事件 さんのコメント...

>#出来るものなら、ね!!
>アッハッハ!(^O^;)゛

どうしてこういう事が書けるんだろ。

msq さんのコメント...

msqです

◎千早さん。

まずCDIへの電話の件を教えていただきありがとうございます。非常に参考になりました。

ところでジミー=ウォルターさんの Reopen911.org というサイトは見ましたか?
http://www.reopen911.jp/hardevidence.htm

9・11の確固たる証拠のリスト

‐世界貿易センターの借地人、ラリー・シルバースタインは録音テープで第7ビルの話で“…逃げろ”と言っている。このビルは飛行機に衝突されていないにも関わらず突然崩壊した。

だそうです。「・・・逃げろ」とは "pull it" のことでしょう。シルバースタイン氏が倒壊を予期できたという意味でこれでも疑いをかける根拠になります。しかし実際は、保険金は裁判(事件の件数を1件と数えるか2件と数えるか)の後支払われました。シルバースタイン氏に疑いをかける余地はありません。

写真ですが、鉄骨の構造物の普通の解体現場へ行って見るといくらでも似たものがありますよ。自分の目で確かめてください。撤去作業中に切断されたものでしょう。重機の吊り上げ能力には限界がありますからね。中央背後の鋼材に切断の痕跡がはっきり見えます。普通にありうる可能性をきちんと否定しなくては可能性の低い爆薬によるという仮説を採用することはできません。反論するならご自分でなさってください。真相究明を標榜するならそれぐらいはご自分でなさることです。

◎ Anonymous さん

Anonymousさん では読み手が不便です。投稿を繰り返すなら固定したニックネームで投稿しましょう。

「心して」と言う意味は、寄稿することを止めなさいという意味じゃありません。利用されるなと言うことです。また紹介しないほうが良いものは紹介すべきじゃないでしょう。

>論文になっているとは書いてないので、ウソとは言えないのでしょう。

論文にはサンプルを調べていないと書かれているのに、サンプルを得たと書いたのですから事実関係についてウソを書いているか、または裏づけを取らずに曖昧なことを書いています。

◎イシダさん

>『SPA!』7月4日号のあのページは6月17日あたりに入稿したはずなので、きくちさんは該当記事をチェックするヒマはなかったはずです。

ぎりぎり(B)あたりが間に合うような気もします。

(A)http://prisonplanet.com/articles/april2006/240406thermiteidentified.htm (Paul Joseph Watson & Alex Jones/Prison Planet.com | April 24 2006)
きくちさんが6月20日ころ見たと紹介したファイル

(B) http://portland.indymedia.org/en/2006/06/341238.shtml (17.Jun.2006 14:50)
But only recently was physical material analysed in the lab and the presense of thermate announced. The samples were provided Dr. Jones team from redundant sourses.
「資料片(サンプル)」という言葉があります。

(C)http://www.prisonplanet.com/articles/june2006/200606scientificanalysis.htm (Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | June 20 2006)
Jones says that, "using advanced techniques we're finding out what's in these samples - we're finding iron, sulphur, potassium and manganese - these are characteristic of a variation of thermite which is used to cut through steel very rapidly, it's called thermate."
「これらのサンプルから検出した」と教授が言っています。

(D)http://www.prisonplanet.com/articles/june2006/260606hugesuccess.htm (Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | June 26 2006)
Jones has now tested steel samples from two different sites that both clearly show the use of thermate as a tool of implosion and the analysis has been verified by two other universities.
「鋼材のサンプルを調べた」と書かれています

(E)『SPA!』(7/4)6月27日発売

しかし、(B)~(D)にはサンプルを調べたと書いてありますが、それがWTCの現場のものかは明確に示されていません。情報としては、『SPA!』と大差ないものです。どれをとっても裏づけにはなりません。

jojo さんのコメント...

>we're finding iron, sulphur, potassium and manganese

鋼材やセメントに含まれる元素ばかりですね。
一体どこが "characteristic of a variation of thermite"なのでしょうか。
使われたのが原爆で、ウランやプルトニウムが検出されたのなら話しはわかりますが…

ワイキキより軽蔑を込めて さんのコメント...

「おまえたちのやっていることは全部お見通しだ!」
といったコメントなんか、どうかな?(笑)

あのねイシダさん、「スパ!」よく読んだ?

> 賞金の1億円は、本当に出るのでしょうか?

総額700万ドル以上、すでに全資産の7割使ったそうだから、
賞金の1億円くらい、まだ出せるんじゃないの?

あのねmsqさん、Reopen911.「org」よく読んだ?

> 「・・・逃げろ」とは "pull it" のことでしょう。

この日本語テキストはただの機械翻訳でしょうが。
原文はとくべつ何の問題のない箇所なんだよ。
勝手に問題にして、それに反論するって…
「スパ!」の写真説明文にしろ、こういう重箱の隅をつつくような芸当、あんた好きだね(笑)
それだけ細かいことにこだわって執拗なお人が、
なぜ911公式見解の疑問や矛盾点に満足していらっしゃるのかねえ。
それはそうと、以下のサイトへの反論は、以下のサイト上で行ってくださいね。じゃあよろしく!

Re: 911『ト』論ストーカーのmsq氏は、切断されたことを認めた。
http://asyura2.com/0601/war82/msg/509.html

msq さんのコメント...

msqです

「ワイキキより軽蔑を込めて」 さん

>この日本語テキストはただの機械翻訳でしょうが。

機械翻訳だといえる根拠はありますか?

機械翻訳では、"pull it" は「逃げろ」と翻訳されないでしょうね。ソフトの辞書には多分「逃げろ」という訳語はありません(現行の印刷された辞書でもおそらく載っているものはないでしょう)。また公式の日本語版のページですから、機械翻訳であろうとReopen911.orgの見解と解釈して良いはずです。さらにこの部分だけが、フォントが異なっていますから、この訳文は特に検討されて公表されているといえます。下に機械翻訳の例を2つ示しますが、「逃げろ」という訳語は出てきません。

--Larry Silverstein, the World Trade Center’s leaseholder, is on tape saying “…Pull it,” in regard to WTC building 7. This building fell suddenly though it was not hit by a plane.
(http://reopen911.org/hardevidence.htm =原文)

(機械翻訳1=google)--ラリーSilversteinの7つを造るWTCテープにに関して「…引きをそれ」、言っている世界貿易センター借地人は、ある。 この建物は平面によって当られなかったけれども突然落ちた。

(機械翻訳2=IBM王様の翻訳)ラリー・シルヴァースタイン、世界貿易センター’s借地人、が“…が引くと言うテープにいるそれ、”WTC建物7に関して。それが飛行機で打撃を受けなかったにもかかわらず、この建物は突然に落ちた。

(参考:Reopen日本語ページの訳)--世界貿易センターの借地人、ラリー・シルバースタインは録音テープで第7ビルの話で“…逃げろ”と言っている。このビルは飛行機に衝突されていないにも関わらず突然崩壊した。

>原文はとくべつ何の問題のない箇所なんだよ。勝手に問題にして、それに反論するって…

もともと問題にして騒ぎ出したのは、ジェレミー=ベーカー氏~アレックス=ジョーンズ氏あたりですよ。それを受けついでいるのが きくちさん達でしょう。話が逆じゃないですか。もともと問題のないシルバースタイン氏の発言なのに、彼が解体を指示したかのように解釈するのはおかしいと、私は言っているのです。「・・・」以下は何が言いたいのか意味不明ですが一応念を押しておきます。

>以下のサイトへの反論は、以下のサイト上で行ってくださいね。じゃあよろしく!

阿修羅というサイトの批判をする必要はないと思います。多分「ページ」でしょうね。私の言ってることを、阿修羅の閲覧者にこういうことをやっているとお知らせしているだけですから、反論は必要ありません。これは、「ワイキキより軽蔑を込めて」 さんのこのページへのコメントに対する答えです。

ワイキキより軽蔑を込めて さんのコメント...

msqさん、日本語は大丈夫? ちょっと心配しています。
と、つい言いたくなってしまうのはこの私だけ?

> 機械翻訳だといえる根拠はありますか?

根拠も何も、この日本語版は、ネイティブの(?)日本人が読めば、おかしな表現は随所にあるのだけど。
しかしまあ読めない(理解できない)というわけではない。
こういう各国言語に翻訳する業者がちゃんとあるわけで、そこへ依頼して作ってもらったんじゃないの。
最終的に、そこの専属翻訳者が機械翻訳されたのをリライトしているにせよ、そのヘタクソな日本語をいちいちあげつらってみてもねえ(笑)
それと「Pull it」の件なんだけど、

> さらにこの部分だけが、フォントが異なっていますから、この訳文は特に検討されて公表されているといえます。

いやいや、そうとも限らないんじゃない?
単に機械操作的に、htmlタグの「強調」(strong)が外れてしまっただけなのかもよ(笑)
それにしても、msqさんこそ、目ざといというか…
そうそう、別のページにこうも書かれてあったのに、そちらの方は問題というわけでもなかったのかな?
http://www.reopen911.jp/pictures_and_videos.htm

「ラリー・シルバースタインは彼がニューヨーク消防署にそれを内側から破壊するように命令していたことを認めたが、それはそれを破壊するためのコントロールされた破壊が行なわれていたことを示唆する。」

この日本語もちょっと機械翻訳っぽいけど(笑)。

> 話が逆じゃないですか。もともと問題のないシルバースタイン氏の発言なのに、彼が解体を指示したかのように解釈するのはおかしいと、私は言っているのです。

話が逆じゃないですか。もともと(原文は)問題のない表現なのに、日本語の訳だけをことさら問題にするのはおかしいと、私は言っているのです。
もしその訳が原文と照らしておかしいと思われたなら、Reopen.orgへ報告してあげればいいだけのことでしょ。
各国言語をいちいちチェックできるわけじゃないんだから、それが親切心というもんでしょ。
ついでに、タグが外れていることも報告してもらえると助かるな。

> 反論は必要ありません。

そのサイト、msqさんのこと書きたい放題だから、
陰謀論を徹底粉砕するには絶好の機会なんじゃない?

msq さんのコメント...

msqです

「 ワイキキより軽蔑を込めて」さん

>最終的に、そこの専属翻訳者が機械翻訳されたのをリライトしているにせよ、そのヘタクソな日本語をいちいちあげつらってみてもねえ(笑)

とはいっても、Reopen911.org の見解です。1月から私はこの点をHPで指摘していますよ。また訳がへたくそな点を指摘しているのではありませんよ。単語(成句)の訳が異なっていると言う非常に基本的な事柄です。

http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/reopenjp.html

>いやいや、そうとも限らないんじゃない? 単に機械操作的に、htmlタグの「強調」(strong)が外れてしまっただけなのかもよ

ソースを確かめて見ましたか? ご指摘の通り、この項目の頭の strong の開始タグが外れています。ただし、上2項目は「b」を使い、以下は「strong」です。この項目を境目としてね。なぜでしょうかね? とにかく「ワイキキより軽蔑を込めて」さんも指摘するとおり、「最終的に、そこの専属翻訳者が機械翻訳されたのをリライトしている」のでしょうからこれがReopen911.org の見解としては間違いないわけです。

>そうそう、別のページにこうも書かれてあったのに、そちらの方は問題というわけでもなかったのかな?

このファイルについてもすでに触れていますよ。HPをよく読んでください。アドレスは、上記。

>話が逆じゃないですか。もともと(原文は)問題のない表現なのに、日本語の訳だけをことさら問題にするのはおかしいと、私は言っているのです。もしその訳が原文と照らしておかしいと思われたなら、Reopen.orgへ報告してあげればいいだけのことでしょ。

私は、Reopen911.org の訳は正しいと言っているのですよ。分かりますか? 正しいものを間違っているとお知らせする必要はありません。そういう正しい訳に対して、千早さんや きくちさんの訳語はおかしいと言っているのです。話の全体の流れを理解されていますか?

「逃げろ」ではおかしいと思われる方々こそが報告されるべきなのではありませんか?

>そのサイト、msqさんのこと書きたい放題だから、陰謀論を徹底粉砕するには絶好の機会なんじゃない?

「そのサイト」というのは私のサイトのことでしょうか? それなら、あなたに言われるまでもなく私の意のままに書いていますよ。「このサイト」のタイプミスなら、「 ワイキキより軽蔑を込めて」さんでは、きちんとした反論ができないと言う意味と理解しました。暑い中ご苦労様でした。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

イシダさん(7/14/2006 9:21 午前 ):

> それに対してAnonymousその1さんがソースの
> 予想をされたわけですが、『SPA!』7月4日号
> のあのページは6月17日あたりに入稿したはず
> なので、きくちさんは該当記事をチェックする
> ヒマはなかったはずです。

先の引用は、SPA!の執筆者が用いたソースを推測したのではなく、「ジョーンズ教授は...確認した」という記述に相当すると考えられる他の報道を示したものです。
執筆者が誰か知りませんが、6月のシカゴの会議にベンジャミン・フルフォード氏が取材に行くと、どこか(ジミー・ウォルター氏来日時の記事?)で見たことがあり、またSPA!の記事でもジョーンズ教授の談話が直接引用されているので、取材された情報をもとにしているとも考えられます。
(こんなことを部外者が詮索してもしょうがありませんが。)

次のAnonymous(イシダ?)さん:

> 確信犯的にミスリードさせる内容の文を書いたのでしょう。

なぜこのような結論になるのか、マッタク、サパーリわかりません。

その次のAnonymous(イシダ?)さん:

> 問題は、その内容がお粗末すぎるところです。

9.11の事件に関する、「お粗末すぎ」ない説というのを是非とも知りたいです。

msqさん(7/14/2006 10:34 午後 ):

> 論文にはサンプルを調べていないと書かれているのに、
> サンプルを得たと書いたのですから事実関係について
> ウソを書いているか、または裏づけを取らずに曖昧なこと
> を書いています。

??
当たり前ですが、論文の内容というのは執筆時点での状況を示しているだけで、ブログの日記のように時々刻々変わる現状を反映するわけではありません。
また雑誌の記事としては、関係者の取材内容や他の媒体による報道でも「裏づけ」と言えるのでは?
記事の内容が事実として確定するかどうかは、また別の話。

> しかし、(B)~(D)にはサンプルを調べたと書いてありますが、
> それがWTCの現場のものかは明確に示されていません。

???
他にどのような解釈が可能なのでしょうか?
偽のサンプルを紛れ込ませたとか?

msq さんのコメント...

msqです

「アノニマスその1」さん

>当たり前ですが、論文の内容というのは執筆時点での状況を示しているだけで、ブログの日記のように時々刻々変わる現状を反映するわけではありません。

Web上のジョーンズ「論文」は「新着情報+論文」という形式になっています(上部1画面ほどを見てください)。

>また雑誌の記事としては、関係者の取材内容や他の媒体による報道でも「裏づけ」と言えるのでは?

「裏づけ」が取れていないから、答えに窮しているとは思いませんか?

>他にどのような解釈が可能なのでしょうか?

サンプルが実際どのようなものなのかということについては、
(1)現場からのサンプルは入手できていない。教授も入手したとは言っていない。
(2)自演説系のメディアあるいは きくちさんが、再現実験などに用いられた(現場以外から入手した)サンプルを現場からのサンプルと勘違いしている (あるいは、承知の上で読者を錯覚させようとしている。)と判断できるのではありませんか。
(3)つまり きくちさんの写真説明の文章はよく言えば「勇み足」、悪く言えば「軽はずみ」ということではないでしょうか。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

msqさん(7/15/2006 10:07 午後):

> >当たり前ですが、論文の内容というのは執筆時点での状況を示しているだけで、ブログの日記のように時々刻々変わる現状を反映するわけではありません。
>
> Web上のジョーンズ「論文」は「新着情報+論文」という形式になっています(上部1画面ほどを見てください)。

ですから、一般に論文本体に、該当部分の執筆時点以降の状況(ときには他の部分の更新時点の状況でも)、特に進行中の内容については盛り込まれていなくても、不思議ではないということです。
特にThermateの検出に関しては、私が先に引用した
www.prisonplanet.com/articles/june2006/260606hugesuccess.htm
(June 26 2006)
の部分から、他の2大学との共同研究として、独立した(共著の)論文になるのでは予想されます。
学術的内容に絞って金属材料関係の専門誌に投稿されるかも知れません。
ジョーンズ教授の6月の会議でのプレゼン資料が見られればはっきりすると思いますが。
(ベンジャミン・フルフォード氏がシカゴの会議を取材したと、SPA!の記事に書いてありました。)

> >他にどのような解釈が可能なのでしょうか?
>
> サンプルが実際どのようなものなのかということについては、
> (1)現場からのサンプルは入手できていない。教授も入手したとは言っていない。
...

先に私やmsqさんが引用したPrisonPlanetなどの記事から、ジョーンズ教授らが、WTC残骸のサンプルを入手し分析して結果を得たと発表したことは明らかだし、上に述べたように、このことが現在公開されているWTC崩壊原因の論文で触れられていなくても、不思議だとも、ジョーンズ教授がウソつきだとも(普通は)考えないでしょう。

従って、顔写真の説明文は「勇み足」でも「軽はずみ」でもないと考えるので、きくちさんやSPA!の執筆者がどのような情報に基づいて記事を書いたのかについては、正直あまり興味はありません。
ただ、きくちさんたち(でなくてもいいですが)は、控えめに言っても出来の悪い「911ボーイングを捜せ」あるいは「911 In Plane Site」にはさっさと見切りを付けて、先の方のコメントでも挙げられていた「Loose Change 2」の日本語字幕を付けていただいた方が、はるかに世のため人のためになると思います。

イシダ さんのコメント...

きくちさん自身が答えた「At 7/05/2006 11:30 午前, きくちゆみ said...」を読めば、何の裏付けもなく、「解体用の火薬が付着しているのを確認した」とウソを書いたのは明白です。独自取材したのなら、独自取材したと書くでしょう。

「At 7/14/2006 1:50 午前, Anonymous said...
最初に現れたAnonymousその1です。」の人と、
「At 7/15/2006 3:25 午後, Anonymous said...
アノニマスその1です。」は、別人ですね。後者は話にならないので無視します。きくちさんもヘンなヤツらにほめ殺しされている点だけは同情します。

msqさんの話に説得力があることはROMしている人に十分伝わっているでしょう。

「陰謀派」の説得力のなさと品の無さには驚きました。
特に、
「At 7/14/2006 5:04 午後, 千早 said...
私が「揚げ足取りだ」と称したmsq氏はじめ9/11の真実を求める動きに批判的な方々は、根本的な事実の指摘を無視する傾向がありますよね。

Kotetuさんが阿修羅掲示板にアップしてくれた写真
http://asyura2.com/0601/war82/msg/345.html
を見れば、この鉄柱が「火事の炎で切れた」などと主張できる人はいないでしょう。」
のばかばしさと、
「アッハッハ!(^O^;)゛」
の品の無さには、驚きました。

まじめな「陰謀派」であるきくちさんと、きくちさんが論拠として取り上げる人や論文や報道以外は、批判する価値すらないでしょう。これはmsqさんへ。

ワイキキより軽蔑を込めて さんのコメント...

エージェントの仕事として、妨害工作を行う場合にもっとも基本的かつ肝要なことは、「相手の弱点を徹底的に攻め立てる」ということである。この点で、maqとイシダのやっていることは実にそれを忠実にやってのけているのである。
SPA!であれば写真の説明文だけを、Reopen911.orgであれば、Pull itの「・・・逃げろ」だけをひたすら責め続けるわけだ。
しかも編集責任のあるSPA!やReopen911.orgはわざと避けて、きくちゆみ氏だけをターゲットに据えて攻め立てるというのが妨害工作の基本だ。たとえそれがほんの誤謬であったにせよ、それを突破口にして最終的には相手の落ち度に転化させ、相手の信用を失わせることが目的なのだ。こんなことは妨害工作のイロハにすぎない。

しかし、msqは、すでにミスを犯していた。
一番最初に戻るが、そもそもこのジョーンズ教授の写真の説明文、誰が書いたものなのかはまだ判明していないのだ。
msqはこう聞くべきであったろう、
「きくちさん、この説明文はあなたが書いたものですか?」と。(もちろん、きくちさんはノーコメントで通してこれに断じて返答すべきではない)
出版界の常識として、こうした写真の説明文はたいがい編集部が付けるものだ。しかし百歩譲ったとして、きくちさんが書いたにせよ、「取材・文/SPA!9.11調査委員会」とあれば、最終的に記事の文責は編集部にあるとするのが、出版界の常識なのだ。きくちさんはただこの記事の取材に「協力」したにすぎない。だから、責任をとる必要などないのは明白である。
実はこのことをきちんと指摘した人がいた。

At 7/13/2006 5:24 午前, Anonymous said...
> 署名付き記事ならともかく、この手の質問は、「SPA!」に聞くのがスジというもんだよ。ここは「コメント」の投稿だからね。

これに対して、すかさずイシダが割り込んできた。

> きくちさんが『SPA!』7月4日号に書かれたことについての議論に限っては、やはりここで行うのが判りやすいです。

せっかくここで途切れてしまったら、元も子もないことを把握しての発言だ。しかし、よく考えてもみよ。SPA!に取材「協力」しているだけの(文責は編集部にあるのは明白、きくち氏の名前は記事には一切出てこない)そのきくち氏が、まだ当人が書いたかどうかもわからない写真の説明文の件で、なぜ攻め立てられなければならないのか?

もう一度書くが、きくちさんはこうした妨害工作に一切応じてはいけない。無視するのが実は一番「効果的」なのだ。

最後に、msqの典型的なミスリードを紹介しておく。
以下は私のコメント(>>)に対するmsqの返答(>)である。

(引用開始)

>> そのサイト、msqさんのこと書きたい放題だから、陰謀論を徹底粉砕するには絶好の機会なんじゃない?

> 「そのサイト」というのは私のサイトのことでしょうか? それなら、あなたに言われるまでもなく私の意のままに書いていますよ。「このサイト」のタイプミスなら、「 ワイキキより軽蔑を込めて」さんでは、きちんとした反論ができないと言う意味と理解しました。暑い中ご苦労様でした。

(引用終了)

「阿修羅というサイトの批判をする必要はない」と言っているのはmsq自身である。だから「そのサイト」と応じているのにもかかわらず、どうも文脈が読めないらしいmsqは、勝手に誤読をして勝手に理解をして勝手に決めつけているだけである。これが典型的な、誤読を「わざとして」相手を諌めるやり方である。
さて、こういう時にあなたならどうするだろうか?
普通ならまずこう聞くのが当たり前だ。

「そのサイト」とは、どのサイトのことですか?

それから私の返答があってしかるべきだが、msqはこの私の反論を封じるために、「反論ができない」と決めつけ、自分から幕引きをしたのだ。

付記:反論は結構だが、こちらからは今後一切応答しないので悪しからず。

イシダ さんのコメント...

言うまでもないことですが、911を口実にしたアメリカによるアフガニスタン、イラク攻撃には大反対です。だからこそ、平和勢力がより力を持つために、ばかばかしい陰謀論に傾くべきではないのです。

きくちさんがこれまで名前を連ねてきた声明には、賛同できることが少なくありません。かつ、そのような声明にきくちさんと共に名前を連ねてきた団体や個人のほとんどが、911陰謀論を無視していることに救いを感じます。またアメリカを見ても、マイケル・ムーア、ノーム・チョムスキーら、911を口実にしたアメリカによるアフガニスタン、イラク攻撃に厳しく反対してきた主な文化人たちも911陰謀論に荷担などしていません。

きくちさんはまた、阿倍晋三と金正日が裏で繋がっているという陰謀論にも荷担しようとしています。阿倍、麻生、額賀らによる北朝鮮のミサイル基地への攻撃論などには厳しく反対していくべきですが、ここでも陰謀論は平和勢力の足を引っ張ることになりかねません。

きくちさんがこんど司会をなさるという映画祭では『リトルバーズ』とか『ジャマイカ 楽園の真実』など素晴らしい映画が上映されます。そのような立派な仕事をする一方で、陰謀論に荷担しているというのは残念なことです。

msq さんのコメント...

msqです

◎まず イシダさんの言われた(At 7/16/2006 9:46 午前)通りと思います。戦争反対に陰謀説支持は不要です。イシダさんの上のご意見があれば本来以下はもはや不用ともいえますが、簡単に「アノニマス1」さんと「ワイキキより軽蔑を込めて」さんのコメントについて指摘します。

◎アノニマスその1 さん

まず、サンプルが現場から見つかったものであるかないかということが、ジョーンズ教授にとってどれほど重要であるかということを認識されていないように思います。彼の仮説は、すべて他の報告書や、出版物、Webページ、写真やビデオによる根拠を元にしています。よって、現場のサンプルや生のデータが入手できれば仮説が証明できるとしています。したがって、現物資料を入手し検査したなら、かなりのニュースのはずです。その点を確認願います。

>ですから、一般に論文本体に、該当部分の執筆時点以降の状況(ときには他の部分の更新時点の状況でも)、特に進行中の内容については盛り込まれていなくても、不思議ではないということです。

私は、「ジョーンズ教授の論文」は、「新着情報+論文」という形になっていると書いています。もし非難される点があるとすれば、「ジョーンズ論文が掲載されたページ」と書かなかったことでしょうが、「論文」と「新着情報」の区別は視覚的に明確ではありませんから「新着情報」は目にとまるはずです。一応、半年以上、BYUのジョーンズ論文のページはしばしば見ていました。彼自身が直接管理している論文のページに、そのような重要な情報が載らないことはおかしいと思うほうが普通でしょう。「論文一般」についてはあなたの言う通りかも知れませんが、彼のWebページの論文についてはこのような事情があります。

また、おそらくサンプルの入手は6月中旬以前で、1カ月以上前のことです。論文本文に手が入っても不思議はありません。

もちろんジョーンズ論文についてはご存知と思いますが念のためにアドレスを示します。
http://www.physics.byu.edu/research/energy/htm7.html
教授のページのインデックスファイル
http://www.physics.byu.edu/research/energy/
D氏による日本語版(ジョーンズ教授公認)
http://www17.plala.or.jp/d_spectator/


>他の2大学との共同研究として、独立した(共著の)論文になるのでは予想されます。学術的内容に絞って金属材料関係の専門誌に投稿されるかも知れません。

まず

Jones has now tested steel samples from two different sites that both clearly show the use of thermate as a tool of implosion and the analysis has been verified by two other universities.
(http://www.prisonplanet.com/articles/june2006/260606hugesuccess.htm)

には"steel samples from two different sites" という言葉があります。"site" が "WTC site" であることを示す根拠がありますか。問題はそういうことです。また、2大学とはどの大学でしょうか? また文中には独立した共著の論文になる予定という記述はありません。検査をしただけに過ぎないのではありませんか。普通はそのほうが部外者にはフェアに見えるはずです。この記事以外に、具体的な2大学の名前や論文共著の予定について書かれたものがあってそれを参考にされたのですか? それとも一般的こうだろうという「予想」ですか?

>先に私やmsqさんが引用したPrisonPlanetなどの記事から、ジョーンズ教授らが、WTC残骸のサンプルを入手し分析して結果を得たと発表したことは明らかだし、

私は、「いつ」「どのような経路」でということが示されていないから「不明確だ」と言いました。あなたが、「明白だ」という根拠は何ですか。私が不明確な原因としてあげた部分についてはどう思われますか?

また、上のページとその参照ファイル
http://www.prisonplanet.com/articles/june2006/200606scientificanalysis.htm
(Scientific analysis on WTC steel debris undertaken by BYU Professor)

など見ても、「WTCの現場の鋼材のサンプル」という言葉は見当たりませんよ。

その点がはっきりさせずに、「ジョーンズ教授らが、WTCの残骸のサンプルを入手し分析して結果を得たと発表したことは明らか」では、『SPA!』の写真説明とおなじことの繰り返しではありませんか。写真説明の記述を問題にしているのです。結果を結果で説明しても意味はありません。


>従って、顔写真の説明文は「勇み足」でも「軽はずみ」でもないと考えるので、きくちさんやSPA!の執筆者がどのような情報に基づいて記事を書いたのかについては、正直あまり興味はありません。

つまり、それは根拠がなくても信じますと言っていることになります。


◎「ワイキキより軽蔑を込めて」さん

反論をするのは良いといわれるのですから反論しますが、ご自分で言われたのですから、応答はしないよう願います。あなたが応答しなくとも、あなたの論理のデタラメさを指摘することは閲覧者(ROM)さんにとっては意味があるかもしれません。

>しかも編集責任のあるSPA!やReopen911.orgはわざと避けて、

『SPA!』には直接質問しましたし、この問題以外についてはHPで扱っています。
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/spa.html
Reopen911.orgは "pull it" の訳語については正しいのですから批判する必要はないし、全般についてはHPですでに指摘しています。
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/reopenjp.html

このコメント欄でいちどきにすべてを均等に批判することは出来ませんし、すべきではありません。私のページではありませんからね。

>しかし、msqは、すでにミスを犯していた。一番最初に戻るが、そもそもこのジョーンズ教授の写真の説明文、誰が書いたものなのかはまだ判明していないのだ。

ブログのこのエントリーの冒頭に、 きくちさんご自身が「『スパ!』に911事件の真相についてこれまでに明らかになっていることで、まだ日本ではあまり知られていない事実(他国ではかなり知られている)を書きました」と書かれています。また ご自身のコメント( 7/05/2006 11:30 午前)で 「ちなみに私が書いた(ものを編集部がまとめた)のは20ー21ページ(ただし2番をのぞく)、22ページのジミーさんのインタビューです。」と書かれています。ミスを犯したのは、「ワイキキより軽蔑を込めて」さんですね。

次の、「 ワイキキより軽蔑を込めて」さんの私の勘違いについての指摘は当たっているのにこんなポカをしてはだめですね。

>>そのサイト、msqさんのこと書きたい放題だから、陰謀論を徹底粉砕するには絶好の機会なんじゃない?

なるほど、ようやく意味がわかりました。一人では対等に論議できないから、「阿修羅へ来い」という意味だったのですか? なら先の私の答えの「「 ワイキキより軽蔑を込めて」さんでは、きちんとした反論ができないと」ということだけは当たっていたわけですね。阿修羅の私についての書き込みは誰が見てもデタラメなことは直ぐわかるでしょうから、批判する手間をかける必要はありません。私のサイトの宣伝を一方的にしていただいているようなものです。デタラメなものを読んだ後で、ややまともな私のサイトでいくらかでもまともな知識が得られたなら十分ですから、敢えて出張って論議する必要はありません。時間の無駄です。kotetuさんあたりが、ちゃんと私のページの更新を監視していて「更新情報」を阿修羅に掲載していただけるのですから便利なものです。

>これが典型的な、誤読を「わざとして」相手を諌めるやり方である。

確かに勘違いをしていたようです。ただし、「 ワイキキより軽蔑を込めて」さんの書き方も理解しやすいストレートなものではなかったですね。ここで訂正をしましたから、問題はないでしょう。

>それから私の返答があってしかるべきだが、msqはこの私の反論を封じるために、「反論ができない」と決めつけ、自分から幕引きをしたのだ。

なぜ、いま私が書いているコメントの前(7/16/2006 7:20 午前)のコメントで、反論しなかったのでしょうか。また、私の間違いを確認しようともせず、勝手に反論を封じたとわめき散したのでしょうか。私ではアクセス制限やファイルの削除は出来ませんから、相手の意見を封じるなどということは原理的できるものではありません。幕引きをしたのは、「 ワイキキより軽蔑を込めて」さんご自身です。「 ワイキキより軽蔑を込めて」さん自身に反論できる根拠や論点がないことだけが反論できなかった原因でしょう。まるで聞き分けの悪い子供の言い分のようですよ。

―EOF

匿名 さんのコメント...

アノニマス1です。

イシダさん(7/16/2006 2:08 午前):

> 「At 7/14/2006 1:50 午前, Anonymous said...
> 最初に現れたAnonymousその1です。」の人と、
> 「At 7/15/2006 3:25 午後, Anonymous said...
> アノニマスその1です。」は、別人ですね。

意外かも知れませんが同一の人間です。
証明することはできませんが。

> Kotetuさんが阿修羅掲示板にアップしてくれた写真
> http://asyura2.com/0601/war82/msg/345.html
> を見れば、この鉄柱が「火事の炎で切れた」などと主張できる人はいないでしょう。」
> のばかばしさ

「火事の炎で切れた」というのは確かにばかばかしいでしょうが、これがWTCの自然な崩壊でこのように切断されたとするのも非常に考えにくく、msqさんも人為的に(撤去作業のために)切断されたと解釈しています。
(これも、一緒に写っている2人のジャケットが消防隊員のものに見え、まだ現場の点検と捜索の段階と考えると、撤去作業中とするのは無理があるようです。)
仮に自然な崩壊でこのように切断されたとすると、次の投稿に載っている写真はどう解釈されるのでしょうか。

http://asyura2.com/0601/war82/msg/509.html
(写真:http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/866.html)


msqさん(7/16/2006 10:52 午前):

どうも、何が不自然で何が自然かの感覚や、そもそも英語・日本語両方の理解のしかた自体が違っているようなので、おそらく意見の一致をみることは無理のようです。

> サンプルが現場から見つかったものであるかないかということが、ジョーンズ教授にとってどれほど重要であるか
...

重要であることは当然ですが、WTC鋼材の分析はジョーンズ教授(と共同研究者)にとっては、おそらくWTC崩壊がらみでは、初めてのオリジナルな学術的業績となりうる仕事なので、独立した論文になるだろうと予想しました。
その場合、WTC解体説の論文では必要な結果だけを引用するという形式にするのが自然で、まだ論文が完成していない段階では、WTC解体説論文の方を変更しなくても、不思議ではないということです。
Web上の「新着情報」でも予告されているようにロサンゼルスの会議でのPPT資料がアップされれば、それを引用するように論文が書き換えられることもあり得るでしょう。

> また文中には独立した共著の論文になる予定という記述はありません。検査をしただけに過ぎないのではありませんか。

「検査」はWTC鋼材の分析の中核をなす仕事です。
大学なり研究機関で限られた研究費(国費)を投じて購入したか開発した装置を用いたり研究者を動員したりして、独立に分離できる業績が得られたら当然論文にしなければならないし、貢献の度合いによって共著になります。

> また、上のページとその参照ファイル
> http://www.prisonplanet.com/articles/june2006/200606scientificanalysis.htm
> (Scientific analysis on WTC steel debris undertaken by BYU Professor)
>
> など見ても、「WTCの現場の鋼材のサンプル」という言葉は見当たりませんよ。
...

> (http://www.prisonplanet.com/articles/june2006/260606hugesuccess.htm)
> には"steel samples from two different sites" という言葉があります。"site" が "WTC site" であることを示す根拠がありますか。

ええーっ??
"WTC steel debris"、"steel samples from two different sites"や、"WTC structural steel residue" 、あるいは(portland.indymedia.org/en/2006/06/341238.shtml)
などが、「WTCの現場の鋼材のサンプル」を指している根拠がないといわれるのであれば、英文(日本文も?)読解法に根本的違いがあるとしか考えられず、もはや意思の疎通は不可能と見なすよりほかはありません。

匿名 さんのコメント...

アノニマス1です。
訂正です。

> ええーっ??
> "WTC steel debris"、"steel samples from two different sites"や、"WTC structural steel residue" 、あるいは(portland.indymedia.org/en/2006/06/341238.shtml)

から「、あるいは」を省きます。

匿名 さんのコメント...

アノニマス1です。
また訂正しておきます。

> 大学なり研究機関で限られた研究費(国費)を投じて購入したか開発した装置を用いたり研究者を動員したりして、独立に分離できる業績が得られたら当然論文にしなければならないし、
(7/16/2006 2:36 午後)

の部分で「業績」を「成果」に変更します。

msq さんのコメント...

msqです。

◎アノニマス1さん


>「WTCの現場の鋼材のサンプル」を指している根拠がないといわれるのであれば、英文(日本文も?)読解法に根本的違いがあるとしか考えられず、もはや意思の疎通は不可能と見なすよりほかはありません。

「どこから」は、鋼材を検査したNISTなどからとか偶然にどこかの倉庫の隅に残っていたという意味ですよ。WTCから見つかったとはっきり書かれていたとしてもそのような付随情報が必要です。まして必ずしも明確ではありません。 portland imc の冒頭の記述
(http://portland.indymedia.org/en/2006/06/341238.shtml)

Based on chemical analysis of WTC structural steel residue, a Brigham Young University physics professor has identified the material as Thermate.

では、前半の、分析を行ったのがジョーンズ教授とは言い切れないでしょう。他の専門の化学者のすでにあった検査結果を利用しただけでもこう書けないことはない。 また、

Prof. Steven Jones, who conducted his ... , has analyised materials from WTC and has detected the existence of thermate

の materlials はWTCの資料でしょう。from がつかってありますが、あとに "But only recently ..." がありますから、これは、古い話で報告書や写真やビデオなどの「資料」です。これは、彼の論文の記述と符合します。

...... But only recently was physical material analysed in the lab and the presense of thermate announced. The samples were provided Dr. Jones team from redundant sourses.

この文では、"physical material" が " analysed " されたのは "in the lab " です。この物質こそが、"from WTC site " でなくてはならないのではありませんか。その説明はありません。アノニマス1さんが、WTCから研究室に持ち込んだと勝手に思い込んでいるだけではありませんか。昨年末からジョーンズ論文を読んでいるなら、この経緯は何を書いているかはわかるはずです。まだ、WTCの鋼材と同等の材質を実験室で実験したという段階です。

アノニマス1さんが、私を納得させる一番簡単な方法は「どこから」「どのような経緯で」「いつ」を示せばよいのです。これら2つのファイルにそれが書いてあれば、説明できるはずです。あるいはそれらが周知の事実であれば。ところがそれは出来ないでしょう。問題はそういうことだと前にも説明したはずです。また、これらのサイトに書かれていることが9.11についてはまともには信頼できないという経験があるからです。

同じ記事の、以下の記述は、似たような記事が以前書かれたことがありました。しかしジョーンズ教授自身が否定しました。そのことを書いているのなら、虚偽です。またこの手の「オマケ」は陰謀説系の文書ではよく書かれていますよ。つづく、テルミットの実験に関する脅迫は、あっても不思議はないでしょうが。

Both BYU and Prof. Jones have been offered additional grants if he would "change the direction" of his research. ...

英語力や国語力のないのは仕方のないことですからそれを言われても困りますね。

これだけの少ない情報で、教授が直接にWTCの崩壊現場にあった現物を検査したとは、私は到底信ずることは出来ません。また雑誌に記事を書くならここまで調べて確認していただきたいと思いますね。

もう一つ、一番手っ取り早いのは、英語に堪能な方が、ジョーンズ教授に問い合わせてみることです。残念ながら、私はそれほどの英語力はありません。しかし、きくちさんや 千早さんや、そのほかの方々はそれが出来るはずです。なぜそれをしないのでしょうか? msqなど それでノックアウトじゃありませんか? でも、「なぜ、そんなこと聞くの」と教授にいわれたら説明しにくいでしょうね。どなたか英語の堪能な方、質問のメールをジョーンズ教授に出されたらいかがでしょうか。

◎あくまで参考です

天文台の観測機器は、開発や設置した研究機関以外の研究者も、利用料を払えば、設備のある研究機関の研究とは無関係に利用できるようになっているところもあるようですね。検査機器等の空き時間を他機関の研究者にときには技術スタッフごと貸すことはあるのではありませんか。その場合必ずしも論文にはこだわらないと思いますよ。お金を取るのですから。昔のコンピュータのタイムシアリングなど似ていますよね。日本国内では、アノニマス1さんの言うとおりかもしれませんが、アメリカの話ですからね。


◎皆さんへ、ご参考まで

千早さん紹介の写真のもとのファイルは次です。

http://www.rense.com/general70/pphe.htm

この写真で重要な点は、
(1)撮影者、撮影時期、撮影場所、引用元が示されていない(正当な仮説の根拠なら示されるのが当然)。
(2)遠近感が不自然で、説明上都合の悪いものがトリミングされている可能性がある。
(3)紹介者の Bollyn記者は、しばしばあやふやな記事を書いた前歴がある。

よってこの写真だけではきちんとした判断は出来ません。この画面範囲では、切り口の左右にガス溶断によると思われるドラグラインが見えることと、それに伴うスラグが見えることくらいです。遠近感が「不自然」です。で実際に探してみると次が見つかりました。おそらくオリジナルは同じものです。

http://www.america911.com/wtc-182.jpg

ファイルサイズがより大きなオリジナルは別のところにあると思います。消防士云々の考察だけでは解釈は出来ません。写真の引用元や元のサイズなどデータの確認は、できごとについて「どのように」「どこから」「いつ」といったことを確認するのと同じことです。そこまで(といっても簡単なことですが)、しなくては、簡単に騙されますよ。逆に言えば、そういう情報が示されていない記述や写真は信用できないということです。

― EOF

胡麻 さんのコメント...

 初めまして。コメントに対するコメントで失礼します。

 msqさんの発言で「戦争反対に陰謀説は不要です」という言葉がありました。そうですか、msqさんも戦争反対の立場だったんですね。私はてっきり、msqさんの目的は、911事件に関する米国政府公式発表の是認と、事件の再調査を求める動きへの幕引き、そしてきくちゆみ氏のイメージダウンだと思っていました。誤解だったとしたら失礼しました。

私自身は「陰謀」説に対しては慎重です。しかし、政府側の公式見解を鵜呑みにするほど純情ではありません。911事件のような歴史的大事件の背後には、政府が隠しておきたい秘密があるに違いないし、それが明らかになることが、「戦争反対」の力につながると考えます。その意味で、多少の見解の相違はあれ、私はきくちゆみ氏らの行動を支持します。

それにしても、ネット上ではなく、公開の場で、「陰謀」派と「政府公式発表」派の討論が見たいですね。ネットでは、どうもお互いに一方通行の感がありますから。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。
(最初の「Anonymous」、「Anonymousその1」、「アノニマス1」と同一人物です)

もともとはSPA!という一般向け雑誌の記述の根拠やソースの問題だったのに、msqさんはオリジナル論文なみの信頼性を要求されているようです。
(そのような基準では、ほとんどの報道や政府発表などは失格でしょう。)
私は以前から、次のように、内容自体(ジョーンズ教授の発表内容も含む)の確実性とは別の話だと断って、英文解釈の問題に限定したつもりだったのですが。
(英文解釈の方法も私とはかなり違うようです。)

アノニマスその1(7/15/2006 3:25 午後):
> また雑誌の記事としては、関係者の取材内容や他の媒体による報道でも「裏づけ」と言えるのでは?
> 記事の内容が事実として確定するかどうかは、また別の話。

WTC残骸のサンプルの詳しい出所などの情報は、ジョーンズ教授のプレゼンなり論文なりで示されていれば十分で、速報的なメディアの説明にまで入れる必要があるとは言えません。

msqさん(7/16/2006 10:41 午後):

> 千早さん紹介の写真のもとのファイルは次です。
...

> そういう情報が示されていない記述や写真は信用できないということです。

「そういう情報」が示されていても、意図すれば容易に捏造できるので、「信用でき」るとは言えませんよ。
また、「信用できない」ということは、虚偽であることを意味するわけではありません。

それはともかく、たった1枚の写真についの講釈より、次の記事の写真についての解釈をご披露いただきたい。

http://asyura2.com/0601/war82/msg/509.html
(写真:http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/866.html)

ついでに、

> 天文台の観測機器は、開発や設置した研究機関以外の研究者も、利用料を払えば、設備のある研究機関の研究とは無関係に利用できるようになっているところもあるようですね。

日本の国立天文台などの共同利用研究施設を利用するためには、研究計画書を提出して、研究機関内外の専門家からならなる委員会の審査を通る必要があり、金さえ出せば使えるというものではありません。

イシダ さんのコメント...

胡麻さんへ。
おっしゃっていることは分かります。
私はmsqさんと何の面識もありませんが、msqさんの活動の真意はなかなか伝わらないものですね。msqさんのサイトはここです。
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/index.html
ここを見れば分かるように、msqさんは南京虐殺幻派の東中野修道氏への批判にも力を入れている方です。平和主義者であることは間違いないでしょう。そしてなにより、反論が具体的で、かつ説得力があります。

胡麻さんに分かっていただきたいことは、「政府側の公式見解を鵜呑み」と「陰謀論」は全く違うということです。たとえばイスラエルはここ数日のガザやレバノンへの武力攻撃が酷く、北朝鮮以上に批判すべきですが、イスラエルを批判するためにホロコーストが幻だったと主張するような反ユダヤ主義に基づく陰謀論を言うようではかえって逆効果なのと一緒です。ここでたびたび阿修羅という掲示板の常連者と思われる人による、きくちさん擁護の書き込みがありますが、阿修羅はホロコースト幻派は巣くう陰謀論者の溜まり場です。

平和主義に陰謀論は百害あって一利なしです。それは戦争遂行派につけ込みの口実を与えるだけで、平和運動の足を引っ張ることにしかなりません。

911があったからと言って、アフガニスタン、イラクへの攻撃が許されるものではない。そして実際、911の犠牲者を遙かに上回る人を、アメリカはアフガニスタンやイラクで殺した。この点を批判すべきです。そしてアメリカ政府が発表しないファルージャ虐殺やハディーサ虐殺の真実を追求するような人を応援すべきです。

きくちさんは、やはり陰謀論者と言わざるを得ません。きくちさんは、立派な仕事にも名を連ねていますが、陰謀論者としての部分はきっちり批判していく方が平和運動全般のために有益です。

胡麻 さんのコメント...

 イシダさん、誠意あるコメントありがとうございます。msqさんが、南京大虐殺「幻」派と対立しているとは知りませんでした。

 ただ一点「反論が具体的で、かつ説得力があります」とのことですが、私の頭が悪いせいか、msqさんの論は「瑣末的で分かりにくい」印象があるのですね。だからこそ公開の場での討論が見たいのです。生の論争だと、もう少し争点がはっきりするのではないか。

 事実は徹底的に議論されるべきです。しかし仮に「陰謀」論が勘違いによるものだったとしても、それをきっかけに何か違うことがはっきりすればよいのではないかと思います。政府の公式発表通りではない何かが隠されているに違いない、と思っている意味では、私も「陰謀」論者であり、その意味で、事件の再調査を求める動きが、「平和運動の足を引っ張る」とは思えません。

 何より大局的に同じ方向を向いている者なら、建設的に議論ができればいいと思います。きくちさんの他の日記のコメントを見るとネットウヨクの罵詈雑言が酷いですね。ああなってはいけないと思うのです。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

自分の頭で考えられずに思考停止したあげく、お決まりのレッテル貼りによる印象操作とは、イシダさんの反応は典型的でわかりやすいですね。

「陰謀論」と一言で言われますが、自然災害や単独犯行でなければ、集団によるあらゆる計画的犯罪には「陰謀」があります。
9.11事件に関しては、いろいろな局面に関する様々な説が百花繚乱・玉石混淆で咲き乱れており、その中で米国政府お気に入りの説が「アルカイダ陰謀論」です。
問題は、この「アルカイダ陰謀論」で様々な現象や証拠や証言を説明できるのかということです。

阿修羅掲示板に一握りの明らかな「ホロコースト幻派」などが投稿しているのは事実ですが、大部分の投稿者はスルーしているだけだし、当然のことながら、彼らの提供する他の話題も常にトンデモや虚偽というわけではありませんよ。
だいたい日本版歴史修正主義者やトンデモ論者が巷にはあふれています。

ところで、msqさんのサイトのジョーンズ論文に関する考察を見ましたが、ある意味とても「勇敢」だと感心しました。
しかし、サイトの他の部分の信頼性を損なわないためには、ジョーンズ論文に関する内容のすべてか、少なくとも物理学的「考察もどき」の部分は削除されることを強くお勧めします。
こう書いても受け入れられないでしょうから、せめて、それなり(高校の理系か、せいぜい大学理系学部の教養レベル)の物理を知っている人に内容を見てもらうべきです。

msq さんのコメント...

msqです
アノニマスその1さん

>msqさんのサイトのジョーンズ論文に関する考察を見ましたが、ある意味とても「勇敢」だと感心しました。しかし、サイトの他の部分の信頼性を損なわないためには、ジョーンズ論文に関する内容のすべてか、少なくとも物理学的「考察もどき」の部分は削除されることを強くお勧めします。

ありがとうございます。具体的にどの物理的な記述が間違っているか指摘ねがいます。最近はそのような記述は極力避けてるつもりです。 以前同じようなご指摘を受けましたから。

しかし、博士の論拠の一つ「とけた金属のプール」の証言というのは直接の証言が一つもありませんね。すべて伝聞です。特に、設計責任者の発言は削除されていますね。そういう検証は有用でしょうから、選択肢としてであっても「ジョーンズ論文に関する内容のすべて」を「削除」は随分乱暴な発言ですね。

さて「発端の問題」について私が端的に申し上げた「アノニマスその1」さんに対する質問に「アノニマスその1」さんは具体的に答えていません。

◎WTCの現物資料の入手経路、時期について知っていることをお答えください。(事実ならマスコミにも載る大ニュースですからそのときはこれらの情報も当然分かったでしょう。)私だけが知っていない可能性はありますよ。6月の会議はNYTが報道したようです。

『SPA!』のような記述を読んで詳細について疑問が起きないのは、あなたが既に詳細を知っているからともいえます。したがって簡単に答えることが出来るはずです。

再度確認すると、この答えを示せば、誰でも、msqの理屈がデタラメであったということに即座に納得するのですよ。私の意見にたいする最も有効な反論になるはずです。

それと次の文章に鍵があるとも思います。私の訳文では信用いただけないと思いますので。ぜひ訳していただけないでしょうか? 特に from 以下に注意願います。おそらく最後の単語は、"sources" と思います。

But only recently was physical material analysed in the lab and the presense of thermate announced. The samples were provided Dr. Jones team from redundant sourses.
(http://portland.indymedia.org/en/2006/06/341238.shtml)


最後にあなたの次のコメントが、上の質問についての答え以外であった場合に私がコメントをお返しする必要はないと思います。これ以外に話をうつす場合は、答えることが出来ないのだと誰もが思うでしょう。あなたが無責任な情報を「鵜呑み」にしていたということです。質問は非常に単純です。

付言すると、関係者のどなたもジョーンズ教授に確かめてみないのはなぜか良く考えあわせて答えてください。(これ自体へのお答えは不要です。)

「アノニマスその1」さんに、私への次のコメントで書いていただきたいことは、

(1)現物資料の入手の経緯(誰から入手したとか、保管されていた場所など)
(2)時期
もちろん確かなソースを添えてですよ。(お仲間に確かめてみたらいかがですか)
(3)それと、訳文を是非お願いします。(専門家のようですから期待しています)

この三つのみです。

千早 さんのコメント...

「陰謀論者」だの「品が悪い」だの誠に好き勝手なことを書いていらっしゃいますが(お決まりの個人攻撃=肝心の中味では勝負できないから。ダグ・ロッキーもチャーリー・シーンもみんな同様にやられています)、私たちにとって「陰謀」など、さして真新しいことではないでしょう。各種業者の談合だの、欠陥商品の隠蔽だの、政治家と財界の癒着だの、これまでもそこら中で見られたことじゃないですか。それらは要するに、そういう彼らの陰謀(密かに企てる悪い計画)でしょ。

しかもそれって全部「市民相手に、または庶民をバカにしてやってる行動」じゃありませんか。つまり「陰謀」というのは、権力なり経済力なりで庶民や市民を押さえつけているような連中がやることなんですよ。

チャーリー・シーンも主張した通り、これは「政権側の陰謀」です。「陰謀論者」とか「911陰謀論に荷担」などという表現を浴びせることで、まるでゆみが陰謀を企てているみたいな印象を読む人に持たせようとする、その意図からして誠に汚い!!

更に、人のことを「品が悪い」などと非難する前に、どうしてコンテストに応募しないのか、いっそmsq氏に代わって説明しては如何でしょう?  イシダ氏も通州事件氏も、msq氏の一人三役かもしれませんし。

本当は「応募出来ない=“爆破解体ではない”という証明が出来ない」からなのでしょうが! それに「公開討論(National 9/11 Debate)は旅費がかさむから行けない」などと言っておしまいでしょう。

肝心の処で真剣勝負する気はないということです。
本当に「9/11は政権側の陰謀だ」という主張が間違っていると言うのなら、そこら中に現れて真実を追究する側を攻撃するmsq氏ならば、それこそ翻訳業者でも雇ってすでにコンテストに応募しているはずではありませんか? 私なんぞがどれほど自腹・手弁当でこの動きを続けているかを考えれば、そんなの安いものでしょうが。

ジミー・ウォルターだって彼の周りにいる9/11の真実に詳しいスタッフだって、日本語の読み書きなんかできるとは思えません。だから翻訳業者にやらせたが、その出来上がったものが本当に正しいかなんてジミーたちにわかるはずもない。
#だから業者に発注したんだろう!って。

いつまでたっても、そういう重箱の隅をつつくような揚げ足取りばかりしているから、そう書いたまでです。

忙しいジミーに私たちから頼んでその箇所を直してもらった処で、一体どうなると思います? msq氏等はまた似たような間違いを探してきては、それを攻撃するのです。いつもパターンは同じ!! 

「南京虐殺幻派を批判しているから本物の平和活動家で、信用できる」?????????

だってそれがスパイの役目じゃないですか!
こちら側の人間に「私たちの仲間だ」と思わせてこそ“初めて”スパイとしての仕事が出来るんですよ。
#ホント、何言ってんだか。

250はあろうという「嘘&隠蔽=答えの出ていない質問」について、米政権サイドの話を全面的に支持している人間が、どうして「本当に平和を求める活動家」と言えるのでしょうか? 9/11を別にしても、あれほど嘘のオンパレードでやって来ている政権の調査結果を信じてかばう人間が「本当に平和を求める人間」なんですか?? しかも9/11の真実を語る者がいる場をネットで検索でもして探し回り、コテンパンにいじめられるのが歴然としている阿修羅さんの掲示板には行かないけれども、それ以外には必ずと言っていい雰囲気で出没している。これはもう仕事でやっているとしか思えませんよね。

とにかく、「スパイの条件」=「こちら側の人間らしく振舞う」なんて当たり前の話を殊更強調して「msq氏は信頼できます」なんて言っても、誰が信じます? 同氏が最初から救いようもない敵みたいな印象で出ていたら、みんな絶対に相手にしませんよね。でもいかにも「平和を求める市民」みたいな演技をしてくれば、騙される人が出る可能性はあるでしょう。でも、自分でそれを言う訳にはいかない。だからイシダ氏などの存在が必要になる。とすれば、彼らは仲間かmsq氏の一人芝居だという次第です。

そう、それがスパイというものです。
我々平和を目指し、ひとつになって頑張ろうとしている者達を分割させ、混乱させるのが仕事なんですから!

それで、
コンテストに出ないのは「英語に自信がない」から??

msq氏は以前AMLでは「私だって英語には多少自信がある」って反対のことを書いていませんでしたっけ?>自慢げに。 ときと場所によって言うことが違うんですねぇ。

まったく、いい加減ったらありゃしない。
ハイジャック犯の持っていたのが「プラスチックのナイフで~」なんて、ついうっかり口が滑ったラムズフェルドといい勝負ですよ>嘘をついているときは、必ずどこかでボロが出る。

“ワイキキより軽蔑を込めて”さんが書いてらした通り、msq氏の話のねじ曲げ、すり替えもいつものこと。阿修羅サイトの話をしているのに「自分のサイトか」などとトボケるのもホント、予想された行動と言っても過言ではない程ですね。

肝心な質問は無視し、下らない質問を執拗に続ける。
だから「私たちの時間とエネルギーを無駄にするのがmsq氏等の目的だ」としか思えません。

もうひとつ、以前にも書いたけど
私たちは「米政権の=正式発表の話が嘘だ」と言っているのに、彼らはその嘘の話を証拠として出してきたりする。「嘘」を「嘘じゃない」の証拠として見せるんですから、これが真実なはずがない!

とにかく2004年の段階で、WTCの崩壊現場を抱えるニューヨーク市民のなんと66%が「数多くの疑問に答えろ!」と要求しているし、今年5月の世論調査ではアメリカ人の42%が「政権側の隠蔽があった」と思っていて(内32%はそう確信している)、45%が「米政権の陰謀があったかどうかを含めて、米議会ないし国際裁判所で新たな調査をすべき」と思っているのです(内、絶対そうだと思っているのは37%)。で、その記事のタイトルは「米成人の7000万人以上が新たな調査を支持」ですよ。本国アメリカで、これはもう絶対に無視できない状態まで政権側は追い詰められているんです。

どうせ日本のメディアはそうした事実を大きく取り上げたりしないから、一般国民は知らずにいるけどね。

かたや日本ではゆみが頑張ってジミーを呼んだり、ほかの阿修羅やAMLや、色々な場所で多くの人々が9/11の真実を暴いているので、親分国アメリカの命を受けたかどうかは知らないけれども、ヘイコラ小泉&後継政権だって「根本の嘘がバレないように」と必死でしょう。ネオオンたちの言いなり兼日本国内の陰の権力者の思う通りに憲法違反の派兵までやってるんだから。

本当に勇気ある平和活動家であれば、この根本の大嘘を問題にしないで終わらせることはできないはずです。数々の疑問を直視すれば、あれが米政権ほかの陰謀だったことは明白なんですから。

真実は往々にして“あまりに醜い”でしょ。
「だから見たくない」のはわかります。

丁度「“自分の夫が自分の娘を強姦している”というすさまじい事実を知ってしまった妻が、自分の娘をそのまま犠牲にしても見て見ぬ振りをする」のと似ています。

でも本当にまともな行動が取れる人間であれば、そんな非道な行為を許しておくはずがない。問題を直視し、すぐさま離婚するなり家を出るなりして娘を救うでしょう。

だからこそ本当に勇気ある、かつ真の平和を願う人であれば、この醜い真実をも直視できるはずなのです。

すでに200万以上の人が観たという"Loose Change"の作者ディラン・アヴェリーに、多くの9/11犠牲者の遺族から感謝のメールが来ると言う。さっさと決められた賠償金を受け取る際に「以後政府等を訴えません」という書類に署名させられた彼らは“真犯人が誰だったのか”が見えてきても全く手が出せない! 代わりにディランたちが政府の極悪振りを暴いてくれたから、とお礼を述べてくるのです。

以前にもどこかで書いたと思うけれども、「9/11とは何だったか」の一面を一言でいえば「モスリム、アラブに対する冤罪」です。日本ではそうした被害者が多分いないでしょうが、その結果としての不当な投獄や拷問です。これはアフガンやイラクの侵略で殺された人たちにとどまらず、9/11直後のアメリカで愛国者法が出来て以来、あちこちで数多く見受けられる現象なのです。

オーストラリア人だって国内での不当逮捕&拷問的扱い以外に2人もグアンタナモに入れられ、一人は去年解放されたけれども=つまり米軍は彼を告訴することすら出来ないほど本当に無実の人だった(もう一人だって告訴も証拠も何もないのに4年半経った今も入れられたままです)。でもモスリム&アラブに対する洗脳がハワード政権下のオーストラリアでも行き渡っているので、帰国した後も彼が「テロリストの可能性がある」とみなす国民が大半という悲惨な状況です。3年半もの不当な投獄と数々の拷問の挙句にこの誤解ですよ。どこに正義がある!????

こうした彼らの濡れ衣を晴らすためにも、9/11の真実を暴く作業は絶対に不可欠なのです。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

msqさんが「スパイ」かどうかは存じ上げませんが、やはり感覚に根本的な相違があり、その理由を想像することはできますが、少なくともこの場で納得されることはなさそうです。

> 具体的にどの物理的な記述が間違っているか指摘ねがいます。

親切なお知り合いにでも尋ねられるのがベストです。
物理学者のジョーンズ教授が、論文を公開した上に、一般聴衆だけでなく相応の物理学ほかの教育訓練を受けた諸分野の専門家の前で数々の講演を行ってきたということを考えていただきたいです。

> 博士の論拠の一つ「とけた金属のプール」の証言というのは直接の証言が一つもありませんね。すべて伝聞です。

??
論文の著者にとってすべての引用は「伝聞」になるのですが、何か問題でも?
問題だとお思いならご自分で調べられてはいかがでしょうか。

> WTCの現物資料の入手経路、時期について知っていることをお答えください。

>『SPA!』のような記述を読んで詳細について疑問が起きないのは、あなたが既に詳細を知っているからともいえます。したがって簡単に答えることが出来るはずです。

そんなこと私が知るわけがないじゃないですか。(コイズミ氏風?)
SPA!の記述を見て、阿修羅の投稿で見たIndymediaやPrisonplanetの記事が該当すると思い当たっただけです。

> あなたが無責任な情報を「鵜呑み」にしていたということです。

それらの記事自体を特に疑う理由がなく「無責任」とも考えないので「鵜呑み」にしました。それで何か問題でも?

> 関係者のどなたもジョーンズ教授に確かめてみないのはなぜか良く考えあわせて答えてください。

「関係者」というのが誰かわかりませんが、ジョーンズ教授が普通の研究者ならプレゼン資料や論文はそのうち出てくるだろうと予想され、会議関係者や研究仲間でもなければ、問い合せようなんて普通は考えません。

> 「アノニマスその1」さんに、私への次のコメントで書いていただきたいことは、
...

ですから私に求められても困ります。
また、英語で理解できなければ、そのまま日本語にしても理解不能でしょう。

少し戻って、

> それと次の文章に鍵があるとも思います。
...
> The samples were provided Dr. Jones team from redundant sourses.
> (http://portland.indymedia.org/en/2006/06/341238.shtml)

逐語的には訳しませんが、この文を含むパラグラフの趣旨は、
ジョーンズ博士は以前の研究で、[映像などによる間接的な分析によって] thermateのような爆薬がWTCを破壊したと指摘していたが、ごく最近、複数の場所から入手された実試料が[ジョーンズ博士らのチーム自らによって]実験室で分析された結果、thermateの存在が発表された。
といったところでしょう。
[ ]内は私のニュアンス的な補足です。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

上の訳文で
「複数の場所から入手された」

「複数の関係筋から提供された」
に訂正します。

千早 さんのコメント...

阿修羅さんの掲示板ですが、他の人から見て“問題だ”と思われる発言があるのはどこも同じでしょう。人間と同じで「誰から見ても常に100%完璧」なんてものはないのです。でも核心を突いた、いい投稿は多いと思いますよ。

かつてオバハンのサイトで一緒だったKotetu氏も常連の一人ですが、私のここでの投稿に対し

>「揚げ足取り」つうのは、知ってる人が無知な人をからかう場面でしょうね。

>批判する本人が内容を理解していることが前提でしょうね。それが欠如してるのですから、どう贔屓目に見ても、せいぜい「目くそ鼻くそ」ですがな。(笑)

火薬が使われた痕跡があればジョーンズ氏が紙(論文)に書いたか、口頭発言かなんてどうでもいいことですよねぇ・・・
http://www.asyura2.com/0601/bd45/msg/223.html
投稿者 Kotetu 日時 2006 年 7 月 18 日 03:26:03: 7m23/iYy5J8l2

と書いています。
あの頃と変わりませんねぇ。(^_^;)
#どっちの味方をするつもりなんですか?

因みに、

揚げ足を取る――(柔道・相撲などで、相手が蹴ろうとしてあげた足を取って逆に相手を倒す意から)相手の言いそこないや言葉じりにつけこんでなじったり、皮肉を言ったりする。(広辞苑)

まさに、msq氏等がゆみや私たちにやってきた・いることでしょう。

ついでですが、前回の投稿文にあった「ネオオン」は「ネオコン」のタイポ。および

>我々平和を目指し、ひとつになって頑張ろうとしている者達を分割させ、

の最後は

>分裂させ、

でした。

msq さんのコメント...

msqです

◎千早さん

確かに「揚げ足とり」です。何事も地に足が着いていなくてはなりません。どんなことでも基本的な事実は踏まえなければなりません。GPCさんのメンバーさんは足の揚げっぱなしです。だから揚げ足を取られるのです。

批判の相手は、きくちさんや千早さんたちなのですから、他の掲示板は関係ありませんよ。自分自身で反論しなさい。

>「米政権の=正式発表の話が嘘だ」と言っているの

例えば、公式報告には、鉄骨が溶けたなどという記述はありません。「公式見解では鉄骨が溶けたと言っている」と言っているのが皆さんです。どちらが嘘ですか? 公式の報告書が「白」と書いているのを公式見解は「黒」と書いていると伝えているのと同じ事です。公式見解が正しいとか間違っているとか以前の問題です。これでは「9/11の真実」など暴くことは出来ません。

最後に私は活動家ではありませんし、そんなことを言った覚えもありません。ましてスパイではありえません。あなた方のような無責任な煽動者に騙されてきた多数のうちの一人に過ぎません。


◎◎アノニマスその1さん

>複数の場所から入手された実試料/複数の関係筋から提供された

なるほど。

論議するつもりはありません。私は、「余剰材料」と訳しました。もちろん provide に無理があるのは承知の上で。勉強になりました。

普通の人々は、その「複数」の場所/関係筋とはなにか疑問が起こります。 問題はそういうところに疑問を持たなくては簡単に騙されてしまうということです。

>そんなこと私が知るわけがないじゃないですか。(コイズミ氏風?)

まさに、「コイズミ風」ですね。

誰も知らないはずの重要な事実が書かれているのに疑問を感じないと言うのは、もともとこの話題に関心がないということでしょう。

>物理学者のジョーンズ教授が、論文を公開した上に、一般聴衆だけでなく相応の物理学ほかの教育訓練を受けた諸分野の専門家の前で数々の講演を行ってきたということを考えていただきたいです。

建築構造学のコースのあるBYU の工学科のフルトンカレッジが反対のコメントを出していたことも忘れないように。また、ユタ建築構造技術者協会の会長の報告書の引用(Leslie Robertson氏の熔けた金属プールについての発言)がジョーンズ論文から最近削除されたことも考慮すべきでしょう。

>少なくともこの場で納得されることはなさそうです。

納得する必要はないでしょうね。どなたもそう見ているでしょう。

>親切なお知り合いにでも尋ねられるのがベストです。

指摘できない理由は、明白です。私が極力、不得意な分野を避けて書いているからです。つまり物理学的な分析などほとんどないのですから批判のしようはありません。具体的に指摘が出来ないことがまず第一。

最近、ジョーンズ教授の発想の出発点の事実認識に問題点があることを指摘しました。それからインチキ写真についても。仮説の前提の事実の存在の可能性は非常に低いです。これを直接つつくのは薮蛇ですから。

物理学的がどうのこうのだから削除しろと言うような主張が出るわけです。つまり、仮説の前提がほとんど無いことを認めたと言うことでしょう。


>"論文の著者にとってすべての引用は「伝聞」になる"

ですか。「初耳」とだけ感想をのべて終りとしましょうかね。

― q

千早 さんのコメント...

msqさん、

> GPCさんのメンバーさんは足の揚げっぱなし

またスピン(話をねじ曲げ・すり替えること。情報操作とも言う=アメリカをはじめ、政権やメディアが日常的にやっていること)ですか。

そうではなくて「こちら側には足がしっかり地に付いている部分がたくさんあるのに、あなたは手が出せないからそれらを無視しているだけ」ですよ。米世論の動き、9/11遺族のディランへの感謝など、一体どう思っているんですか?

> 他の掲示板は関係ありませんよ。

大手メディアがヘイコラ日本政府と陰の権力者の意のままに本当のことを伝えない今、私たちに与えられたネットという場で出される様々な情報を生かしていくのは当然でしょう。

あっちでは「英語に自信がある」と書き、ここでは「英語が出来ない」ということを語っていて、どこに一貫性があると言えますか? 「別の掲示板だから別のことを書いても構わない」って言うんでしたら、あなたはそういう人だっていうことを露呈しているだけです。

> 自分自身で反論しなさい。

おかしな人ですねぇ、msqさん。
私はKotetuさんがちょっとヒネくれて私の批判をしていたので、「揚げ足取り」の意味を正すことからここでの話に繋げて書いたのに、まるで私が自分の反論が出来ないからKotetuさんの投稿を紹介したみたいに話をねじ曲げる。

それもまた「全部をきちんと読んでいない人が、ここだけ目にしてそういう誤解をすること」を目指して、ね。
#これも“いつものパターン”のひとつ。

At 7/18/2006 11:15 午後, 千早 said...

↑をよく読んでから、それに反論してくださいね。
まずは「ブッシュ政権の陰謀」を隠すことにそれほどの情熱を持ってネットで執拗に“活動”されているのに、どうしてコンテストに出ないのかとか、イシダ氏が言う様に「平和主義者であることは間違いない」のであれば(それも否定しませんか?この際)、どうして無数の嘘をつく政権をそこまで徹底的に庇う発言しかしないのか、とか。

> 例えば、公式報告には、鉄骨が溶けたなどという記述はありません。

当たり前でしょ、陰謀を企てた者たちが真実を書くはずがない。私の書いたことをちゃんと読んでくださいね。↓

> もうひとつ、以前にも書いたけど
> 私たちは「米政権の=正式発表の話が嘘だ」と
> 言っているのに、彼らはその嘘の話を証拠として
> 出してきたりする。「嘘」を「嘘じゃない」の証拠として
> 見せるんですから、これが真実なはずがない!

「いつも、それだけやっている」とは書いてないでしょ。

それとも、これまでNISTほかのデータなどを出してきて「ホラ、真相はこうじゃないですか。あなたたちは間違っている」と言ったことが一度もないとでもおっしゃるんでしょうか??? 

米政権の正式発表が絶対に触れない真実を、あなたが語るはずがないでしょう。「嘘と隠蔽」側の手下なんだから。そのふたつ↓をごっちゃにしないでくださいね。

1) 公式発表の嘘のデータ等を持ち出して、彼らの見解が「正しい」と主張する
2) 公式発表が決して触れない真実は絶対に言わない


これでは、公式発表の嘘を見抜くことは出来ないに決まってるじゃないですか。

> ましてスパイではありえません。

これも当たり前でしょ!
スパイが自分で「私はスパイだ」なんて言いませんよね、普通。アッハッハ!

スコット・リッターは言ってましたけど、
「僕は飛び切りのスパイだ。それで査察官としてイラクにいたときスパイをしてたんだ」って。

> あなた方のような無責任な煽動者に騙されてきた多数のうちの一人

権力者たちが言う「テロリスト」の多くは“冤罪”=“権力者たちの自作自演だ”というときに(覚えてます?イラクでアラブ人の格好をしていたイギリスの特殊部隊員たちとか)「無責任な扇動者」が実は誰なのか、大抵の方にはハッキリ見えているでしょう。

本当の解決策などは一切考えもしないまま「無責任に」“テロ”への恐怖心で人心を「扇動」し、愛国者法、対テロ法、治安妨害や扇動罪、日本では共謀罪などを作り上げ(共謀罪もまだ廃案になってませんから要注意!)、国際法違反の侵略戦争や占領、それを支援する憲法違反の派兵をし、何十万というアフガンやイラクの一般市民を殺し、各国市民の自由や権利を奪っている人たちこそが「無責任な扇動者」でしょうが!!

あなたの様に、数々の事実にはまるで関心を示さず、米政権発表の嘘を指示し続ける人とは各論で付き合っている暇はありません。何度も書いたように、そうやって私たちの時間とエネルギーを浪費させるのがあなたの役目なのだから。

そういえば、以前あなたを支持していた“とほほ”氏はどうしたんでしょう? まだ応援してくれていますか? そうだとしても、本当に平和を求める人だったら早晩あなたの嘘に気づくはずです。

日本でもオーストラリアでも、
多くの市民は「何か変だ」と気づいています。
もう一息よ、ゆみ! 皆さん!
頑張りましょうね!!!!!!

イシダ さんのコメント...

「ペンタゴンに激突直後にあいた穴(5メートル)」とか「鉄筋に解体用の火薬が付着しているのを確認した」が事実だったら、世の中ひっくりかえるはず。ところがひっくりかえらない。それは「大手メディアがヘイコラ日本政府と陰の権力者の意のままに本当のことを伝えない」から。

とのことのようですが、もはやウソというより妄想ですね。
ノーム・チョムスキーもマイケル・ムーアも「デイズ・ジャパン」も「週刊金曜日」も陰謀論を相手にしない現状をどう考えてるのでしょうか?
週刊誌がたまに取り上げているのは「面白い話」だからでしょう。

きくちさんは、実績と影響力のある著名な平和運動家なので、どうかこの泥沼を抜け出てほしいものです。

msq さんのコメント...

msqです

ジョーンズ教授は、WTCの現物の資料を入手していたようです。昨日か本日、論文の掲載ページに掲載された

NEW (July 18, 2006): "Answers to Objections and Questions" by Prof. Jones: http://www.physics.byu.edu/research/energy/AnsQJones1.pdf

に書いてあります。少なくともここに書かれているような事実を提示しなければ裏づけのしっかりした情報とはいえないでしょう。ご参考まで。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

イシダさん:
> ノーム・チョムスキーもマイケル・ムーアも「デイズ・ジャパン」も「週刊金曜日」も陰謀論を相手にしない現状をどう考えてるのでしょうか?

「陰謀」がなければ集団による計画的犯罪が存在し得ないことはさておき、「週刊金曜日」にはたまに出てましたよ。
最近では、573号(2005年9月16日)
http://www.kinyobi.co.jp/pages/vol573/mokuji
からの3週連続で「9・11事件の謎 Part 3」特集というのがあり、阿修羅にも転載されていたと思うので、検索すれば文章が読めるでしょう。
あと「日刊ベリタ」の2006年3月20日に「9・11の真実を求める学者たち」の声明が載っていました。
この記事にmsqさんがリンクを付けていましたが、読者から「トンデモ」認定をくらい「ベリタの品位にかかわる」とまで言われてしまいました。
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200603200159501

msqさんの「目の付けどころ」は「シャープ」どころの話ではなく、ことごとく「あさっての方角」なのですが、

msqさん:
...
> 少なくともここに書かれているような事実を提示しなければ裏づけのしっかりした情報とはいえないでしょう。

???
「裏づけ」って、msqさんにとっての裏付けなんですか?
以前に挙げた、thermateの証拠を検出されたことを報じたメディアは当然6月の会議は取材しているし、PrisonPlanetはジョーンズ教授本人へインタビューもしてますよ。
SPA!の記事にも、ベンジャミン・フルフォード氏がシカゴの会議を取材したとあります。

それはそうと、
http://www.physics.byu.edu/research/energy/AnsQJones1.pdf
の94ページにあるように、WTCの残骸からthermit反応に固有の残留物が検出されたことが、査読付きの学術誌に載り、独立した他のグループによっても確認されたら、その重みは、この世で他に比べようもないものとなります。
つまりそれを踏まえない議論は、「アルカイダ(単独)陰謀論」を含めて、すべて無意味となります。
果たしてNatureに載せる勇気があるかどうかは未知数ですが。

ところで、msqさんが撤去作業のために切断されたと見なした
portland.indymedia.org/en/2006/06/341238.shtml
の写真ですが、切り口が斜め45度になっていることは、爆破解体に特有(おそらく自重でスライドさせるため)みたいですよ。(82ページと20ページ)
だいたい片付けのために切断するのに、直角ではなく、わざわざ切断距離を長くとることは考えられません。

msq さんのコメント...

msqです

アノニマスその1さん

>「裏づけ」って、msqさんにとっての裏付けなんですか?

僭越ながら、アニニマスその1さんや私の見解に批判的な方々が本来提示すべき資料を先のコメントで紹介しました。それを元に、『SPA!』の写真説明と同じような文章を書くとすれば次のようになるでしょう。

「ジョーンズ博士は、WTCの資料を博士の論文を読んだ人物から入手したと書いています。その人物は何年か前、9.11事件の現場の残骸で制作されたモニュメントの一部分を入手していたということです。もう一つのサンプルは、WTC2の現場から掘り出されたものとジョーンズ博士は書いています。元はより大きな塊でしたが40ポンドほどの小さな部分が分析のためにBYUに送られました。ただし送った組織・人物などは不明です。

前者の分析の結果からは、鉄、硫黄、カリウム、マンガン(多量)、カルシウム とより少量の一般的な物質が含まれることがわかりました。もう一つのサンプルについては、ジョーンズ博士は分析結果がまとまって評価を受けてから発表したい意向のようです。」

具体的に言えば、筆者に常識があれば、このPDFファイルを見たとしてもこの程度の範囲でしか書かないだろうということです。それが私が言っている「裏づけ」の問題です。

付け加えると、このPDFファイルは同様の形式のものが数ヶ月前からWeb上に公表されていたはずです。残念ながら、私は記録してありませんが、ご覧の方もあったはずですよ。ただし、上記のサンプルに関する事項があったかは覚えていません。

つまり、ビルが解体されたというジョーンズ博士の主張に同意される方々はこのような基本的な事柄について頓着がないということでないでしょうか。

ついでに言えばモニュメント制作に溶接やガス溶断が使われたかも知れませんよ。

>ベンジャミン・フルフォード氏がシカゴの会議を取材したとあります。

フルフォード氏はそれを何かに書いていますか? 取材内容を発表していますか。それがわからなければ、フルフォード氏が見聞きしたことはわからないはずですよ。『SPA!』以外の何かでそれを読まれたのですか? このような物言いは無意味です。また、「そのうち何かに書かれるはずです」と書くおつもりでしょうか? これも予想ですよね。

>読者から「トンデモ」認定をくらい「ベリタの品位にかかわる」とまで言われてしまいました。

でもベリタに、読むべき "関連記事【関連・リンク】" として指定していただいたことに違いはありません。ベリタが一方的にしたことですが。

http://www.nikkanberita.com/read2.cgi?id=200603201322341

トンデモ文書= http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/aml0319.html

と千早さんが翻訳された文書に対するの私の批判のページへ誘導しているわけです。「どちらかが」ひどすぎると見た人がしたことでしょう。TUPのように特定の提携関係がない限りは、あまりに酷いものは普通は紹介しないでしょうね。かの読者も両論併記の必要は認めていますよ。

ハテナと思われたROMの皆さん詳しくはこちら
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/aml0319ref.html

>それはそうと、http://www.physics.byu.edu/research/energy/AnsQJones1.pdf の94ページにあるように、WTCの残骸からthermit反応に固有の残留物が検出されたことが、査読付きの学術誌に載り、独立した他のグループによっても確認されたら、その重みは、この世で他に比べようもないものとなります。

「によっても確認されたら」ですか? それとも「すでに」「確認された」のですか? あなたは以前(At 7/16/2006 1:24 午前, Anonymous said...)以下のように述べています。

"www.prisonplanet.com/articles/june2006/260606hugesuccess.htm
(June 26 2006)
の部分から、他の2大学との共同研究として、独立した(共著の)論文になるのでは予想されます。"

「予想されます」でしょ。結局同じ事ですよ。希望的観測に過ぎない。

「その重みは、この世で他に比べようもないもの」だからこそ、大手のメディアが取り上げて騒がないのが不思議なのではありませんか?


>切り口が斜め45度になっていることは、爆破解体に特有(おそらく自重でスライドさせるため)みたいですよ。

「みたいです」か? トーチで切った痕跡があります。45度に切断してスライドさせた場合にこのドラグラインがスライドした面に残っているでしょうか。自重とはどれほどのものですか? 1トンや2トンではないはずですよ。また右下の垂直に残っている突起部分をどう説明しますか? 柱がさかさまに落下しているとしてもこの突起はスライドするときには邪魔な位置ですよ。つまりスライドした痕跡がない。写真から実際に読み取れることはそういうことです。また同PDF(p81)で紹介されているパテントの方法ではドラグラインは出来ないでしょうね。

それから、あなたが、示されたほかのページの写真(At 7/17/2006 3:35 午後, Anonymous said.)。

http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/866.html

"映像で赤丸を付された鋼材の一本一本が、曲がっておらず、かつ切り口がスパッと切られているからこそ、爆破解体の証拠なのです" [※ 実際は赤い四角印] (http://asyura2.com/0601/war82/msg/509.html)

多数の切断されたように見える柱やの写った写真や、この写真の中のほかの写真の柱の断面が直角になっているのも、意図的な解体によって「切断」されたとすれば、45度であるから「切断」されたという理屈と一貫性がないのではありませんか。

ハテナと思われたROMの皆さん詳しくはこちら
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/jones6.html


>だいたい片付けのために切断するのに、直角ではなく、わざわざ切断距離を長くとることは考えられません。

「考えられ」なくても現実にあることは仕方ないですよね。作業者の足場の状態や作業の段取によっては、理想的な最短距離で切断できないことなどいくらでもあるでしょう。特にまだ捜索も続いている頃の作業ですから、最短距離で切断することが目的ではなかったはずですよ。

◎「それはそうと」、ジョーンズ博士は、WTC2の80階から崩壊直前に流れ落ちる物資をテルミットによる鉄だとBYUの実験も示して述べています。熔けたアルミは銀色だからだそうですが、熔けたアルミも黄色ないしオレンジに見える(写る)ことがありますよ。

http://www.caro.co.uk/index.php?pageid=946§ion=Maybrey%20Reliance

http://www.world-aluminium.org/production/processing/casting.html

他人の物理の知識について意見を述べるほどのアノニマスその1さんなら、ジョーンズ博士のこのトリックは既に気がついていたはずですよ。これで、テルミットの根拠の一つはなくなってしまったのではないですか? あとは出所があまり定かではないサンプルの分析結果が権威ある学術誌に掲載されるのを待つだけでしょう。正確には「希望的観測として掲載されれば」ですか?

ハテナと思われたROMの皆さん詳しくはこちら
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/jones4.html


なお、「週刊金曜日」のトンデモ記事については、

http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/525-1.html
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/ky524.html
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/kyd573575a.html
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/kyd573575b.html
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/kyd573575c.html

で簡単に触れています。

ワイキキより軽蔑を込めて さんのコメント...

♪敵は幾万ありとても すべて烏合の勢なるぞ〜

といっても、ここではほんの若干程度が荒らしまくっておりますがね(笑)
しかもそれぞれ役割分担が決まっている。
一人は容赦せず相手の粗を徹底的に責め立てる。
そしてもう一人は少し距離をおいて懐柔をとる。
まるで自分は陰謀論などに惑わされない、中間的・客観的な立場であるかのごとく振る舞いつつ、その傍らでしっかりと相手をホメ殺す──

「平和主義に陰謀論は百害あって一利なし。それは戦争遂行派につけ込みの口実を与えるだけで、平和運動の足を引っ張ることにしかならない」
「平和勢力がより力を持つために、ばかばかしい陰謀論に傾くべきではない」

そのあげくに、
「きくちさんは、実績と影響力のある著名な平和運動家なので、どうかこの泥沼を抜け出てほしいものだ」
などと、真の平和主義者であるきくちさんに向かって教え諭すわけである。身の程知らずであろう。

ひたすら懐柔をはかることで、実はきくちさんを「孤立させ」「信用を落とす」という役割を果たしているのであり、心理作戦を行う上での常套手段というにすぎない。
こうした情報操作の駆け引きをしっかり見抜くことが大事であり、それだけ敵も焦っている、必死だということが手に取るようにわかるであろう。
だからこそ彼らは、陰謀を告発するこうしたサイトを丹念にチェックし、わざわざ出没してくるわけだ。
彼らの反応ぶりから、むしろ911真相究明は「良い仕事」をしているとも言えるわけで、よりいっそう911真相究明を継続させることが、この泥沼を抜け出す平和への近道である。

胡麻 さんのコメント...

やり取り、注目しています。

msqさんへ

 7月18日の千早さんのコメントへの詳しい反論が読みたいです。

msq さんのコメント...

msqです

胡麻さん

>7月18日の千早さんのコメントへの詳しい反論が読みたいです。

千早さんも同じことを(At 7/20/2006 12:00 午後, 千早 said...)で繰り返しています。

確認できる立場にいながらイシダさん、通州事件さんと私が同一人物だと邪推したり、組織的にコメントしているなどと言ったり、スパイ呼ばわりするようなことを述べながらの見解に答える必要はありません。そういう無駄な罵詈雑言部分を省いて整理して見解を述べるべきではありませんか。またははじめからそのような事は書くべきではない。

私は事実認識が間違っている点を個々具体的に説明してきましたが、千早さんは、それについては直接反論したことがありません。具体的には 1月と3月にこちらが出した、公開質問書等にも答えていません。人に反論を要求するならそちらを片付けてからにしていただきましょう。重箱の隅をつつくようなしょうもない問題と思うなら即座に答えも反論も出来るでしょう。これは本来、千早さんや、GPCのメンバーさんへのものですが、胡麻さんがお答えになってもかまいませんよ。

ハテナと思われるROMの皆さんは以下を参照願います。

グローバル=ピース=キャンペーンが日本語版を制作した『9.11ボーイングを捜せ』のドキュメンタリーとしての欠陥を約13項目について指摘しています。こちらは回答形式を定めています。
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/question.html

TUPのメンバーとして千早さんの訳された、「9/11の公式発表は「でっち上げだ」とエキスパートが主張」について具体的な問題について指摘しています。こちらは反論できるものならして見なさいよというスタンスです。ただし罵倒なしで具体的にネ。この批判文書自体は、先のコメントでも紹介したとおり、『日刊ベリタ』さんも読む価値ありと認めています。
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/aml0319.html

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

msqさんはご自分の理解と誤解の範囲内で突っ込めると思ったことを、しかも、しばしば話の流れや既出の内容から容易に推定されることも無視して、繰り返されているようです。
これでは、千早さん(7/20/2006 12:00 午後)の

> それもまた「全部をきちんと読んでいない人が、ここだけ目にしてそういう誤解をすること」を目指して、ね。
> #これも“いつものパターン”のひとつ。

という分析が説得力を持ちますな。故意か無意識かはわかりませんが。
また、何が物理にかかわり何がそうでないかも含めて、物理的内容の理解のためには、理解度に応じてマンツーマンで指導してくれる家庭教師でも雇われるのが一番です。

....
> 具体的に言えば、筆者に常識があれば、このPDFファイルを見たとしてもこの程度の範囲でしか書かないだろうということです。それが私が言っている「裏づけ」の問題です。

msqさんのPDFファイルの内容の要約が適切かどうかや、msqさん自身の「常識」はともかく、メディアの記事に発表内容のどこまで書かれているかなんて、「裏づけ」有無や内容の確実性とは関係ありませんよ。
別に、不審人物からのタレ込み情報などではありませんから。

...
> 「予想されます」でしょ。結局同じ事ですよ。希望的観測に過ぎない。

「希望的観測に過ぎない」というのはあくまでmsqさんの希望的観測です。この場合の「予想」というのは、普通の研究者ならそうするだろうという、最もありそうな「予想」です。(同様のことは以前にも書きました)(1)
「他の2大学」というのはジョーンズ教授の共同研究者ではなく、独立に分析している別のグループかも知れません。

> 大手のメディアが取り上げて騒がないのが不思議なのではありませんか?

??
横田めぐみ氏のDNA鑑定に関する「Nature」の論説に対するメディアの対応は?
ちなみに、この鑑定はただ1つのサンプルの1回ポッキリの鑑定なので、先にmsqさんが問題にされていた"redundanancy"(この場合は「再現性」)がありません。

> トーチで切った痕跡があります。
...

このあたりは私には判断できませんが、片付けのために斜めにしかも人の身長に匹敵する高さで切断しなければならない理由がわかりません。

> 数の切断されたように見える柱やの写った写真や、この写真の中のほかの写真の柱の断面が直角になっているのも、意図的な解体によって「切断」されたとすれば、45度であるから「切断」されたという理屈と一貫性がないのではありませんか。

??
斜めにスライドさせるのは、解体をスタートさせるために切断する下層の一部の柱だけで十分では。

> 熔けたアルミも黄色ないしオレンジに見える(写る)ことがありますよ。
...

ヒント: アルミの放射率とまわりの明るさ、アルミの温度と熱源

> 正確には「希望的観測として掲載されれば」ですか?

人の引用は正確にしていただかないと。上の(1)参照。

msq さんのコメント...

msqです

アノニマスその1さん

>物理的内容の理解のためには、理解度に応じてマンツーマンで指導してくれる家庭教師でも雇われるのが一番です。

ワンパターンはよしましょうよ。こんなことを書かれたとて、はじめから「たいした知識はございません、読者自身の判断で読んでくださいね」というスタンスですから。ちゃんとHPでお断りがしてある。読んでないでしょう。

参考
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/plane00.html
これは最も最初に公開した文書で、
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/index2.html
の一番最初にリンクがあります。

>斜めにスライドさせるのは、解体をスタートさせるために切断する下層の一部の柱だけで十分では。

と言うことは赤い四角印の柱は接合部から分離したということでよいわけですね。つまり他の多数の柱は、意図的な解体でもそうでなくとも同じだと言うことですから。つまり座屈が連鎖的に起きることは当然と言うわけです。ということは、この柱が撤去作業のために切断されたものなら、爆破解体の根拠は一つ減ったと言うことです。はじめからあのような写真の話題を持ち出さなければ良かったのではありませんか。持ち出したのはアノニマスその1さん自身だったと思いますよ。

>> トーチで切った痕跡があります。
>このあたりは私には判断できませんが、

それがまず重要です。よく調べて自分で反論して見ることです。それとスライドした痕跡がないことはどう説明しますか。同じ事の繰り返しではないですか。まえの私のコメントを全く理解できていない。鉄筋コンクリートの柱は中空じゃありませんからスライドしやすいでしょう。しかしボックス状の鋼材の柱はどうでしょうかね。具体的な事柄は全く反論できていませんよ。それともドラグラインの向きに横方向にスライドしたとでも言いますか?それでは45度に切る意味がいっそうない。 この場合、このあたりが判断できようが、できまいが、調べて判断すべきではありませんか? 少なくともあなたが小ばかにしている相手はそれだけの知識は持っているのですよ。といってもたいしたことではないのですが。

>ヒント: アルミの放射率とまわりの明るさ、アルミの温度と熱源

私はHPで現実に撮影された写真とビデオを比較しています。WTC2の80階の北の壁面の明るさと東壁面の明るさの違いが理解できませんか。当日は快晴でしたから室内と屋外ほどの違いがありますよ。快晴ですから北側の壁面に空の白っぽさの反映は期待できません。快晴の青空はかなり暗いです。画面自体を見れば、東の壁面は白く飛んでいるのに北の壁面はまだ薄暗い感じ(露出アンダー)で写っているではありませんか。ジョーンズ博士は周りの明るさが異なる事を無視して比較しているのですよ。私はこれに気づくのに3ヶ月ほどかかりましたが、アノニマスその1さんのような物理通がこれに気づかないとは面妖ですね。つまりジョーンズ博士はいわば「インチキ」をしていたのです。この映像を根拠からはずせば、テルミット系物質が使われたという証拠は、出所が今ひとつ明確ではないサンプルの分析結果だけではありませんか。

ハテナと思われるROMの皆さんはこちらをどうぞ
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/911/jones4.html

>「希望的観測に過ぎない」というのはあくまでmsqさんの希望的観測です。

私は、予想ではなく、実際どうかかれているかだけしか興味はありません。サンプルの一つについては、入手の経緯から必ずしもWTCの事件当時のものとは言いがたいでしょう。撤去の際できたスラグの可能性もあるし、モニュメント制作時に生じた可能性もある。またもう一つのサンプルも不明な部分が多い。出所が不明と言うのは致命的です。

>msqさんのPDFファイルの内容の要約が適切かどうかや、msqさん自身の「常識」はともかく、メディアの記事に発表内容のどこまで書かれているかなんて、「裏づけ」有無や内容の確実性とは関係ありませんよ。別に、不審人物からのタレ込み情報などではありませんから。

言ってることが支離滅裂ですよ。つまり何も情報がなくても誰かの妄想を記事にしても確実な事実ですか? モニュメントを削り取ってくる人物が不審人物じゃないのですか?偶然拾ったものなら現場のサンプルとしては価値がかなり低くなるでしょうし。もう一つサンプルについては本来入手できないと言われているサンプルが入手できたこと自体なにか特別なことがあると思うのが普通です。その点の説明は私はみていないし、アノニマスその1さんは説明できない代わりにそういうことは必要ないと言われるわけです。なんか変じゃありませんか? あなたの言っていることは。

裏づけのしっかりしていない報道は信用できないです。良いですか、5W1Hというのは、記事を書くときに必要だとされているのです。それがなければ読者は信用しないと。したがって大いに確実性と関係があります。そういう条件が揃っていないから大手のメディアや信用のあるメディアはこのような事柄を報道しないのですよ。つまり周知の事柄に関する場合以外は5W1Hが揃っていなくては信用されないし、報道もされません。それを報道するのは怪しいメディアでしょうね。また、そういう報道を鵜呑みにするのは危険です。

それらが完備していても全面的に信用できない場合もあるのですから、欠如している場合は信用しないと言うのが普通です。

>「他の2大学」というのはジョーンズ教授の共同研究者ではなく、独立に分析している別のグループかも知れません。

また、「かも知れません」ですか? ともかく分析結果は公表されていないのではないですか。入手経路もまだはっきり示されていない分析結果も示されていないと言うのが現実の事実でしょう。それなら、ジョーンズ博士がWTCの残骸から爆薬の痕跡を検出したなどと書くのはまだ早いのではありませんか? これは、きくちさんに限ったことではなく、ここで取り上げられた参考記事についてもいえます。つまりその表れとして各記事に入手経路などの詳細が書かれていないという「事実」があるわけです。これは非常に初歩的で簡単な理屈ですよ。それを「裏づけがない」といっているのです。

意味が不明の箇所はすべて無視しましたよ。悪しからず。


[オマケ、蛇足かも知れませんが]>人の引用は正確にしていただかないと。上の(1)参照。

(私の前回のコメント)

あなたは以前(At 7/16/2006 1:24 午前, Anonymous said...)以下のように述べています。

"www.prisonplanet.com/articles/june2006/260606hugesuccess.htm
(June 26 2006)
の部分から、他の2大学との共同研究として、独立した(共著の)論文になるのでは予想されます。"

(アノニマスその1さんの At 7/16/2006 1:24 午前, Anonymous said... 原文抜粋)

特にThermateの検出に関しては、私が先に引用した
www.prisonplanet.com/articles/june2006/260606hugesuccess.htm
(June 26 2006)
の部分から、他の2大学との共同研究として、独立した(共著の)論文になるのでは予想されます。

上の私のコメントでは、あなたの原文そのままを、前と後ろを二重引用符で囲ってありますよ。どこが不正確か自分でお確かめください。

イシダ さんのコメント...

私がこの問題に気づいたのは、去年の暮れから始まった、AMLでの議論を見たからです。
http://list.jca.apc.org/public/aml/

AMLは、左派系の代表的MLなので、初めはアメリカの酷さを告発する立場に見えたきくちさんを信じる立場に立つ人が多かったにもかかわらず、具体的な反論が数多く寄せられ、いまではすっかり、911陰謀論がトンデモであるという結論に達して、さすがに最近は誰もきくちさん擁護の投稿をしなくなりました。胡麻さんには、このAMLのログをチェックすることを奨めます。msqさん以外の方も多数書いている、膨大な数の誠意あるコメントを読めば、事実の問題として、911陰謀論がおかしいことは容易に判るはずです。

逆に言えば、去年の暮れまでは、検証が不十分で、911陰謀説は「一応考慮すべき疑惑」ではあったわけです。

なので、週刊金曜日は、トンデモ記事を掲載していたとのことですが、去年の暮れより前のことのようなので、なさけないとはいえ、しかたがなかったと言って良いかもしれません。

問題は今年に入ってからの動きです。今年に入ってから911陰謀説を強力に押し出している人たちは、異常です。

日本語のサイトでは、ここでもたびたび話題に上がっている阿修羅という掲示板で主に911陰謀説が囁かれていることは私も知っています。しかし、特に強く911陰謀説を主張している以下のふたりが、共にホロコースト幻派であることに気づき、驚きました。

ホロコースト幻派の人は、まず、木村愛二氏です。
http://www.jca.apc.org/~altmedka/
「ホロコースト神話」という本を出しています。
この人はいち早く、911はアメリカによる自作自演説だということを主張した「911事件の真相と背景」という本を出しました。

次に、バルセロナより愛を込めて氏です。この人は、アウシュビッツのガス室で人間を大量に殺すのは科学的に不可能だと言っています。
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/767.html
この、バルセロナより愛を込めて氏は、911はアメリカによる自作自演だと繰り返し書いています。

初めは、アポロは月に行っていないの類の、エンターテインメントとしての陰謀論を言い合って遊んでいる人たちなのかと思ったのですが、じつは本気の反ユダヤ主義者のようで驚きました。

私が、AMLを見る限りすでに決着したと思える911陰謀論論争に未だに注目しているのは、この反ユダヤ主義者たちの蠢きに、とてもイヤーな気分になるからです。

さいわいきくちさんからは、反ユダヤ主義的な感覚は感じられませんが、911陰謀論にこれほどまでにこだわり続けているのは、やはり不思議というほかありません。間違えを認めるのがイヤなのか、DVD『ボーイングを探せ』の売り上げが活動資金を生んでいるからなのか、というネガティブな動機以外考えられません。

救いは、ことしの東京平和映画祭では911陰謀論がらみの映画は一切上映しなかったこと。やはり、回りの方たちから、やんわりとたしなめられているのでしょう。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。
こんなところで議論してもしょうがないと思うのですが、

msqさん:
> と言うことは赤い四角印の柱は接合部から分離したということでよいわけですね。つまり他の多数の柱は、意図的な解体でもそうでなくとも同じだと言うことですから。つまり座屈が連鎖的に起きることは当然と言うわけです。

??
柱は真っ直ぐなので、ほとんど座屈が起こらずに接合部が分離したという説ですか?
それはなかなか大胆な説でしょう。

> しかしボックス状の鋼材の柱はどうでしょうかね。

??
何の問題もなくスライドするでしょう。
スライドしなかったら、爆破解体一般がうまくスタートしません。

> ジョーンズ博士は周りの明るさが異なる事を無視して比較しているのですよ。

単なる日陰と屋内の明るさの違いや、アルミだとするとその融点よりもはるかに高温まで加熱されていることに注意しましょう。

> 私は、予想ではなく、実際どうかかれているかだけしか興味はありません。
...

私は、ジョーンズ教授の経歴などから正統の物理学者だと判断しているので、おそらくmsqさんとは評価が異なっており、判断基準も違うのは当然です。
疑わしいなら、論文が出てからご自分で調査されるなり、分析を依頼されるなりすればよいでしょう。

> それなら、ジョーンズ博士がWTCの残骸から爆薬の痕跡を検出したなどと書くのはまだ早いのではありませんか?

論文になって評価が確定する前に、(会員ならだれでもできる)学会発表などがそのまま報道されるケースは日常茶飯事ですよ。
「おもいっきりテレビ」や「あるある大事典」など。
それに、実績のある物理学者の発表は、政治家・官僚や御用知識人などの発言よりもはるかに信頼性があると認識しています。
これは「鵜呑み」とは違いますので、念のため。

> >人の引用は正確にしていただかないと。上の(1)参照。

「希望的観測として掲載されれば」の「希望的観測として」の部分が私の言葉ではないという意味です。

jojo さんのコメント...

一般論として、環境分析や材料中の特定成分の分析などでは「サンプリングが適切であったか」が評価の分かれ目となります。どこを取り出しても全く同じ結果になる気体や液体ならばともかく、固体サンプルは、一見均一に見える材料でも、ミクロ構造が場所により異なる場合があるため、観察領域についての説明にかなりの分量をさくことになります。ましてや、膨大な種類の物質が混在する中での一部分では、そこを分析する妥当性を示さなければ論文は通りません。

WTCで仮にThermiteが使われ、燃焼残灰が残ったとした場合、ビル1つ分のがれきの何%になるでしょうか。たまたま手にしたひとかけらのサンプルにそれが含まれる確率はどうでしょう。その議論抜きには、意味をもつ結果かどうか判断できないでしょう。

また、有機分子のように構造に特異性があれば検出だけで特定できますが、無機物の混合物であるThermiteには、ありきたりの材料には含まれることがないような特徴的な元素が含有されておりません。Thermiteが使われたと特定できるのは、均一な物質について、前後での組成変化を定量的に比較できる場合だけでしょう。

もう一つ、1,3-diphenylpropaneが検出されたことがThermite使用を示すとされている点について。根拠として参照されているOak Ridge National Lab.からのPore size effects in the pyrolysis of 1,3-diphenylpropane confined in mesoporous silicasという論文が手許にありますが、Thermiteとの関連は全く見出せません。(3-phenylpropyl)phenolという分子(1,3-diphenylpropaneそのものではありません)を用い、細孔をもつシリカ材料の表面修飾の新しい手法を開発したという研究で、2003年の論文です。言い訳のしようもなく、普通はこういう発表をしたら研究者生命を断たれます。

ジョーンズ教授は第一線の研究からは退かれた方のようですので、失うものはないのでしょう。「信頼性がある」研究者かどうかは、経歴も重要ですが専門が違いますし、実際の発表内容を見て判断されるほうが良いと思いますよ。

胡麻 さんのコメント...

 msqさんの7月23日午後8:09のコメントに対しての返答です。

 千早さんの7月18日のコメントに対して反論が読みたい、と言ったのは、その内容が非常に重大なものを含んでおり(アメリカ国内での世論調査の結果に関してと、映画「ルースチェンジ」の作者に対する911事件遺族の声)、それに対してのmsqさんの意見が聞ければ、議論がよりはっきりしてくるように思ったからです。もし、msqさんが主張するように、911陰謀論がでっち上げだとしたら、どうして「米成人の7000万人以上が新たな調査を支持」するのでしょうか、どうして911遺族が、ルースチェンジの作者に感謝したりするんでしょうか。あ、それより以前にまず、

 千早さん、世論調査と、ルースチェンジのアヴェリーに対しての感謝の声がたくさん寄せられている、という部分の出典あるいは情報元を教えてください。

 もし上の二つが事実なら、どうしてそうなるのか。南京大虐殺否定論や、ガス室否定論とは根本的に違う何かが動いているのではないか。

 ここで、私の考えを述べれば、やはり政府側が何かを隠しているのではないか(まあいつもの事ですが)。仮に、msqさんの主張通り、911ボーイングのビデオなどの細かい事実に誤りがあろうと、それが即ち政府発表が正しい、という結論にはならないはずです。公式発表がどこかおかしいと感じているからこそ再調査の声が出る。でもそれが実際にどうおかしいかに関しては、一番情報を握っている政府側が黙っている以上、推論の段階に留まらざるを得ません。その推論の一部に過ぎない「911ボーイングを探せ」のビデオの一部の主張に仮りに矛盾があったとしても、それが911再調査を求める動きを否定することにはつながらないはずです。何だか、msqさんの嫌いな南京大虐殺否定派の論理に似てますね。根拠の怪しい写真が一枚でもあれば、南京大虐殺はウソだという論法にそっくりではありませんか。
 しかし私は、実際に何が起こったか、という事に関しては慎重でいたいと思っています。その意味で、「陰謀」論否定派のmsqさんの意見を聞きたいと思ったのですが。うーん、これは言いたくないですが、msqさんの主張は、事実が何か、ということよりも、とにかく、きくちさん及び「911ボーイングを探せ」ビデオがいかに信用できないか、ということにのみ焦点が置かれているように感じられるのです。そのエネルギーはどこから来るんだろう、と思ってしまいます。勝手な感想、失礼しました。

 それとイシダさん、AMLの方をのぞいてみたのですが、AMLの議論はPEPOPというサイトに引き継がれていて、そこでは「911陰謀論がトンデモという結論に達している」感じはしなかったですね。

胡麻 さんのコメント...

追伸です。

 上のコメントを書いてみて、自分がmsqさんに質問して本当は何を知りたいのかがはっきりしてきたので改めて書きます。

 msqさん、あなたの立場が知りたいのです。あなたは911事件の真相は政府の発表通りで、これ以上追及する必要は全く無い、と考えているのか、それとも政府の発表にも疑問点はあるが、きくちさん等の説があまりにもおかしいと思って発言しているのか(その場合政府発表のどこが疑問なのか)。あるいは上の二者以外だとしたらどんな立場なのか。

イシダ さんのコメント...

胡麻さんへ。
以下の2つを混同しているのではないでしょうか?

(1)アメリカ自身の計画に基づいて、ペンタゴンにはミサイルが打ち込まれ、WTCにはリモコンで旅客機を衝突させ、崩壊させるために爆薬が仕掛けられていた。というような911陰謀説。
(2)911その日に起こったのは、公式発表どうりだが、そのことが起こることを、ブッシュ、チェイニー、ネオコン、軍産複合体などは事前に知っていて、それはむしろ自分たちの利益にかなうので、放置していたという可能性。

ちなみに、合衆国に対するテロリスト攻撃に関する米連邦委員会による公式最終報告書
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/english-books/0393326713/reviews/ref=cm_rev_more_2/249-9403490-8729912
には、
「2001年8月には、米国内でのテロに備えよという勧告が政府中枢まで伝達される。ただ、「赤信号が灯っている」という情報機関からの知らせも、国防副長官ウォルフォウィッツの「テロリストは我々の反応を探っているだけだろう」といった言葉と共に受け流されてしまう」
http://shinsho.shueisha.co.jp/campus2/040817/index.html
と、書いてあります。

つまり、公式発表では、テロが起こるよという情報は米政府中枢まで届いていたけど、ブッシュ、チェイニー、ウォルホウィッツらが、まぬけで対処できなかったとしているわけです。でも実際には(2)の可能性もあるわけで、この点を追求するのなら、どんどんやるべきでしょう。田中宇氏などは、(2)の立場で情報を分析しています。

しかし(1)にこだわって出てくるものはヘンなものばかりです。その代表例が、映画『911 ボーイングを捜せ』です。

せいふ発表を信じるか、と問われれば、私は(2)の立場から信じないと答えます。そのためにも、ばかげた(1)を批判するべきなのです。

もう旧聞になりますが、民主党永田議員の偽メール事件を振り返るまでもなく、こういう陰謀論は「こちら側」で批判をすべきだと考えます。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

jojoさん:
> WTCで仮にThermiteが使われ、燃焼残灰が残ったとした場合、ビル1つ分のがれきの何%になるでしょうか。たまたま手にしたひとかけらのサンプルにそれが含まれる確率はどうでしょう。

公式・非公式を問わず、火災では鉄骨は融けなかったということになっているので、thermiteが使用されたという想定の下では、とにかく融解して固まった金属を取ってくれば、飛行機などからのアルミを除いては、まずはthermite反応生成物の鉄が主成分だと期待できるのでは。

> もう一つ、1,3-diphenylpropaneが検出されたことがThermite使用を示すとされている点について。
...

素人なので参照文献の内容にはコメントできないのですが、スライドの話の流れから察するに、微粒子状のsuperthermiteを保持するのにゲル状物質(シリカゲル?)が使われ、WTCの粉塵から大量に検出された1,3-DPPはその保持剤の証拠になるということではないでしょうか。

> 言い訳のしようもなく、普通はこういう発表をしたら研究者生命を断たれます。

これは主張と関係のない文献を挙げたからということでしょうか。

> 「信頼性がある」研究者かどうかは、経歴も重要ですが専門が違いますし、実際の発表内容を見て判断されるほうが良いと思いますよ。

自分の元々の専門でない分野で何かを言う場合は、知り合いや学内の専門家の意見を聞くぐらいはすると思うのですが。

jojo さんのコメント...

アノニマスその1さん。レスをどうも。

> 火災では鉄骨は融けなかったということになっているので、

75ページのFEMAのレポートに、Evidence of a severe high temperature corrosion attack on the steel, including oxidation and sulfidation with subsequent intergranular melting, was readily visible…とありますね。全部はなかなか溶けなくても、表面は随分浸食され、溶解したようですよ。

> 微粒子状のsuperthermiteを保持するのにゲル状物質(シリカゲル?)が使われ、

Sol-Gel法というのは、金属とアルコール類との化合物(ゾル)を水中で分解させゲル状にし、これを加熱して酸化物の結晶や微粒子を作る手法の名前です。
86ページのナノ複合体は、この方法で作った酸化剤(Fe2O3)が形成する骨格のすきまに燃料(Al)が入り込んだものですね。

> これは主張と関係のない文献を挙げたからということでしょうか。

科学的な議論の中で、「騙す」という意図が明確にある、ということです。

> 自分の元々の専門でない分野で何かを言う場合は、知り合いや学内の専門家の意見を聞くぐらいはすると思うのですが。

当然すべきことをしていないのですよ。
信じたいお気持ちはわかりますが…どう思われますか?

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。
jojoさん、ご説明いただきありがとうございます。

> 75ページのFEMAのレポートに、
...
> 全部はなかなか溶けなくても、表面は随分浸食され、溶解したようですよ。

これが未解決の難問の一つで、硫黄の源としてthermateが使われたとすれば容易に説明できるというのが、元のウェブの論文
http://www.physics.byu.edu/research/energy/htm7.html
以来のジョーンズ氏らの主張なわけです。

> 科学的な議論の中で、「騙す」という意図が明確にある、ということです。
...
> 当然すべきことをしていないのですよ。
> 信じたいお気持ちはわかりますが…どう思われますか?

この部分の直接の担当者は(UL社で内部告発をして解雇された)ケビン・ライアン氏とあるのですが、騙す意図がすぐばれるような証拠を一緒に載せるとも考えにくいので、判断は内容の理解を深めてからにします。

msq さんのコメント...

msqです

アノニマスその1さん

>騙す意図がすぐばれるような証拠を一緒に載せるとも考えにくい

例えばジョーンズ論文のこの写真。

http://www.physics.byu.edu/research/energy/9-11%20Picture4.jpg

"01年9月11日午後のWTC 7。背景の右手の超高層ビルがWTC 7である。 WTC広場の地区から見たもの。 (WTC 7 on afternoon of 9-11-01. WTC 7 is the tall sky-scraper in the background, right. Seen from WTC plaza area.)"(訳、D.スペクテータ氏)

と博士は説明しています。これは明らかに「ウソ」です。どの建物も東の壁面に日光がさしています。またチャーチ通り東側のビルの影も出来ています。つまり午前です。またWTC4(左)とWTC5(右)の破損状態からおよそ午前10時から10時半までの間の撮影と推定できます。撮影位置はWTC敷地外のチャーチ通り。9-11Research や wtc7net が、9月11日午後にWTC7で火災がなかったあるいは大きな火災はなかった証拠として使ってきたソース不明の写真です。ニューヨークに住んでいる人ならすぐわかる間違いです。またFEMAの報告書を見れば撮影時期に誰も疑問をもつでしょう。なぜこのような馬鹿げた写真説明を載せたか考えてみたらいかがですか。またこの写真は論文にぜひ必要な写真とも思えません。先に指摘した、WTC2倒壊直前の流れ落ちる熔けた鉄の件にしても、さらに種々の文献の扱いにしても、かなり疑問なものがあります。素人が判断できかねる部分では当然そのようなことがあっても不思議はないとおもいます。ご参考に。

匿名 さんのコメント...

アノニマスその1です。

msqさん:
> 例えばジョーンズ論文のこの写真。
...
> これは明らかに「ウソ」です。

確かに説明が間違っているようです。
一番左の灰白色の柵のように見える残骸がWTCタワーの外壁(perimeter wall)の一部に見えますが、
http://911research.wtc7.net/wtc/evidence/photos/gzlocal_c.html
を見ると、落下したものがWTC4にもたれかかっているようです。気付かれたmsqさんがジョーンズ教授に指摘されてはどうですか?

> なぜこのような馬鹿げた写真説明を載せたか考えてみたらいかがですか。またこの写真は論文にぜひ必要な写真とも思えません。

単に写真提供者の記憶違いか何かを気付かずにそのまま書いたのでは?
これは9/11当日のWTC7崩壊前後の様子を対比させるために載せただけでしょう。

> 先に指摘した、WTC2倒壊直前の流れ落ちる熔けた鉄の件

こちらは、アルミだとするFEMAやmsqさんの説の方が無理っぽいでしょう。
無理と言えば、WTCに突っ込んだ旅客機のハイジャッカーのパスポートが、数ブロック離れた残骸の中から見つかったという発表は、「これはウソ(あるいは手品)です」と自ら宣言しているようなものです。(「ウソ」としてしまうとパラドックスになりますが。)

ワイキキから軽蔑を込めて さんのコメント...

相変わらずお盛んですね、ここは。
しかし、ほとんど影響力はないでしょう(笑)

それよりも、いずれきくちさんもこのブログで紹介されることと思いますが、
元『フォーブス』誌アジア太平洋支局長のベンジャミン・フルフォード著『9.11テロ捏造 日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』が徳間書店から発売されました。
http://www.tokuma.jp/CGI/book/base/books.cgi?proc=4&isbn=4-19-862195-0

せっかくの妨害工作も水の泡ですね(笑)
だって、全国津々浦々の有名書店から中小書店まで、
この本が並べられているのですから、影響力は計り知れないでしょう。
真相を暴く人たちは皆、素顔を公開して、実名でやっています。しかし、妨害工作をする人間たちは皆、素顔を出すこともなく、ほとんど匿名に近い形で、

ほそぼそと

やっております。
なぜか?
それは、いずれ真相がすべて内部から暴露されてしまうからです。

Kotetu さんのコメント...

 目的を達したので逃亡ってことなのかな・・・ (笑)

 AMLでも、チャンスMLでも、ピポップフォーラム「911事件の検証について」でも、さんざんにお咎めされた911『ト』論なのだが、彼自身の『ト』サイトでは、あたかも勝ったようなスタイルで構成されている。

 それを読んだオツムの軽い人々があたかも陰謀論が流行っているかのような誤読をする。

 どうやら、911陰謀『ト』論サイトは、そういう目的のようですね。

 数ヶ月前に、WTCビルは「パネル工法」だとか、「ツーバイフォー工法」だとか騒いだ『ト』も、その点はパスし続けているようです。
 鉄骨(構造)と「パネル工法」や「ツーバイフォー工法」との区別もつかない『ト』が、たかが鉄筋くらいで騒ぐんじゃありません。


・『ト』論サイトのジョーンズ博士の評価も面白い (^○^)

 低温(常温)核融合の分野は、最先端だから疑う業界人も少なくないのだな。だからと言って低温(常温)核融合が『ト』であるとは言えない。実現障壁が高いと思う業界人と、意外と低いと思う業界人の差に過ぎない。

 も一つおまけをすれば、数年前の「低温(常温)核融合失敗」騒ぎは、特定の化合物の反応は凄まじい発熱を伴うという副産物の知見を与えた。
 低温(常温)核融合の分野の先端にいるジョーンズ博士が、そんことを知らないわけがない。なぜなら、この新しい知見は一つの研究分野になっているのだから。まぁ、「瓢箪から駒」ってやつですな。


・解体作業で切断されたという言い訳も面白い  (^○^)

 阿修羅に投稿した下記拙文に対して、愚にもつかない屁理屈を開陳したが、自分で探し出した写真が「解体作業のガス切断ではない」と明確に物語っているのも理解出来ない。
 墓穴を掘ってるってことですな。

「Re: これ、「鉄筋?」の「火薬」の証拠 o(^-^)o 」
http://www.asyura2.com/0601/war82/msg/345.html

「Re: 911『ト』論ストーカーのmsq氏は、切断されたことを認めた。o(^-^)o 」http://www.asyura2.com/0601/war82/msg/509.html


 このブログでも、盛り沢山のお笑いを展開してくれたが・・・、一番の印象は、東中野南京『ト』論と同じ目線、同じ手法の『ト』を展開したってことかな。

 マジに応答するようなものは皆無なので、そのうち欄外付録「911お笑い『ト』論」シリーズでも・・・と思っている次第です。

Kotetu さんのコメント...

 LoveRainはんから、お前はどっちの味方や?とかキョーハクされてしまったので仕方なく投稿しよう。(^^ゞ


「きくちゆみのブログとポッドキャスト」に展開した『ト』の笑劇に関する「阿修羅」への主要投稿


・911事件WTC】火事で鉄骨建造物は倒壊するのか? 神戸市戦災資料より - Kotetu 2006/7/25 00:06:15 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/275.html

・911『ト』論イシダ編】犯人と動機と凶器と手口をゴチャマゼにする思考 - Kotetu 2006/7/24 23:33:27 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/274.html

・911『ト』論jojo編】「きくちゆみのブログとポッドキャスト」に展開する『ト』の笑劇 - Kotetu 2006/7/24 19:59:10 (6)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/271.html

・911『ト』論msq編】今度は、座屈だって・・・ (笑) - Kotetu 2006/7/24 10:19:47 (1)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/263.html

・911『ト』論msq編】地震のエネルギーより、767の衝突エネルギーが大きい・・・と言ってるのかな? (笑) - Kotetu 2006/7/24 19:35:12 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/269.html

・911『ト』論イシダ編】結局、何メートルの穴があいたのかな?(笑) - Kotetu 2006/7/23 02:56:39 (1)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/252.html

・Re: 911『ト』論イシダ編】結局、何メートルの穴があいたのかな?(笑)>念のために - Kotetu 2006/7/23 03:25:22 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/253.html

911『ト』論イシダ編】「きくちゆみのブログ」に展開する『ト』の笑劇 - Kotetu 2006/7/22 22:58:02 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/251.html

・911『ト』論msq編】「きくちゆみのブログとポッドキャスト」に展開する『ト』の笑劇 - Kotetu 2006/7/19 00:32:03 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/231.html

・戦争板のバルセロナより愛を込めてさんへのresです。しゃぶり尽くされた、ピースの足りない、幼児向けジグゾーパズル - Kotetu 2006/7/18 03:30:59 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/224.html

・911『ト』編】週刊SPA!『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』>東中野と同レベルのmsq氏 - Kotetu 2006/7/18 00:28:44 (1)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/213.html

・火薬が使われた痕跡があればジョーンズ氏が紙(論文)に書いたか、口頭発言かなんてどうでもいいことですよねぇ・・・ - Kotetu 2006/7/18 03:26:03 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/223.html

・911『ト』編】週刊SPA!『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』をめぐる場外『ト』論ストーカー - Kotetu 2006/7/17 18:05:07 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/210.html

・週刊SPA!『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』をめぐる場外乱闘編(msq vs. きくちゆみ) - 馬鹿まるだし 2006/7/10 11:09:36 (9)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/318.html

・続きは、空耳板;911『ト』編】週刊SPA!『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』をめぐる場外『ト』論ストーカー に - Kotetu 2006/7/17 18:08:37 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/625.html

・Re: こMSQは脳みその替わりに蟹みそを詰めているようやで。 - 薬痴寺 2006/7/11 06:23:13 (1)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/359.html

・Re: なるほど”the smartest thing to do is pull it.”なんですか - Kotetu 2006/7/14 17:57:21 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/495.html

・Re: 乱闘にはなってないでしょう - Kotetu 2006/7/10 22:23:39 (5)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/343.html

・現在も「孤軍奮闘中」のようです(笑) - 馬鹿まるだし 2006/7/12 06:45:56 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/343.html

・『米国政府製ジグゾーパズル』は『ピース』が抜けすぎ!褒めすぎですよ。(msqのご隠居の茶のみ話には付き合っとれん) - バルセロナより愛を込めて 2006/7/11 21:34:03 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/377.html

・(本文なし)「負かせる」標的を誰におくか、ちゃんと心得てるよねえ…SPA!に訊けよったら(笑)  - 馬鹿まるだし 2006/7/11 00:14:04 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/355.html

・Re: これ、「鉄筋?」の「火薬」の証拠 o(^-^)o - Kotetu 2006/7/10 22:37:37 (1)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/345.html

・Re: 911『ト』論ストーカーのmsq氏は、切断されたことを認めた。o(^-^)o - Kotetu
http://asyura2.com/0601/war82/msg/509.html

Kotetu さんのコメント...

 LoveRainはんから、お前はどっちの味方や?とかキョーハクされてしまったので仕方なく投稿しよう。(^^ゞ


「きくちゆみのブログとポッドキャスト」に展開した『ト』の笑劇に関する「阿修羅」への主要投稿


・911事件WTC】火事で鉄骨建造物は倒壊するのか? 神戸市戦災資料より - Kotetu 2006/7/25 00:06:15 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/275.html

・911『ト』論イシダ編】犯人と動機と凶器と手口をゴチャマゼにする思考 - Kotetu 2006/7/24 23:33:27 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/274.html

・911『ト』論jojo編】「きくちゆみのブログとポッドキャスト」に展開する『ト』の笑劇 - Kotetu 2006/7/24 19:59:10 (6)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/271.html

・911『ト』論msq編】今度は、座屈だって・・・ (笑) - Kotetu 2006/7/24 10:19:47 (1)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/263.html

・911『ト』論msq編】地震のエネルギーより、767の衝突エネルギーが大きい・・・と言ってるのかな? (笑) - Kotetu 2006/7/24 19:35:12 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/269.html

・911『ト』論イシダ編】結局、何メートルの穴があいたのかな?(笑) - Kotetu 2006/7/23 02:56:39 (1)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/252.html

・Re: 911『ト』論イシダ編】結局、何メートルの穴があいたのかな?(笑)>念のために - Kotetu 2006/7/23 03:25:22 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/253.html

911『ト』論イシダ編】「きくちゆみのブログ」に展開する『ト』の笑劇 - Kotetu 2006/7/22 22:58:02 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/251.html

・911『ト』論msq編】「きくちゆみのブログとポッドキャスト」に展開する『ト』の笑劇 - Kotetu 2006/7/19 00:32:03 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/231.html

・戦争板のバルセロナより愛を込めてさんへのresです。しゃぶり尽くされた、ピースの足りない、幼児向けジグゾーパズル - Kotetu 2006/7/18 03:30:59 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/224.html

・911『ト』編】週刊SPA!『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』>東中野と同レベルのmsq氏 - Kotetu 2006/7/18 00:28:44 (1)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/213.html

・火薬が使われた痕跡があればジョーンズ氏が紙(論文)に書いたか、口頭発言かなんてどうでもいいことですよねぇ・・・ - Kotetu 2006/7/18 03:26:03 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/223.html

・911『ト』編】週刊SPA!『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』をめぐる場外『ト』論ストーカー - Kotetu 2006/7/17 18:05:07 (0)
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/210.html

・週刊SPA!『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』をめぐる場外乱闘編(msq vs. きくちゆみ) - 馬鹿まるだし 2006/7/10 11:09:36 (9)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/318.html

・続きは、空耳板;911『ト』編】週刊SPA!『「9.11テロ」5大疑問の"真相"』をめぐる場外『ト』論ストーカー に - Kotetu 2006/7/17 18:08:37 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/625.html

・Re: こMSQは脳みその替わりに蟹みそを詰めているようやで。 - 薬痴寺 2006/7/11 06:23:13 (1)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/359.html

・Re: なるほど”the smartest thing to do is pull it.”なんですか - Kotetu 2006/7/14 17:57:21 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/495.html

・Re: 乱闘にはなってないでしょう - Kotetu 2006/7/10 22:23:39 (5)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/343.html

・現在も「孤軍奮闘中」のようです(笑) - 馬鹿まるだし 2006/7/12 06:45:56 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/343.html

・『米国政府製ジグゾーパズル』は『ピース』が抜けすぎ!褒めすぎですよ。(msqのご隠居の茶のみ話には付き合っとれん) - バルセロナより愛を込めて 2006/7/11 21:34:03 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/377.html

・(本文なし)「負かせる」標的を誰におくか、ちゃんと心得てるよねえ…SPA!に訊けよったら(笑)  - 馬鹿まるだし 2006/7/11 00:14:04 (0)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/355.html

・Re: これ、「鉄筋?」の「火薬」の証拠 o(^-^)o - Kotetu 2006/7/10 22:37:37 (1)
http://asyura2.com/0601/war82/msg/345.html

・Re: 911『ト』論ストーカーのmsq氏は、切断されたことを認めた。o(^-^)o - Kotetu
http://asyura2.com/0601/war82/msg/509.html

Kotetu さんのコメント...

んっ?百万ドルにチャレンジする勇気がない911『ト』論のmsq教祖のことかいな?



 「きくちゆみのブログとポッドキャスト 本日発売の『スパ』に911のこと」http://kikuchiyumi.blogspot.com/2006/06/blog-post_27.html
で、こない↓言われてるのだが・・・ (笑)

>そう、msq氏は私たちの時間とエネルギーを浪費させることに必死です。公安かCIA、
>またはFBIからお給料をもらっているのでしょうか? 

>以前にもCHANCE! FORUM MLで書いた通り、そんなに「公式発表こそが事実だ」と言
>うなら、msq氏はJimmy Walterの100万ドルのコンテストに応募すればよいのです。

>それが出来ないということは、彼自身のその「応募しない」という行動そのものが
>「公式発表が嘘である」ことを証明していますね。

>応募して、100万ドルを手にしてから私たちを批判してください。
>#出来るものなら、ね!
At 7/14/2006 5:04 午後, 千早 said...
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2006/06/blog-post_27.html#c115286429643667558

 つまりぃ・・・、「計画的爆破解体説」を論破できれば、百万ドルが貰えるのねぇ。

 それをしないってことは、911『ト』論のmsq教祖は自説が普通の物理学では歯牙にもかからない『ト』であることを認めているわけです。

 まぁ、ペンタゴンの30メートルに満たない穴に40メートル近い757型がすっぽり入るのか?とか、「フライパス」と普通の着陸との違いがわからないとかの『ト』は賞金の範疇ではないだろうが(笑)、「立てたボールペンを上から押さえれば横に飛ぶ」なんちゅう『ト』は賞金の範疇だろうねぇ。

 まぁ、同グループに子供電話相談室の係りがいれば、「貴方は、金太郎飴で試してみましたか?鉛筆二本を立てて試してみましたか?」といふ御返事があるかも?だが・・・


 ま、msq911『ト』論は総じて「阿修羅子供相談室」のレベルの『ト』と言えましょうな。

Candy さんのコメント...

きくちさん、初めて投稿させていただきます。

私はこの間、「911 In Plane Site」も、「Loose Change 2」も見ましたし、AML、阿修羅やここでの議論もそこそこ読ませていただいてます。ちなみに、英語圏で3年以上現地人と仕事をした経験もありますので、英語力はそこそこあると思います。また、物理学で修士号を取ってますので、科学的考察にも、ある程度は付いていけます。
#こんなことはどうでもいいことですが、ここでは大事な事のようなので、予め表明させていただきました。

まず、きくちさんが、911陰謀説を本気で信じておられ、それを多くに伝えるために全力を尽くされている、その情熱には感服しております。

しかし、もしこれが事実無根のデマであったなら、その説に則った運動を持ち込むことは、平和運動全体にとても大きなダメージを与える事になってしまうという自覚も必要です。なぜなら、事実でないものをベースとして発展した運動は、それが事実でないと明らかになった瞬間に崩壊しますし、それ以前にでも、その推論を信じる・信じないで、平和運動に、もともと無かったはずの分裂を持ち込むことになります。その点を、南京大虐殺幻論と戦っているmsq氏やとほほ氏が指摘するのは、とても大事な指摘であろうと思います。

だからこそ、こういった事を運動に持ち込むには、とても慎重な検討が必要です。もちろん、きくちさんは、それを信用に足ると思われたのでしょうが、それでも、自分の判断が正しかったのかを専門家の意見を聞くなどによって検証すべきですし、キチンとした裏を取るべきでしょう。

少なくとも、裏が取れるまでは、「こういう説もある」という紹介だけにとどめるべきで、「これが事実である」という運動の進め方は避けるべきだと思われます。例え、自分がいかに確信していてもです。「もし自分が間違っていたら?」という想像が必要であろうと思います。

では、現在までに、この説が事実であるとするだけの根拠が示されているかどうかですが、その時に、私が特に注目するのは、そこに『蓋然性』があるかということです。つまり、911が陰謀論の説明どおりだったと仮定すれば、実際どうなるのかという点です。

そういう視点で考察すると、陰謀説は、とても『蓋然性』に乏しいことに気がつきます。

まず、陰謀論に基づくと、一体どれだけの協力者が必要になるのだろう?という疑問が湧いてきます。

例えば、あのビルに多数の爆弾を仕掛けるだけで何人の作業員がいるのか?どう考えても100人じゃ足りない。それ以外にも多数の陰謀協力者、しかも、一般市民の協力者がいないと911陰謀説は成立しません。その多くの一般人たちが、同胞をあれだけ犠牲にした事件について、ずっと口を閉ざしていられるだろうか?という疑問です。

また、飛行機が突っ込んだだけで十二分にテロへの恐怖を植えつけれられるのに、なぜ、わざわざ難しい爆破解体をする必要があるのか?つまり、不必要なことを、なぜばれるリスクを犯してまでする必要があるのか?
という疑問も生じます。

これらは、私が陰謀説の「蓋然性」が乏しいと感じるほんの一例です。もし私がブッシュなら、どう考えてみても、アルカイダなどのテロリストを裏から操って実際にテロを起こさせる方が遥かに簡単で安全です。

ここに説得力がない限り、「911陰謀論」を私は支持するわけにはいきません。そして、そのような現状では、もし陰謀論が間違っていた場合の運動への影響を、きくちさんレベル運動家なら、やはりきちんと押さえて、慎重な行動=「説の紹介だけ」に留める必要があるのではないかと思います?

ましてや、陰謀論に疑問を呈する人たちを、CIAのスパイ呼ばわりしたり、汚い言葉を浴びせるなどというのは、あってはならない事だと思います。

匿名 さんのコメント...

WTCに突入した2機目の飛行機はCGです。