2009/03/22

♪ 脱パンとあわびらき@風流 ♪ - 60分20秒 - 14 MB

PodCast GIF

中山康直のJPG

今日のタイトルの意味わかります?きっと多くの人にとっては意味不明。そして、何のことだかわかる人は、おそらく中山康直さんを知っている人でしょう!

実は昨日、育江さんが房総半島白浜(最南端)根本にオープンしたギャラリー「風流」でお披露目の会があって、子どもたちを連れてお祝いに行ってきました。そこはまるで魂の同窓会のようで、暴力的で自滅型の今の世界を卒業して、もう一つの持続可能な世界に向かって歩み始めている、私の古くて新しい仲間たちが集っていました。

南房総にはすでに暴力や搾取をしないですむ新しい世界へ足を踏み出している方が大勢暮らしています。金融危機などで崩壊していく今の世界とは別のもう一つの世界がすでにある、といってもいいぐらい。

昨日の餅つきでは、本当にそういう思いを強くしました。そしてこの動きは世界的。あちこちで同じような動きが始まっている(今朝、ポートランドのブライアン・ウイルソンさんをインタビューしたのですが、彼もまさに同じようなことを志し、実践していましたので、うれしい)。

晃くん、育江ちゃんのJPG
我が家で中山さん、サヨコさん、丸山夫妻と一緒にローフードの会をしました

餅つきをしていたら、サヨコ・オト・ナラのオトさん(今度、大阪アースデイでご一緒します)が「やー、ゆみさーん」とやってきました。ここでも会えるなんて本当にびっくり!

そして、国分寺からはかつてプルトニウム輸送反対の訴訟のときにお世話になった丸山弁護士夫妻もいらしていて、なんと17年ぶりの再会。丸山さんは今日のポッドキャストでインタビューしている古神道や麻(ヘンプ)に造詣の深い中山さんと共著で『地球維新』を出しています。

中山さんと最後にお会いしたのは、確か2000年のいのちのまつりのときだから、9年ぶりの再会。でもわたしのことをよく覚えていてくれたし、このブログも時々チェックしてくれている、と聞いてうれしくなりました。

中山さんこそ、今や感度の良い人の間では大人気の「フンドシブーム」の火付け役(私は育江さんから教えてもらったのが最初)。どうしてフンドシがいいのかは、あとでポッドキャストを聞いてください。

昨日は玄米や赤米(育江さんと晃くんが育てたもの)の餅つきに始まり、和太鼓の演奏や鴨川で草木染めの衣をパートナーのきったさんと一緒に作っている沢さんのアコースティックライブ、そして最後はなんとサヨコ・オト・ナラのライブで午後2時から10時半まで(わー、8時間半も)大いに盛り上がりました。

サヨコさんは私に会うや否や「ゆみさん、ありがとう!わたし今ローにはまっていて、すっごく調子いいの」と、手づくりのブラウニーをごちそうに。彼女のボディーラインがウエストの辺りが女性らしくほっそりして、ますます女神のようになっていました(なんせ彼女の歌は天から降りてきています)。

今日、3月22日は館山のロックシティーで「あわあわマーケット」に旅人・あこちゃんの付き添いで参加します。そして、今夜は、サヨコさんと中山さんと丸山弁護士夫妻とゲストハウス「あわじゃ」のご夫婦が泊まりにきます。今夜も盛り上がりそう!

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2 件のコメント:

Reiko in Kurihama さんのコメント...

ゆみさんへ

聞きましたよ、ポッドキャスト、最後まで。
尻切れトンボだったので、続きが知りたいよ~(笑)
中山くんに会って続きを聞きたいね (*'-'*)♪

Yumi Kikuchi さんのコメント...

最後まで聞いてくださって、ありがとうございます。中山さんの話は本当に抱腹絶倒ものですので(笑いすぎて、お腹が筋肉痛)、どこかでチャンスをつくって聞いてくださいね。今回、我が家にも泊まってもらって、意気投合しましたので、彼と一緒に何かをやろうと思います。そのときはまたブログでお知らせしますね。