2009/01/07

子どもたちを殺さないでーガザとつながる沖縄

今、ガザのことをちゃんと伝えてくれる信頼できるメディアはアルジャジーラ。死者が500人を越え、子どもの犠牲が増えています(I am sorry, please forgive me)。
爆弾の下には人々が暮らしています。家族全員を失った老人、子どもたちと妻を失った父親、幼い子どもたちを失った母親が泣いています。

そんなガザに外国人として留まり、現場の様子をまさに命懸けで伝えてくれているNGOワーカーがいます。ISM(国際連帯運動)の人たち。退去を命じられた彼らがどうししてガザに留まっているのでしょう。

その理由は「私がガザを去ってしまったら、いったい誰が今、目にしているこの戦争犯罪を証言するのですか」という言葉に集約されています。岡真理さんが訳してくれた国際連帯運動のプレスリリースの全文をぜひ読んでください。

そして、このガザの攻撃とつながる計画が沖縄で進行中です。詳細は1月2日の「きっこの日記」に譲ります。ぜひ最後まで読んでください。

沖縄本島の北部のヤンバルの美しい森に日本最大の米軍基地「北部訓練場」があります。そこに、なんと、イスラエルとドイツとオランダの軍隊と日本の自衛隊が視察に来ていたそう(ぜんぜん知らなかった!)。つまり、ここで将来、これらの国々の軍隊が合同訓練をする計画がある、ということ。(琉球新報の記事参照のこと)。

それで、昨年末、まもなくクリスマスという楽しい時期のはずの12月16日、この地域へのヘリパット建設に反対している8歳の子どもを含む15人の高江地域の住民を、政府(沖縄防衛局)は「通行妨害仮処分命令」の申し立てをして訴えました。(8才の子供に対しては、政府は世論を恐れて訴えを取り下げた)

この申し立ての却下を訴えるネット上での賛同署名が始まりましたので、ぜひ協力してください。
「署名サイト」
http://www.shomei.tv/project-590.html
この署名の趣旨はこちらのPDFに。

署名が終わったら、東京近郊の方は1月10日のカレンダーに書き込みましょう。NGO共同行動の詳細、決まりました!パレスチナ子どものキャンペーンからの情報です。

緊急 NGO共同行動のご案内
=================================
★ガザに光を!即時停戦を求めるピースパレード&シンポジウム
===========================================
1月10日(土)
15:30集合「芝公園23号地」
       地下鉄:御成門駅3分、神谷町駅5分、大門浜松町駅10分
       東京プリンスホテル・芝高校・正則高校に囲まれた空間

16:00ピースパレード出発
17:30パレード終了(解散地は六本木三河台公園)
  ※パレードには、ペンライトなど光るものを持参して下さい。

18:30—20:30 シンポジウム
      会場 聖アンデレ教会(最寄り駅神谷町、芝公園そば)

  ※パレード解散地近くの日比谷線の六本木駅から1駅で
   シンポジウムの会場の最寄り駅である神谷町まで行けます。

※呼びかけ:
  ピースボート
  日本国際ボランティアセンター
  パレスチナ子どものキャンペーン
  アーユス仏教国際協力ネットワーク
  日本YWCA
  日本聖公会東京教区エルサレム教区協働委員会
  パレスチナの子どもの里親運動
  1コマサポーター   ほか

※一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。
 ぜひお知り合いにお声をかけてください。
 当日のボランティアも募集中

★ガザ封鎖解除署名、お済みになりましたか??

12月1日から継続しているガザ封鎖解除を求める署名、あなたはお済みになりましたか??
今回の軍事侵攻が始まる前に開始したNGO共同の署名は、現在も継続中です。

封鎖によって医薬品も救援物資も搬入ができず、燃料不足や停電により負傷者の治療も困難です。
戦火に追われた人々が逃げていくこともできません。

署名用紙は当会のホームページからもダウンロードしてお使いいただけます。

★ガザ緊急募金を呼びかけています★

郵便払込 
 加入者名: パレスチナ子供のキャンペーン
 口座番号: 00160-7-177367

銀行振込
 みずほ銀行 高田馬場支店 普通8030448
 口座: パレスチナ子どものキャンペーン

クレジットカード募金
 オンライン寄付サイトGive One(http://www.giveone.net)
よりご寄付いただけます。

★ボランティアのご協力を呼びかけています
  可能な方は、ぜひ当会の事務所にご連絡ください
   03-3953-1393 ccp@bd.mbn.or.jp
ご協力をお待ちしています
**************************************************
特定非営利活動法人 パレスチナ子どものキャンペーン
Campaign for the Children of Palestine(CCP)
〒171-0031 東京都豊島区目白3-4-5 アビタメジロ603
Tel:03-3953-1393 Fax:03-3953-1394
URL: http://ccp-ngo.jp/

*応援のクリック、ありがとう!人気Blog Rankingが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

6 件のコメント:

maple さんのコメント...

[9/11]の件でゆみさん達の活動を知ったのは数年前でした。そして昨年の暮に、「マシュー君の手紙」で再びこのサイトに導かれました。「インド多発テロ」、そして今回の「ガザ侵攻と大量虐殺」・・・。どうしようもない憤りと何もできない無力感に襲われていた矢先の、ゆみさんのタイムリーな呼びかけに、本当に胸のすく思いがしました。同情しつつも何もしないしできないと無力感のみに襲われる私達に、ゆみさんは先頭を切ってできること、やるべきことを示してくれています。ゆみさん、応援しています!
そして私もできることから頑張ります!

Yumi Kikuchi さんのコメント...

mapleさん、どうもありがとう。
あまりのことに、わたしも無力感でいっぱいになりそうです。でもできることを、どんなに小さくても続けることで、なんとか正気を保っている。動くことで、なんとか絶望しないでいられる。効果はすぐに見えなくても、自分が絶望して倒れてしまわないためにやっています。

実は小学校1年生の子どもから言われちゃったんです。「僕、戦争のないところに行きたい。戦争で殺されるならどうして生きている意味があるの?」って。親として、一瞬、言葉に詰まってしまいました。

「ねえ、まなはね、きっと、まなはそれを変えるために生まれてきたんだよ。ママもそうだよ」という言葉がしばらくして出てきました。

私たち一人一人の力は本当に小さな小さなものだけど、どんなことでもできることを続けよう、っと思って、毎日書いています。今は知ること、伝えることが大きな力になると思います。

mai さんのコメント...

ゆみさん

よかったらこのHPみてみてください。
http://www.honestreporting.com/

何が真実なのでしょうか?
今世界の伝えているメディアはどこまでが正しいのでしょうか。
戦争が一瞬でも早く終わってほしいです。

kyoko さんのコメント...

ゆみさん、こんにちは!東金のきょうこです。eetableに頂いた森沢さんからのメッセージを読みました。昨年末30日もそうだったのですが、10日の行動も、仕事で参加できません…ので、その仕事でもらえるお金を寄付することにしました。手書きのファクスにも取り組んでみたいと思います。mapleさんも書かれている通り、ゆみさんがやるべきことを、そして決してあきらめない姿勢を、示してくださることに心から感謝しています。ゆみさんがそうして動き続けてくださるおかげで、たくさんの人が勇気や元気を受けとっていることでしょう。無力感には、背筋を伸ばして笑顔で対抗しようと思います。まだまだ寒い折、どうかお身体を大切にご活躍ください!

匿名 さんのコメント...

お疲れ様です

署名TVの 藤田幸久議員を応援し、9.11のテロ事件の真相を追究!
http://www.shomei.tv/project-544.html
にも署名していただくように、声をかけてはいただけないでしょうか?
911の真実を知り、ロスチャイルドなどの闇の支配者を知れば、反戦運動やいろいろな運動の質が高まると考えていますので

大キャンペーンで次の選挙までに全国民に知らせてしまいましょう

よろしくお願いいたします

Yumi Kikuchi さんのコメント...

今わたしたちにできることは、あきらめないことだと思います。わたしたちにはできることがたくさんありますから。ガザでは停電している上、病院の自家発電の燃料が途切れようとしています。これがどれほど悲惨なことになるか、想像をしてみましょう。イスラエル大使館に100万枚も日本人からハガキとかファックスが届いたら、少しは反応があるでしょうか。今は日本政府とメディアに働きかけるのが一番でしょうか。ともかく、NGO支援を含めできることをやりましょうね。

藤田議員の911真相究明応援については再度、とりあげますね。