2006/08/30

九条の会・流山で講演します

今週土曜日、千葉県の流山に発足する「九条の会」でお話をします。「はるかぜ」というコーラスグループの合唱付き!です。午後1時半から始まって、私の話は二時頃からでしょうか。映像を交えておよそ2時間お話します。場所は、つくばエクスプレスセントラルパーク駅前にある生涯学習センターです。

九条の会のJPG

今や地域の九条の会は5000をはるかに越えたそうです。すごいですね。これからも改憲の発議をさせないよう、また国民投票でも勝てるように、どんどんこの運動を広げましょう。わたしが注目しているのは、斎藤貴男さんが言っていた経営者九条の会。それから商社九条の会。もうできたのかしら?調べてみよう。

経営者九条の会は、http://www.heiwa.net/backnum/200607.htmlにあった。品川正治さんがやっているのね。さっすが。
商社九条の会は、赤旗が報じていました。行きたかったな、この講演会。

流山は同じ千葉ですが、ここ安房鴨川は一番南、流山は一番北。どうやっていったらいいのか、検討がつきません。あちらのほうにいくには、おそらく、4、5本の電車を乗り継いで、3時間ぐらいはかかるでしょう。

テーマはこの国を「戦争する国」にしないために、です。

で、ちょっとした事件がありました。この講演会を後援していた流山市教育委員会が、直前になって後援を取り消したのです。理由は「政治的だから」とのこと。憲法を守ろうという集会が政治的だ、という理由で後援を取り消されてしまうのなら、お先は真っ暗です。憲法は私たちのみんなのもの。それを守る義務は政治家や公務員こそあるのです。そして私たち市民は不断の努力でこれを守る(というより、守らせる)必要があります。

新聞記事にもなったので、記事を検索したのですがありませんでした。その代わり、これを見つけました。
経緯が詳しく書かれておりますので、読んでみてください。

これから私がいく先々で後援が取り消されたりするのかなあ。でも、全紙がこのことを報じてくれたから、却って広報になったのではないかしら?と、楽観的な私。

発足を呼びかけたチラシにあった茨城のり子さんの詩です。

 わたしが一番きれいだったとき
 街々はがらがら崩れていって
 とんでもないところから
 青空なんかが見えたりした

 わたしが一番きれいだったとき
 まわりの人達が沢山死んだ
 工場で 海で 名もない島で
 わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

 わたしが一番きれいだったとき
 だれもやさしい贈り物を捧げてはくれなかった
 男たちは挙手の礼しか知らなくて
 きれいな眼差しだけを残し皆発っていった

4 件のコメント:

通りすがり さんのコメント...

はじめまして、911、捏造 というキーワードでネットサーフィンしてたらココにたどり着きました。
9条の講演会で流山市の後援を取り消されたということですが、そりゃ当然ですよ。ご存知ですよね、25年前、流山南部中学校の有名な校則、国旗掲揚と格納の時には日の丸に向かって直立不動の体勢をとること、なんていうのがあったことを。あそこの教育委員会は変です。右翼の巣窟です。
よりによって流山市でこんな講演会やることもなかろうに。ゆみさんがそこまで狙って流山を選んだならそれはそれで凄いことですけど。

Yumi Kikuchi さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。
Yumi Kikuchi さんのコメント...

へえ、そうだったんですか。知りませんでした。講演会は自分で営業とかしないので、「狙って流山を選ぶ・・」、なんてしないですよ。講演依頼があったところに、体が空いていれば行くだけです。今はとても忙しいので、早く冬にならないかなあ(日本を離れるので)、って思っています。ゆっくり次の本を書きたいです。ここの暮らしのことを。

peace-wind さんのコメント...

こんにちわ!
「商社九条の会・東京」のホームページを昨年11月末に立ち上げましたので、お知らせします。
http://www.peace-wind.org/
是非ご覧になって、感想等頂ければ幸いです。
本日、検索チェックをしていたところ、きくちゆみさんのサイトに行き着き、商社九条の会のことが載っていたので、早速ご連絡しました。
これからも魅力的な講演会等を企画していきたいと思いますのでよろしくお願いします。