2010/12/21

「責任」と非暴力コミュニケーション/『ZERO:9/11の虚構』上映予定

最近、私の911事件に関する言論活動について、私と一緒に仕事をしていない人たちから「こうすべき」「ああすべき」と、いろいろな注文が届きます。私は世界貿易センター(WTC)の崩壊に爆発物が使われたと疑っているし、ペンタゴンに突っ込んだ飛行物体がボーイング757ではないと疑っていますが、そのことに対して「陰謀論」「カルト」「プロパガンダ」とか言われています。

また逆に米国政府の陰謀があったことを確信している人たちからは、「スパイ」「工作員」などと言われることもあります。

このことを友人に漏らすと「ゆみさん、スパイなんてカッコいいじゃない。昔からスパイは美人で頭がいいんだから、光栄に思えばいいですよ」だってさ〜 ^^。

確かに、そんな風に思えば心が軽くなります。

「無責任な言論をまき散らしている(やめるべきだ)」と言われたりすると、ちょっとへこむのですが、「責任」ってなんでしょうね。

私が知りたいこと(911の真実)を調べて発表すること(海外の本やDVDを翻訳すること)は無責任なのでしょうか。確かに、911事件でWTC崩壊に爆発物が使われていたなんてことが本当だとしたら、これまで信じて来たことが崩れてしまうので(多くの人は)不愉快なのかもしれません。「ありえない」「蓋然性がない」という言葉にそれが現れています。

今朝、子どもたちが私の布団の中に入ってきたときに、私の考える責任について話をしました。

「私は人間の責任は2つあると思うの。
幸せであること(幸せになること)と健康であること(健康になること)。
これは権利でもあると同時に、その人の責任なの。

私の感情(気持ち)は誰かが何かをした(言った)せいにはできないの。ママが自分の心の平安を保つのはママの責任なの。前はよく、「マナがxxしたからママは怒っているのよ」って言ってたけど、もう言わないよ。

悲しかったり怒ったりするときは、満たされないニーズがあるサイン。これからはそのことを伝えるようにする。例えば、ママがお仕事の出張から帰ってきたときに家が散らかっていると、よく「片付けなさい」って怒鳴っていたよね。それは、ママには家に帰ってホッとしたい、休息したい、というニーズがあるからなの。家がごちゃごちゃだと落ち着かなくて休めないのね。そのことを今度から伝えるようにする。今まで怒鳴ってごめんなさい。

ともかく、あなたたちに伝えたいことは、幸せで健康でいることはあなたの権利で同時に責任だ、ということ。幸せなときは、不平不満とか、批判やイヤミ、皮肉や悪口を言う必要がないのよ。心の平安を保つにはいつも自分の気持ちとニーズに意識を向けて、同時に相手の気持ちとニーズにも気づいていることが大事。そして、人に対しては、批判や命令ではなくて、リクエスト(具体的で、実現可能なお願い)をするのよ。ママはそれができるようになりたくて、来年もNVC(非暴力コミュニケーション)の勉強を続けることにしたの」

と話しました。

果たして、小学校3年生と4年生の子どもたちに、どれぐらい伝わったでしょうか。

というわけで、私は来年もNVCのリーダーシップトレーニングを受けます。また1年間米国に通うので、行ったり来たりの生活になります。その度に空港で「パンツの中まで見えるボディースキャナー」を受けるのがイヤなので、どうしようか思案中。

さて、『ZERO:9/11の虚構』の上映は、年内一杯、名古屋のシネマスコーレにて。そして札幌のシアタ—キノは12月25〜30日の限定6日間、午後7時20分から1日1回の上映です。予告編なしでいきなり始まりますので、最初から観たいかたは時間までにお席についてください。
http://zero.9-11.jp/

年明けは、やっと関西で初上映ですよ!
テアトル梅田 [ 大阪府大阪市 ]2011/01/29(土)〜
(いつまでか聞いてアップします)

2011/01/17(月)〜 01/28(金)
下高井戸シネマ [ 東京都世田谷区 ]

2011/02/12(土)〜 02/18(金)
ポレポレいわき [ 福島県いわき市 ]

2011/02/19(土)〜 03/05(金)
シアター・イメージフォーラム [ 東京都渋谷区 ]

が決まっています。地方は集客が難しくてたいへん。でも、不特定多数の方に見ていただける劇場上映を、来年の9月11日までは続ける予定です。


*あなたの応援が励みになります。ありがとうございます。クリックしてくださるとメディアからは伝わりにくい大切なことが伝わる助けになります。

2 件のコメント:

Yumi Kikuchi さんのコメント...

坂本さんから以下のコメントをいただきましたが、エラーが出てなぜかアップできません(ので、私がそのまま以下に貼付けます)。
ーーーーーーーーーここから:

はじめまして坂本峰夫と申します。
きくちゆみさんのブログは1年以上前から、必ず毎日見て楽しませていただいたり、勉強させていただいています。
そして、ゆみさんが、世界の人の為がんばってくださる事を感謝しています、そして心から応援いたしております。
本日のコメントにスパイとありましたが、その事について、1つお聞きしたい事があります、それは、WTCに水爆が使われたとリチャード氏が言っておられます、私もその可能性が高いと思っているのですが、ゆみさんはどのように考えていらしゃいますか?
もしすでに水爆説を知っておられて、それでも、その事に触れないとするなら、何故なのでしょうか?
ぜひ、お教えいただきたいのです。
突然勝手なお願いをいまして申しわけないのですが、おしえてください。
私はゆみさんがスパイだとは思っていません
しかし周りのひとはそのように言う人がいます、だからなをさら知りたいのです。
ーーーーーーーーーーーーここまで。

坂本さん、応援をありがとうございます。私のディープニーズは平和です。子どもたちを平和な社会で育てたい、この地球(の環境)は大丈夫だよ、って心から言いたい。それだけです。現状は戦争だらけ、いじめだらけ、争いだらけ、そして環境破壊は止まらないで、どちらもかなっていません。だからいろいろやっています。

コシミズさんが私のことを工作員とかスパイとか言っているのは知っています。でもうろたえないのは、私は違うからです。スパイとは誰かに雇われて報酬と引き換えに情報かく乱とか秘密情報を渡したりとかするのでしょう?私は誰にも雇われていないし(私の作品を買ったり、私の企画に参加した方から代金はいただいているけど)、秘密情報にもアクセスできませんから、「スパイ」の仕事をする能力もありません。

「純粋水爆説」を言わないのは、私自身にそれを確かめる術がまだないからです(誰かの説を鵜呑みにすることはやりません)。また、911事件の公式説に嘘があることを広く一般に広めることで、対テロ戦争の一時停止と事件の再調査を求めている私たちにとって、水爆説を言うことが有効かというと、そうとも思えません。殆どの人に「トンデモ」と片付けられてしまいます。「WTC崩壊に爆発物が使われた」ということでさえ、常識的な方々は嘲笑するし、なかなか理解してもらえないのです。それが現実です。

コシミズさんと私では情報の取り方に大きな違いがあります。私は自分が翻訳して広めているDVDや本については、それを作った人や書いた人に必ず会いにいき、その人物が本物かどうか(実在しており、その人の真実を語っているか)自分の目で確かめる、ということを必ずしています。会いにいけないときは、せめて電話で話します。

ネットだけの情報だと、その人物がどんな人かわからないし、偽情報のときもあります。リチャード・ゲイジ氏、デヴィッド・レイ・グリフィン博士、スティーブン・ジョーンズ氏、ウィリアム・ロドリゲス氏、ルースチェンジをつくった3人、アレックス・ジョーンズ氏、などです。

コシミズさんは、おそらくそういうことはせずに、ネットで得た情報だけでどんどん独自の考えを発表されていますよね。「ネットジャーナリスト」ですからそれでいいのかもしれませんが、私はそういうことはしません。私とはスタイルが違うのです。そこをご理解ください。

コシミズさんは独立党を作り、たくさんのサポーターを得て、彼独自の言論活動をされ、たくさんの人を「マスコミ情報を疑う」ということに導いています。そのことは素晴らしいと思います。ただ、私がスパイだというのは誤情報なのででそれを流し続けることは、ご自身の情報の不正確さを暴露することになるので、やめたほうがいいのにな、とは思います(お会いする機会があったら、そうお伝えください)。人の口に蓋はできませんから、仕方ないですけどね。

世の中のあらゆることは因果応報、原因と結果の法則があてはまります。「すればされる」「自分の出したエネルギーが自分に戻ってくる」のです。私もそのことを肝に銘じて、情報発信をはじめ、これからも「心からやりたいことをやり、みなさんにお伝えしたいことを伝え」ていきます。

私が確証を得たときには、水爆説も言うでしょう(米軍がどんな秘密兵器を持っているのか、私には知る術がありません)。911事件の現場で救助やクリーニング作業に従事した方々や周辺住民の多くがガンで亡くなっています。ジョーンズ博士にチリのサンプルを渡したマッキンレーさんも数日前に亡くなりました。911事件で発生した放射性物質や化学物質などの発がん性物質を疑って、徹底的な調査と病人の救済・補償をする必要があると私も思います。対テロ戦争に無駄金使うのではなくてね。

WTCは建築の前から解体方法を当局に提示して許可を得ており、それが小型核を使った解体だ、と言っているロシア軍関係者の証言は興味深いです。でも、これだって「偽情報」かもしれないから、確かめられるまで言いません。

いつも私のブログを読んでくださって、どうもありがとうございます。良いお年をお迎えください。

峰夫 さんのコメント...

きくちゆみさん、早速に親切な返事を返していただき感謝しております。
私の質問に関してのご返事すべて納得いくものでした、いま多くの方のゆみさんへの誤解が無くなる事を願っています。
私は以前独立党ブログにマシュー君のメッセージを紹介したくてコメントを投稿した事がありましたが残念ながら掲載されませんでした。
なぜ投稿したかと申しますと、輿水さんはじめ独立党の方々が、現在の世界の問題点が何であるかを広く解き明かしてくださっているのは有難いと思っていますが、
その考え方の視点が、日本中心であったり、個人中心であるように感じられました。
そこで、少し視点を広げていただき、世界、宇宙、そしてすべての為、さらに霊的な考えの上で、たくさんの方を目覚ませていただき、平和へと導いていただきたかったからなのです。
私も約10年ほど前より神との対話シリーズを読んでおりまして、究極において善悪はなく、この世は経験するための世界であると頭では理解しておりますが、少しでもこの世界から争いがなく平和で過せたら良いなと思ってります。
私もゆみさんの色々な活動に参加したいと思っておりますが、海外で生活をしておりますので、経済的にもそう簡単にいく事が出来ませんが、いつかお会いしてご指導いただければと思っております。
丁重なコメントのご返事ありがとうございました。

坂本峰夫 オーストラリア田舎町より