2012/02/24

自由報道協会での記者会見に注目!週刊文春の“「甲状腺がん」の疑い!”の記事に関して

Bay NVCのリーダーシッププログラムの合宿のときに、私が「このままでは日本の子どもたちが放射能で殺されてしまう」「日本の子どもたちを放射能から守りたい」、ということを主張したときに、守りたいという気持ちはわかるけど、本当に本当に殺されるの?あなたが守れるの?そんなこと、あなたができることなの?あなたが守らなくてはならないのは、あなた自身の子どもなんじゃないの?と、言われたことがあります。

私はそのとき、遠く離れた自分の子どもたちのことを思って、涙が出ました。

確かに私は、放射能汚染地域から妊婦と子ども連れ家族を疎開・避難させたくて、「つなぐ光」を立ち上げました。これまでたくさんのちびっ子たちを含む200人ぐらいの方に沖縄に行っていただくことができました。

でも、現実は厳しい。福島には200万人以上が今も暮らしているのです。避難解除された地域に、人々は戻っています。放射能は今も漏れ続けています。

できれば30万人の小中学生だけでも集団疎開してほしい。けれど、現実は・・・。
このギャップが私を打ちのめします。問題のあまりの大きさと自分のあまりの非力さに。

人は切羽詰まると余裕がなくなって、暴力的な言動になりがちです。そういうときは、自分のコントロールの利かない他人にむかって「あなたは〜すべきだ」を連発したりします。そんなことを言っても、その人が変わるわけがないのに!

私はずっと相手に無理な要求をつきつけてきました。それでは相手に伝わらないし、つながらない。だから、熱い思いだけはいっぱいあっても、いろいろやりたいことが実現できていないんだな〜。
(ちょっとは、実現できたこともあるけれど)

世界の原発はまだ止まってないし
プルトニウム輸送も止められなかったし
911の真実なんて、もう誰も興味ないし
森林破壊も止まっていないし
海の汚染は放射能も加わってますます深刻だし
戦争を止めるなんて夢のまた夢だし

大地震の来る前に日本の原発止めたかった。このことでは、私はずっと悲しみを抱えて生きていくのだと思う。
でも、生きている間は、自分ができることを続けようと思う。身の丈にあった活動を。

というわけで、2月25日の自由報道協会の記者会見を注視しています。

ーーーーー以下、転載:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自由報道協会主催記者会見情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
報道各位

2月25日(土)19時より、おしどりマコ氏・「週刊文春」編集部緊急記者会見を行ないます。
会見では、「週刊文春」3月1日春の特大号(2月23日発売)の“郡山4歳児と7歳児に「甲状腺がん」の疑い!”の記事に関する質疑応答を予定しています。
参加を希望される方は事前に下記注意事項をお読みになり、協会事務局までお申し込み下さい。

[日時]2012年2月25日(土)19時~(18時受付開始)
[会見者]おしどりマコ氏・「週刊文春」編集部
[会場]麹町報道会見場
    東京都千代田区麹町2-2-4麹町セントラルビル2F
    東京メトロ半蔵門線・半蔵門駅下車。3a出口より徒歩約1分。
    東京メトロ有楽町線・麹町駅より徒歩約4分。
[申込方法]「会見参加登録#1」(http://fpaj.jp/?page_id=17)より、件名を
「2月25日おしどりマコ氏・「週刊文春」編集部緊急記者会見」と
し、必要事項を記入の上、本人がお申し込み下さい。
      会場に余裕があれば当日参加も可能です。
[申込締切]2月25日(土)15時
[主催]社団法人自由報道協会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 社団法人自由報道協会( FPAJ )事務局
 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-9-1メゾン平河町201号
 Tel.03-5213-4888 ◆ Fax.03-5213-4989
 http://fpaj.jpinfo@fpaj.jp
 自由報道協会の活動は皆様のご支援で支えられています
 寄付については http://fpaj.jp/?page_id=75 をご参照下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


*読んでくださって、ありがとうございます。あなたの応援がブログを書く励みになりますので、下の緑のボタンをクリックしてくださるとうれしいです。

3 件のコメント:

名前 さんのコメント...

いまからでも間に合う! 家族のための「放射能を解毒する」食事(講談社)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2174642

すみこaka銀龍 さんのコメント...

はじめまして。アメリカ在住の主婦です。最近NVCをはじめました。先生は友人のジェニファーです。彼女にきくちゆみさんのサイトを紹介されました。NVCはまだ身についていません。学ぶのが苦しいこともあります。
こちらのブログに来て、海外からも日本のためにできることを探してみようと思います。

Yumi Kikuchi さんのコメント...

コメントありがとうございます。
放射能を解毒する食事、って科学的には証明されていないのだろうけれど、実践的、実証的には日本には広島・長崎の経験がありますね。被曝をされても、沢山の方が生き残り、長寿を全うしている。もちろん、一生を苦しんだ方も多いけれど、低線量ならば被曝=死ではないですから、食事で改善できることは、どんどんやるといいですよね。

すみこaka銀蝿さん、はじめまして。NVCに出会われて、おめでとうございます。私も学ぶのを苦しみ、でも楽しみながら、少しずつです。頭ではわかっていても、相変わらず、人に腹を立て、人のせいにしている自分に何度もがっかりしながら、それでも、少しずつ、全ては自分だ〜というのを学ぶ日々です。スカイプで講義していますよ。よかったらどうぞ〜
スカイプアドレス:
kikuchiyumi