2008/08/29

今日、911真相究明国際会議実行委員会(業務連絡^^)

2nd911真相究明国際会議 in TOKYOのJPG

911真相究明国際会議の実行委員会の初顔合わせの会を、今日、東京駅でやります。実行委員(ボランティアスタッフ)希望者はフライヤーを印刷してもってきてくださいね。おいしいランチを一緒に食べましょう!

<911真相究明国際会議第1回実行委員会>
日時:2008年8月29日(金)午前11時集合
場所:Old Man's UN(東京駅八重洲南口、PCP2階)
参加費:ランチバイキングの代金(たぶん1260円)
申込み:info@wa3w.com

9月3日(2ヶ月前)から、第2回911真相究明国際会議のチケットの一般販売を開始します。
(8月中は「グリフィン博士を囲む会」にも参加する人向けの先行販売です)

なお、「グリフィン博士を囲む会」へ参加のお申込が多く、あと30席でいっぱいです。ご参加を希望される方は、お早めにお振込みをしてください。先着順です。(「囲む会」に参加できる人は、911真相究明国際会議に参加した人のみです。)

<第2回911真相究明国際会議>
日時:2008年11月3日(月/祝日) 10:00~20:00
場所:三宅坂ホール(社会文化会館)*会場が変わりました(キャパが倍になりました)。
参加費:前売り 5千円、当日 6千円(満席の際は当日券はありません)
  学割前売り:3千円、学割当日:4千円
  学生グループ割引:前売りのみ10枚2万5千円(1枚2千5百円)
内容:
第1部:911ドキュメンタリー上映会/解説(10:00-13:00)きくちゆみ
    童子丸開の「911の物理的事実と真っ赤な嘘」(バルセロナより愛を込めて)
第2部:基調講演(14:00-16:30)
 デヴィッド・レイ・グリフィン博士
第3部:パネルディスカッション
 パネリスト:藤田幸久(参議院議員)
       童子丸開(作家/翻訳家)
       ベンジャミン・フルフォード(ジャーナリスト)
       成澤宗男(『週刊金曜日』記者)
 コーディネーター:きくちゆみ
 通訳:森田玄

FlyerのJPG

<チケットのお求め/グリフィン博士を囲む会/911真相究明国際会議へのご寄付>
郵便振替:00110−1−144224 ハーモニクスライフセンター
*通信欄に、何の代金かを明記してください。(例:1万円を振り込み、「911会議と囲む会1名」と書く)
*911真相究明国際会議へ1万円以上のご寄付をくださった方には、グリフィン博士の『9・11事件は謀略か』をプレゼントします。

明日は佐賀(唐津)でグリーンコープ主催の講演会です!お近くの方はぜひ!

佐賀のJPG



佐賀のJPG



佐賀のJPG



*応援のクリック、ありがとう!人気Blog Rankingが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2 件のコメント:

奥山俊太郎 さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。
Yumi Kikuchi さんのコメント...

奥山さん、素朴な疑問、大事ですよね。
わたしにとって911事件は、わたしの人生を大きく変えることになった大事件でした。最初の頃(2004年に『911ボーイングを捜せ』という映画を観るまで)は、テロに戦争は逆効果、かえってテロが増える、と言って、戦争に反対してきました。それは今でも変わりません。
でも、2004年にあの映画をみて、びっくりして、いろいろ調べたら、不可解なことが山ほどでてきて、これは大変!と911真相究明活動を始めたわけです。だって、911をきっかけに「対テロ戦争」が始まって、それが今も続いていて、もう100万人とも言われる市民が殺されてしまったのですから。

911事件が、今一般的に信じられているテロでなかった(米国政府が協力したか、あるいは計画/実行したか、関与の程度は諸説あります)としたら、対テロ戦争そのものが茶番になり、戦争がまったく正当性と根拠を失うわけで、はやくそうしたい(戦争をとめたい)からやっています(わたしの場合)。

911真相究明に関わっている人の多くは、本当のことが知りたい、という動機ももちろんあります(わたしも)。

ぜひ、アーロン・ロッソさんが亡くなる前の発言を聞いてください。(わたしのブログ内で検索してください)