2008/11/18

新スタート:元気いっぱい きくちゆみセミナー

今月、11月27日から地球光創村(ちきゅうこうそう村)主催の「元気いっぱい きくちゆみセミナー」がシリーズでスタートします。普段の講演会とは違う、「ホントにやりたいことをやって生きる」コツや、わたしの元気(健康)の秘訣を知ってもらい、より健康的で生き甲斐のある人生を送ってもらうことを目指したセミナーです。

生き方、健康法、子育て、環境や平和のボランティア活動と執筆や講演や通訳・翻訳などの仕事のバランスの取り方など、多岐にわたるお話をさせてもらいます。

これから就職をする学生さんにも、社会人になったけれどまだ自分の本当にやりたいことがわからない人にも、やりたいことはわかっているけどなかなか実行に移せない人にも、子育て中の方にも、子育てが終わって自分の人生を歩もうとされている方にも、何かヒントになるでしょう。
http://www.iloveeco.jp/menu/community/s_sustainable.php
このセミナーは参加してくれたみなさんと共に創りあげていきたいと思います。お申込はこのメールアドレスへ。

また、12月23日からは全6回シリーズの「輝くあなたを生きる!!喜びの人生を手に入れるワークショップ」も始まります。こちらは激動の今をどう生きれば、あなたが自身が輝いて生きることができ、結果として喜びに満ちた人間関係やより調和した地球社会を手に入れられるかがテーマです。

**ごめんなさい!この企画は講師の出張のため中止(延期)になりました**(12月6日記す)

ファシリテーターはコーチングインストラクターやセラピストとして活躍する愛川みちるさん、自給自足の生活とホ・オポノポノを実践し伝える森田玄さん、そしてわたしの3名です。定員は20名ですので興味のある方はこちらへメールをくだされば、詳細をお伝えします。

第1回2008年12月23日(火/休日)午後2時から9時(夕食1時間)
第2回2009年1月11日(土)午後2時から9時(夕食1時間)
第3回2009年1月12日(日)午前9時から午後4時(昼食1時間)
第4回2009年2月1日(日)午前9時から午後4時(昼食1時間)
第5回2009年2月22日(日)午前9時から午後4時(昼食1時間)
第6回2009年3月15日(日)午前11時から午後6時(昼食はローフードを一緒に作って食べます)

でいずれもワンデイ(全7時間、休憩1時間)のワークショップですのでピンと来た方は今から日程を空けておいてくださいね。1月11−12日は続けて行うので合宿形式になります(都内のお近くの方は通いも可能)。また、最終回(第6回)は鴨川のハーモニクスライフセンターでローフードの実践(つくり方)についても学びます。第1回から5回はすべて都内の会場です。

「輝くあなたを生きる!!」ワークショップに参加する方々はおそらく家族のようになるでしょう。「健康、環境、平和」を大切している仲間たちとの出会いを求めている方も、どうぞご連絡ください。

*ワークショップの申込み先はそれぞれ違いますので、お間違えないように。

*応援のクリック、ありがとう!人気Blog Rankingが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

4 件のコメント:

空き缶拾い さんのコメント...

ゆみさん

メアドが分からないので、一番新しい記事に書く不合理をご容赦下さい。

昨日衆議院を通過した、「国籍法の一部を改正する法律案」をご存知ですか?

もしご存知無ければ、下記にある記事を転載しますので、お読み下さい。

-----------------------------------
【重要!一読して下さい!】

  日本の根幹に関わる非常に危険な法案が国会で通ろうとしています。
「父親が認知さえすれば、日本国籍取得」 という『国籍法改正案』です。
これにより日本国籍は誰でも簡単に取れるようになってしまいます。


■方法はとても簡単です。

1.外国人母が自分の子供は日本人男との子だ!と訴えます。 真偽はどうでもいいです。

2.ホームレスの人にお金を渡し、認知させます。

3.そうすると、例え本当の父親が誰であろうが日本国籍を取得できてしまいます。
例え中国×中国人との子供だろうが、ホームレスが認知すれば誰でも日本人です。

4.子供が日本国籍になれば、その母親が日本に住むのは非常に容易になります。

5.生活保護受給者の増加。治安の悪化


■またこの法案を認知ビジネスとして仕事にする人間が出て来る可能性も極めて高いです。
一度日本国籍を手にした人は、後に偽装認知が発覚した場合でも取り消す事は極めて困難になると予想されます。

■どうにかできないの?
 DNA鑑定をしてからの認知、または父親に扶養の義務を課せるなどの方法があります。
 しかしDNA鑑定の義務づけもなく抜け穴だらけのまま通ろうとしているのが現状です。

なお罰則は懲役一年以下または20万以下ととても緩く、まったく罰則の役割を果たしていません。

 50万あげるから認知をして!と言われたら、あなたはどうしますか?
 将来的に間違なく大変な事になります。

 皆さん、どうかこの危険な法案を一人でも多くの人に伝えて下さい。
 人権擁護法案、外国人参政権、移民法などと同じくこの法案をマスコミは報道しません。
-----------------------------------
人権擁護法案の時と同じで、多くの議員や国民の知らぬ間に「す~」っと通そうとしているのが見え見えです。

たくさんの人が見る、こちらのコメント欄で公開して頂ければ幸いです。

アナーキーJ さんのコメント...

空き缶拾い様

貴殿は、どのような人が日本国籍を取得すべきだとお考えでしょうか?
逆に、日本国籍を与えるのはどのようなグループ(条件)に特定すべきだとお考えでしょう?

なぜ外国人が日本国籍を取得すると生活保護受給者が増加し、(日本の)治安が悪化するとお考えでしょうか?

空き缶拾い さんのコメント...

アナーキーJ様

回答致します。

私は特に日本国籍の取得を許容すべき明確な範囲のビジョンというものを持っている訳ではありません。ただ、今回の改正においてはその要件があまりにも緩いために、犯罪に利用される可能性が高く、その危険性を認知すべきと思い掲載をお願いしたのです。

治安の悪化については、犯罪に利用されることが多ければそれだけ治安が悪化したことになるとの認識からです。

但し、外国人が日本国籍を取得することが即、生活保護受給者の増加に繋がると考えている訳ではなく、DNA鑑定等の網を掛けないと、生保受給の為だけに安易に日本国籍を取得しようとするようなケースを排除できない、という意味です。

もしも、当方の記述により不快な思いをされたのであれば、申し訳ありません。

アナーキーJ さんのコメント...

空き缶拾いさま
> もしも、当方の記述により不快な思いをされたのであれば、申し訳ありません。

とんでもございません。ありがとうございます。
国籍というのはどのような基準で条件を設けるべきかという問題に興味があっただけです。
もし、深読みを強いるような記述になっていたとしたら申し訳ないのはこちらです。

昔の日本は父性血統主義をとっていたので、日本国籍の母の元で日本で出生しても父親に日本国籍が無ければその子が日本国籍を取得する事は出来ませんでした。
これは明らかに性差別になるので、近年(1984年)国籍法が改正されました。

以前の職場の同僚が米国へ出張へ来てパスポートを紛失しました。
彼は韓国籍両親の元で日本で生まれ育ち日本名の通称名を使う韓国籍者で、『母国』日本へ『帰国』する為には、在米韓国領事館と在米日本領事館の両方へ出向き、韓国パスポートの再発行(読めない書けない話せない彼は手続きにかなり苦労したようです)と日本への『再入国許可証』の発行手続きが必要でした。

日本から留学に来ていた韓国籍三世の女子学生から「子供に私と同じ思いをさせたくないから、(まだ見ぬ)結婚相手は必ず日本国籍の男性」と心に誓っていると聞いた時には何とも言えない思いが残りました。

知人の職場に居た日本生まれ育ちの韓国籍女性が米国永住権を申請していたのですが、条件不備で却下され、既にオーバースティになっていた彼女は読み書き会話が出来ず、知人も親戚も居ない『母国(韓国)』へ任意送還されてしまいました。

日本では韓国籍・中国籍の問題が多いでしょうが、近年では日本生まれのブラジル国籍、日本生まれのフィリピン国籍の子供たちも増えていると思います。

空き缶拾いさまの懸念も理解できるのですが、前提となる『(日本)国籍とは何なのだろう?』という部分の解明が無いと、『外国人への参政権』という常識外の発案が生まれたりする事も否定できないような気もするのです。

米国に帰化した私は(日本人の)知人から「日本とアメリカとどちらを母国だと感じますか?」と頻繁に尋ねられます。
『母国』とは何を指すのかという明確な判断が付かない私は「日本国籍は自分の意思での取得ではないけれど、米国籍は自分の意思で取得しました」と答えています。

国籍って一体なんなのでしょうね・・・・・
自分自身のアイデンティティの中ではかなり低い場所に位置していますが、公的書類上の私のアイデンティティとしては最高値に位置しているのかも知れません。