2009/04/30

豚インフルエンザの名前を変えるそうけど・・・・/金沢で憲法講演と初めてのローフード講演会

養豚業者への経済的影響を恐れて「新インフルエンザ」「メキシコインフルエンザ」と呼び名を変える、とのこと。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2597916/4091891
「世界的に流行が拡大している新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)について、米政府は28日、「豚インフルエンザ」との名称が誤解を与え、世界各国で北米からの豚肉の輸入を禁止する措置が起きていることを受け、名称の変更を検討していると発表した。」(AFP通信)

マスコミは大騒ぎだけど、世界中で昨日も今日も相変わらず最も多く人が亡くなっているのは餓死。乳幼児を中心に1日4−5万人、3秒に一人がキレイな水や食べものがないことでいのちを落としています。これは人類の、特に飽食の先進国の私たちの生活の仕方(食糧を輸入に頼っているのに毎日2千万食も残飯を出す日本とか)にも原因があります。

日本のガン死だって年間35万人ぐらいですから、毎日千人弱がガンでいのちを落としています。発ガン性が疑われる農薬や添加物や日常使われる様々な化学物質や原発から毎日出ている放射能の方は「許容量」や「環境基準」以内で使い続け、複合汚染の影響も調べずお咎めなし。

そして日本の自殺者。こちらは毎日100人弱。こっちの対策のほうが急務だと私は思うんだけど。

豚インフルエンザで大さわぎして、誰が得するのかな?
タミフル、売れてますよねー(ドナルド・ラムズフェルドさんも大儲けで喜んでいるのでは?)。2005年の鳥インフルエンザのときの情報をアップしておきます。

<「タミフル」騒動の背後にいるのはこの男たちだ!>
http://amesei.exblog.jp/d2005-11-24
今年のビルダーバーグ会議(バイエルン州)。ウォルフォヴィッツと話すこの男に
もっと注目。今回の鳥インフルエンザ騒動を必要以上に煽り立てている黒幕の名前が分かりました。

その名は、エティエンヌ・ダヴィニオン子爵。私の「ジャパン・ハンドラーズ」では現在の欧米国際金融資本の秘密会議、ビルダーバーグの現議長として紹介した人物です。このオッサンは多分、デヴィッド・ロックフェラーと同じ位重要な「世界の黒幕」の一人です。
ーーーーとのこと。

そして山岡俊介さんのストレイドッグにもご注目を!
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/

インフルエンザ対策としては、定番があります。人ごみに行かない、行く時はマスクをする、うがいと手洗いをこまめに(自然塩でぜひ)。かつて大流行したスペイン風邪のときも、感染しない人はいました。つまり免疫が高い人。血液がキレイで、循環が良いこと(冷え性は大敵。足湯とかで暖めましょう)が条件。

それには、旬の野菜を中心の食事にするといいですよ。そういうことや簡単な手当法や健康法をまとめて学べるのが、ハーモニクスヒーリングのワークショップです。最近はローフードも紹介しています。

5月3日には金沢の憲法集会でお話をしますが(石川県文教会館ホール、午後2時から)、その翌日、ローフードの講演会もありますので、こちらもぜひ!

きくちゆみさんのローフードと平和・環境のお話    
        +おいしいローフード試食会♪
*******☆***********************************************
4人の子どもを産んでぷよっとしたお腹の周り。でもローフードを始めたたら2ヶ月でスルスルとれて、体型が20代の出産前に戻り、ヒップアップまでしたとか?!当時のスカートやドレスが着られるようになって喜んでいるきくちゆみさんが「忙しくて健康なんてかまってられない!」という人のために、北陸初の(?)ローフード講座を開催します。近江町の新鮮な食材で、簡単おいしいローのお料理をマスターしませんか?

□日時:2009年5月4日(月・祝)午後1時から3時半まで
□場所:メロメロポッチ(金沢市下近江町)TEL/FAX:076-234-5556
□参加費:2,000円(ローフードの試食とメロポチのワンドリンクつき!)

*先着20名様で締め切らせていただきます。参加費は当日お支払いください。電話かファックスで必ずお申込みください。

*連絡先・080-3046-1748(中村)
・メロメロポッチTEL/FAX:076-234-5556

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/29

緊急!豚インフルエンザについて

森田玄のブログを読んでください。
http://moritagen.blogspot.com/
またあとでゆっくり書き足します。

2009/04/27

大阪アースデイ@はまでらこうえんと「若松」でのローフードトーク&試食会

今日も快便(と、ローをやると、お通じ自慢が始まります)。あなたはどうですか?

さて、4月26日もフルでハッピーな一日でした。朝8時に鴨川を出て羽田に向かい、午前10時発のスターフライヤー(初めて乗った。シックな内装で好き)で関空へ。向かい風で少し遅れて午後11時半に到着。勝手知ったる南海電車(これでなんばにいって、御堂筋線で一駅いけば、我が姉のいる心斎橋)で「浜寺公園」を目指しました。

ところが途中、電車の中で夢中で原稿を書いていたために堺まで乗り過ごし、到着がさらに遅れて12時40分。スタッフのみなさんをヒヤヒヤさせました(しょうこさん、ごめんなさい)。駅を降りると薄着の自分が浮いちゃうぐらい肌寒くて(みなさん冬のジャケットを着ていました)、アースデイ会場に着くや否や、私はフリマでインド綿のシャツを一枚ゲットして羽織りました。重ね着って有効。分厚いもの1枚より、薄いのを重ねると暖かい。

大阪アースデイのJPG
大阪アースデイ。メインステージのスケジュールボード(かわいい!)

それからオトさんと再会のハグ。今日はなんとオトさんとのトークライブ。お昼を食べながら打ち合わせをして、トークは2時から。スタッフの希望テーマはバタフライ。昨年が「ハチドリのひとしずく」だったので、今年はそこからさらに一歩跳躍してさなぎから蝶になって飛び立つイメージで話してください、という注文でした。

大阪アースデイのJPG
アースデイ@浜寺公園の今年のテーマは「バタフライ」

私は『バタフライ』の物語を簡単に説明しながら、今の世界で起きていることと、私たちの内面の変化、そしてこれから向かうところについて、いろいろな話をしました。日本人のお金の預け方がアメリカの戦争を支えていること、私たちの暮らしそのものが環境や平和活動になったらいいな、ということを例をたくさん挙げて、わかりやすく伝えたつもり。うまく伝わったかな?雨が降っているのに傘をさして聞いてくれている人たちがいたのは嬉しかったです。

大阪アースデイのJPG
パワフルでソウルフルなステージのサヨコ・オト・ナラ(サヨコさんもローフードで会うたびにキレイになっている)

私たちのトークのあとはコンサート。ラビラビ、そしてサヨコ・オト・ナラとどんどん会場は盛り上がります。虹の祭みたいにおしゃれな若い子たちや親子連れがいっぱいでしたよ。その頃には雨もすっかり上がって、熱気ムンムン。私は「雨よけテント」というちょっと離れた本部テントの中の著書販売コーナーで売り子をしていたのですが、サヨコたちの音楽に体が勝手に動き出すので、踊りながら売り子をしていました!

大阪アースデイのJPG
犬も子どもも大人も踊ります

今日もやっぱり『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』がよく出ました。

ローフードのJPG

あのピンクの本はスゴい魅力があるみたいね(カバーデザインのトシちゃん、ありがとう)。何といってもあの本には、人を健康に幸せにするパワーがあるから。あの本をこの世に生み出すために働いてくれたすべての人とご縁に感謝。そして何より、生まれ変わったように美しくなって私の前に現れてくれた石塚ともさん、ありがとう!

石塚さんのJPG

5時ごろアースデイの会場を後にして、一路心斎橋の若松へ。途中、『無防備マンガいく』の漫画家あきもとゆみこさんにばったりスーパーの前で会って立ち話をしていたら、あらまあ、もう5時10分。ローフードのお食事会は7時から始まる!

ワークショップのJPG
美味しかったね!でも写真を録りそこねた宴のあと

走れー、きくちゆみ!!若松への到着が6時10分。きゃー、あと50分でローフード講座&試食会、という緊張感(でもないか)の中で「若松」にあった野菜と果物と話をしながら、その場でメニューを決めて、ロー料理三昧。材料の下ごしらえ(マカデミア、カシュー、ヘーゼル、クルミなどのナッツ類やフラックスシードをそれぞれ水につけて持って来たし、ローチョコボールの材料は作ってきた)は家でやってきたものの、20人分の料理を「エイッ、ヤー」という感じで作りましたよ!

ワークショップのJPG
サヨコ&オト&アヤちゃん

手伝ってくれた若松の堀越由美子さん、あやちゃん、ありがとうございました(寅年3姉妹の恐るべしパワー)。わずか45分でこれだけつくりました。

1、フルーツプレート(バナナ、リンゴ、オレンジ)
2、ローアスパラクリームスープ(アスパラガス、ヘーゼルナッツ、カシューナッツ)
3、キャベツのコールスロー(キャベツ、クルミ、レーズン、カシューマヨネーズ)
4、きゅうりの味噌添え(味噌2種)
5、大根ヌードルのフラックスシード&くるみとろろタレ
6、山東菜の中華風
7、ローチョコボール
を20人分。

ローは簡単だからいいよね。
誰でもできるし、忙しい人でも大丈夫。

さて、今はこれを大阪のホテル(今回はパックツアーのほうが安かった)でこれを書いていますが、今日はこれから伊丹から羽田に飛び、玄さんと合流して長野の原村へ向かいます。ドームハウスを建てるお客様(友人ですが)の土地の下見。自分たちのドームハウスはいつになるかなあ。まだまだ実現しないわたしの夢の一つ。でも友だちの夢の実現を手伝っている内に、いつか自分の夢も実現するでしょう。

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/26

ハーモニクスヒーリングのワークショップ

昨日は新月でした。私たちは『月のリズムでダイエット』に則って、夕飯抜き。その前3日間がワークショップで食事は完全にローフードだったので、かなりディトックスが進んだような気がします。今日はお天気も私の気持ちも体も晴れ晴れ。大雨の後の新緑が目にまぶしいです。

ワークショップのJPG

今私は、大阪のアースデイ@はまでらこうえんに向かう道中でこれを書いています。私のステージトークは午後2時からです。

さて、よく質問される「ワークショップではどんなことをするのですか」に報告を兼ねて時系列でお答えします。今年から食事はローです(今回、厳密には白和えに使ったお豆腐だけがローではありません)

4月23日
15時15分 安房鴨川駅前ジャスコに集合、参加者を車でお迎え
15時40分 ハーモニクスライフセンター到着、オリエンテーション(部屋割り、トイレの使い方など)
16時30分 自己紹介
17時    ハーモニクスヒーリングの基本理論の講義
19時    夕食 グリーンスムージー(バナナ、リンゴ、三つ葉、セリ)
          キャベツ酵素ジュース
          フルーツ盛りあわせ(夏みかん、リンゴ、バナナ)
          ガーデンサラダ(サニーレタス、タマネギ、トマト、キュウリ、キャベツ酵素ドレッシング)
          ほうれん草、マエタケ、エリンギ、蕪葉、ニンジン、ネギの中華風
20時    操体法実習
21時    お風呂/22時以降 就寝

4月24日
07時 起床/操体法実習
08時 朝食(キャベツ酵素ジュース、グリーンスムージー、フルーツ)
09時 食の講義
11時 ウォーキング(山のハイキング)
13時 昼食    コールスローサラダ(カシューマヨネーズ、くるみ、レーズン、キャベツ)
          ロー玄米チャーハン(玄米、小豆、ヘンプシード、ヘンプオイル、タマネギ)

ワークショップのJPG
初挑戦。ロー玄米のチャーハン

14時 綜統医学講義
15時 おやつ(ローチョコトリフとハーブティー)
16時 綜統医学実習(アイロン温熱療法)
17時 LET講義
18時 LET実習
19時 夕食 
    キャベツ酵素ジュース
    ニンジンのフェトチーネマリネ(ニンジン、イタドリ)
    三つ葉の白和え(山三つ葉、ごま、豆腐)
    アボカドサラダ(アボカド、サニーレタス、タマネギ、プチトマト、キュウリ)

ワークショップのJPG
カシューナッツマヨネーズでつくったコールスロー

20時 夢ワーク(下書き)
21時 お風呂

4月25日
08時 朝食:キャベツ酵素ジュース、グリーンスムージー、フルーツ
09時 LETの復習
10時 LETによる反応実習と体にあった食べ物や手当のアドバイス
12時 昼食
    アスパラガスのクリームスープ(カシュー&マカデミアナッツ)
    大根ソーメン&蕪ソーメン、カラスノエンドウ添え
    フラックスシードとくるみのとろろ(つゆ)

ワークショップのJPG
我が家のみかんと買って来たリンゴとバナナ

13時 夢ワーク(清書)/発表
14時 質問、感想、シェアリング
15時 終了!(おつかれさまでした)駅へ

いつもは何キロも歩けなかったという足や膝の悪かった人も、痛みもなく、7キロのハイキングを楽しみました。みんな来た時よりも肌がつやつや。ウエストも少しダウンしたと思います(計り忘れた!)。今度のみなさんの報告が楽しみです。

ワークショップのJPG
アボカドガーデンサラダ(キャベツ酵素ドレッシング)とニンジンマリネ(イタドリ添え)、フルーツ、三つ葉の白和え

一度ワークショップに参加すると「ハーモニクスドリームチーム」に入って、仲間のつながりとサポートが得られます。それもまた魅力です。

    <5月以降のワークショップの日程>
♢費用:3万円(宿泊費、食費を含む) 参加定員:10名
♢日程:原則、毎月第4金曜日から2泊3日で開催。11月は第3週になりました。

    第2回:2009年5月22−24日(金ー日)
    第3回:2009年6月26−28日(金ー日)
    第4回:2009年7月24−26日(金ー日)
    第5回:2009年8月28−30日(金ー日)
    第6回:2009年9月25−27日(金ー日)
    第7回:2009年10月23−25日(金ー日)
    第8回:2009年11月20−22日(金ー日)

参加を希望される方はメールのタイトルを「ワークショップ○月」とし、参加したい月をタイトルに入れて、ご連絡先と参加の動機をこちらへ送ってください。

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/23

ミサイル防衛反対の平和活動家がイギリスで逮捕!

緊急速報です。

私が韓国のミサイル防衛に反対し軍拡競争を終わらせる国際会議でご一緒したリンディス・パーシーさんがイギリス帰国後に逮捕されたというニュースがたった今入ってきました。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/north_yorkshire/7492972.stm

彼女は本当にステキな人で、私たちは5日間行動と寝食を共にし、笑いあったものです。

リンディスへの激励や応援のメッセージ、ヨークシャー警察への抗議はこちらへ。詳細をあとでもっと書きます。今は速報。

日本語の応援メッセージはこちら:
armful@oct-net.ne.jp

英語のメッセージはこちらへ直接:
elizabeth.barclay@nexusdsl.co.uk

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/22

アースデイ:おかあさん地球に恩返しをする日

おかあさん、わたしを生み育ててくれてありがとう。
毎日吸う空気や水や食べものを与えてくれてありがとう。
森や海や河でたくさんの生き物たちを育んでくれて、ありがとう。
こんなに美しい星にわたしをたくさんの仲間たちと一緒に住まわせてくれてありがとう。
毎日、はっとするほど美しい朝日や夕日や雲を見せてくれてありがとう。
わたしの持つ何もかも、わたしが目にするあらゆるものはおかあさん地球から生まれました。
こんなにたくさん、たくさん、本当にありがとう。
わたしが生きているのは、おかあさん地球のお陰です。

それなのに毎日水や空気を汚してごめんなさい。
おかあさんが生んだ食べものを残して捨ててごめんなさい。
分け合えば足りるのに、奪い合って喧嘩をしたり、仲間たちを見殺しにして、ごめんなさい。
毎日4万人もの小さな仲間たちが食べものや水がなくて死んでいるのに、わたしの国では一日2千万食以上の残飯を捨てて、ごめんなさい。
豊かな大地をコンクリートやアスファルトで固めてごめんなさい。
森を切りつくし、かあさんの子どもたちの動物や植物たちを絶滅させてごめんなさい。
たくさんの種類の樹が一緒に歌っていた豊かな森を1種類の歌わない森に変えてごめんなさい。
河や海をコンクリートで固めて水の中の生き物たちが生きられないようにしてごめんなさい。
自然の砂浜を壊してウミガメかあさんが卵を産めなくしてごめんなさい。
星が見えなくなる程夜を明るくしてごめんなさい。
美しい谷や山林や海を猛毒のゴミで埋め立ててごめんなさい。
毎日忙しくしておかあさんの美しさに気づく暇もなくてごめんなさい。
おかあさんが生んでくれた美味しい食べものに毒をかけたり入れたりして、わたしと仲間たちの大切ないのちを損なってごめんなさい。
おかあさんがタダでくれた資源に値段をつけ、競争し、戦争までして奪い合って、本当にごめんなさい。
おかあさんのお腹に爆弾やミサイルを撃ち込んでごめんなさい。
おかあさんを丸ごと壊してしまう核兵器を何万発もつくって、脅しあいをしてごめんなさい。
おかあさんの内臓を毎日毎日えぐり出してごめんなさい。

本当にごめんなさい。
許してね。
ありがとう。
愛してる。

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/21

♪ 明日22日は東京で「元気いっぱいきくちゆみセミナー」今回はラブ&ピース ♪ - 21分30秒 - 5 MB

PodCast GIF


を観てから、明日は来てください!(これを観るだけでこなくてもいいし、観ないできてくれてもいいけれど)。日本語字幕をつけてくれた方に感謝。

これはカナダの著名なジャーナリスト・バリス・ズィッカーさんの番組。日本ではまだまだ911事件の真相についての報道は少ないですが、「対テロ戦争」という作られた戦争の嘘がばれるのは時間の問題でしょう。

明日の「元気いっぱい きくちゆみセミナー」のテーマは「ラブ&ビース」。911事件の公式説のどこがおかしいのか、初めての人にもよくわかるようにばっちり映像を使ってお話します。このテーマで話すのは東京ではしばらくありませんので(次回は東京平和映画祭でね!)、ぜひお友達を誘ってきてくださいね!

 <元気いっぱい きくちゆみのラブ&ピースセミナー(最終回)>
日時:2009年4月22日(水)午後7時から9時まで
場所:城西協会(最寄り駅:京王新線幡ヶ谷駅)
参加費:1000円
申込み先:ルミナスクリエーション fax:03-5772-8419
http://iloveeco.jp/menu/community/s_sustainable.php
*定員に限りがありますので、必ずお申込みをお願いします(といいつつも、当日に飛び込みで来ていただいても、きっと入れるとは思います)。

それから明後日4月23日から2泊3日で始まる「ハーモニクスヒーリング&ローフード断食&夢の実現ワークショップ」にキャンセルが出ましたので、飛び入りで若干名参加できます。参加希望者は電話でご一報の上、4月23日に安房鴨川駅前ジャスコに3時15分にご集合ください。電話:04−7097−1011(担当:森田)

ワークショップの全日程(最新版)はこちらのブログの後半にあります。

  <こっそり・・・特別のお知らせ>

5月25日の東京・文京シビックセンターで行われる「フラコンサート〜心の絆」にKumu Kawaikapuokalani Hewettが特別出演決定!これがフラファンに知れ渡ったらチケットは完売しちゃうと思う。すでにケアラ・チンのお弟子さんとファンの間でほとんどのチケットが出てしまっていますので、残りあとわずか。電子チケットぴあでも買えますし、私からも買えます(申込はハーモニクスライフセンター 00110-1-144224へ)。1枚3千円は安すぎた。観たい、聴きたい方はお急ぎを!

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/20

ピラティスを受けてケニアに学校をつくろう!

「どんなに忙しくても自分をケアする時間を持とう!」と、かわいい姪っ子からメッセージが送られてきました。子育て真っ最中の彼女は、「ピラティス」によって美しく健康な体を維持しています。あなたが美しくなり、同時に国際協力もできる一石二鳥のイベントを、以下に紹介します。彼女(菊地博美)はアシスタント講師をつとめます。
ーーーーーーーーーー

〜チャリティ・レッスンのお知らせ〜
「ピラティスを受けると、ケニア・ムトゥワパ村に学校ができる!!」

ケニアの南部に位置する港町モンバサ。そこから約20km北上した海岸沿いにある「ムトァワパ村」では、30年程前から観光業が盛んになり、外国人相手の商売をする地元の商店が増え、物価が上昇し、しだいに一部はスラム化してしまいました。

売買春、暴力、強盗、ドラッグが横行するこのムトァワパ村では、失業率が高く、子供たちは家庭での生活を保証されておらず、教育は二の次になり、路上に出て日々を過ごすようになっています。

そんな子供達が路上で非行に走らない為に2002年に「アガペ保育所」が作られました。両親を亡くしてしまった、貧困にあえぐ子供たちに建設された施設で、現在約80名が通っています。

保育所を出た子供たちの進学は難しく、特にケニアで女性は職に就きにくい為、女の子を中心とした職業訓練を行える進校舎の建設に、力添えできるようにと考えてました!

そこで、ピースボートと協力して「チャリティ・レッスン」をさせていただき、そこで得たお金を寄付させていただき、学校の屋根とミシン・大工道具を購入します。私一人の力では何もできませんが、みんなの力で、愛を形にできればと、心から望んでいます。

◆日程◆
5月2日(土)、5月23日(土)、6月5日(金)、6月6日(土)、6月7日(日)、7月3日(金)、7月17日(金)

◆時間◆
11時〜12時/12時半〜13時半/14時〜15時
(各回定員12名)

◆場所◆東京都内予定(詳細はお問い合わせ下さい)

◆持ち物◆マットをお持ちの方はご持参下さい。お持ちでない方は、バスタオルをお持ち下さい。動きやすい服でお越し下さい。

◆参加費◆2000円(必要経費を除き、全てが学校建設プロジェクトに寄付されます)

◆お問い合わせ・申込◆
ピースボートセンターとうきょう(担当:上島・長谷川)TEL:03-3363-7561

◆講師◆原田枝里

Eri SanのJPG

プロフィール:福岡県東筑紫高校(演劇コース)元非常勤講師。バレエや表現の基礎を指導。県内において、バレエ・ピラティスを設立し、「E・ARTカンパニー」を設立。その後、FTP 国際ライセンス ピラティス アドバンス マスタートレーナーとして、活動の拠点を東京に移し、東京・大阪を中心に活動。日本最大級のホットヨガスタジオ「LAVA」において、ピラティスのプログラミングからインストラクター養成に携わり、ピラティス部門が機能するまで育てあげた実績がある。現在はヨガ講師などのライセンスを有する他、ピラティスの国際ライセンスのインストラクター養成を始め、スポーツ選手の肉体改造など多岐にわたって活動中。第67回ピースボートでは、水先案内人として乗船し、心身の健康に関する講演も予定。

アシスタントインストラクター:菊地博美

Hiromi SanのJPG

プロフィール:ホットヨガスタジオ、LAVAインストラクター、ホットヨガ、ホットフラダンス、ホットピラティス、ホットバレエを指導。日本体育協会認定 スポーツリーダー、小児救命MFA、剣道初段、ダイビングライセンス、保育士、幼稚園教諭 等。ホットヨガスタジオLAVAで原田枝里さんに出会いピラティスの魅力に目覚め 3月 FTP認定国際ライセンス取得。

ーーーーーイベントの案内はここまで。

小さい頃、おむつを替えてあげた姪っ子がこんなに大きく成長して、「どんなに忙しくても自分をケアする時間は持つべきです。そして日々気になりながらもなかなかチャンスがなくて人助けができなかった方も一石二鳥です。子供達は真剣に屋根を必要としています」というメッセージを送ってくれました。

胸がジーンと熱くなりました。
博美ちゃん、がんばれ!枝里さん、博美ちゃん、ありがとう!

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

市民派、ぞくぞく当選!

「サステナ」の事務所から速報です(ミーティングが長くなって鴨川に帰れなくなりました)。

青森市長選で六ヶ所村の再処理工場を含む核燃に反対してきた鹿内ひろしさんが当選、兵庫県では宝塚市長選で元社民党の衆議院議員(その前はお医者さん)の市民派・中川智子さんが社民党と共産党の応援で当選、さらに長野県の佐久市長選ではやはり市民派の柳田清二さんも当選しました。柳田さんが当選したことで、あわや閉鎖か、と危ぶまれた佐久病院はなんとか存続していくことでしょう。

そして靖国神社のことで前にこのブログでも取り上げた中川村の曽我逸郎村長も再当選したことを読者の方から教えてもらいました。

アースデイ東京が行われた日に、地方の政治の場で市民派の勝利が次々届いたのです!環境を大切にしようという日にこういうニュースが続くのは、とってもうれしい!!!この日の勝利のために働いてくれたたくさんの方々にありがとう!経済が大変なときに、お金儲けよりいのちを優先して投票してくれた青森、宝塚、佐久、中川村の市民のみなさん、ありがとう。

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/19

アースデイ東京(代々木公園)から「第6回東京平和映画祭」の上映作品を発表します!

第6回東京平和映画祭のJPG

無事、韓国から日本に戻り、アースデイ東京の会場にやってきました。たった今、アースデイボランティアセンターでの「東京平和英和映画祭スタッフ募集」の説明会を終え、東京ピースフィルム倶楽部のブースの隣にあるプレスセンターでこれを書いています。

チャンチャカチャーン!ついに今日、今年の第6回東京平和映画祭で上映する作品を発表します!お洒落な美香さんがつくってくれたお洒落なチラシも、アースデイの会場で配っていますよ。あとでここにもアップしますね。
第6回東京平和映画祭 PDF (2MB)

今年の映画祭は6月12、13、14(金、土、日)の3日間。

初日の6月12日ははチベット・パレスチナ特集 4作品です。午後2時から9時半まで、4作品を楽しんでください。

1、『風の馬
誰も描けなかった現実がここにある。

2、『雪の下の炎
33年の投獄と拷問を耐えた不屈のチベット僧の実話。

3、『レインボー』
占領下で破壊され、奪われ続けるパレスチナの人々の生活と生命。その痛み、悲しみをレンズに焼きつけるかのように、カメラはまわる。

4、『オリーブの木がある限り
オリーブの木とともに生きるパレスチナの農民と、そこからとれるオリーブオイルのフェアトレードを通してつながる日本の市民たち。苦しい中で希望が微かに見える。

岡真理さん、森沢典子さん、田中優さんの解説もあります。お聞き逃しなく!

二日目6月13日も、戦争とお金の関係を明らかにするすっごいラインアップ。朝10時から夜9時まで、6本+2講演です。
5、『エンデの遺言 根源からお金を問う
利息を生み続けるためには地球環境を収奪するしかないのか?お金の存在そのものにずばりメスをいれた大反響のエンデのメッセージ。(ここでしか観られないでしょう)

6、11時25分『幸せの経済学』(45分)
今の経済学が戦争と環境破壊を生んでしまうのなら、どのような経済学なら幸福をもたらすのだろう?

12時10分から1時間田中優さんの「お金」の講演でーす。これも必見(聞)!

7、『冬の兵士
イラクで若い米兵たちは何をしてきたのか?衝撃の告白。

8、きくちゆみの映像&トーク『911と戦争とお金』
この日のために様々な映像を編集し、解説を交えて3つの関係をばっちり解き明かします。田中優さんのお話と一緒に聞くとなお効果あり!ここでしか聞けない、観れない。

9、『隠された被曝労働 日本の原発労働者
原発の放射能を浴びながら、過酷な労働を強いられる原発労働者たち。彼らの存在なしに原発は動かない。
http://oeda.gooside.com/teigen/hibaku.htmも読んで下さい。

10、『花はどこへいった
ベトナム戦争で全土に撒かれた枯れ葉剤の傷跡は今も続く。困難中で賢明に生きる感動のドキュメント。

11、『ヒト・ウシ・地球』
インドの貧しい地域で一人のニュージーランド人の老人が「バイオダイナミック」農法(無農薬無化学肥料のシュタイナーの農法)でを成功させた感動のドキュメント。人々の暮らしも環境も健康も改善!

三日目、6月14日は日本最大のタブーの一つに挑戦!隠れ国家予算「特別会計」に青い目の侍ベンジャミン・フルフォードがメスを入れる!ここでしか聞けないお話と映像。
(3日目は席が200しかありません。3日目に参加したい方は、3日間通し券が必要です。

ーーーーー本当にすごい作品がずらりですね!さて、気になるお値段は?

6月12日は映画4本で1500円(学割1000円)
6月13日は映画6本と2講演で3000円(学割2000円)
3日通し券(6月12、13、14日)は映画10本と3講演で5000円(学割3500円)

です。会場の規定により当日券はありません。参加するには東京ピースフィルム倶楽部への会員登録が必要です。ネットから申し込んでください(登録無料)。

また、チケットは私からも買えます(買取っているので、私の友人はぜひ私から勝手くださいね。メールで申し込んでくださればチケットと振込用紙を送ります。

*まもなくアースデイの会場から「サステナ」に向かいます。これを読んだ方、5時30分までに東京ピースフィルム倶楽部のブース(61番)に来てねー。

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

人為的につくられる緊張:ピョンテクの米空軍基地で

ミサイル防衛(MD)に反対する国際会議の最終日4月18日は、午前中に「グローバルネットワーク(GN)」という各国のMD反対グループの国際ネットワークの総会が行われました。

ソウルからのJPG
軍事境界線近くで。日本のお寺に似ている

どこのNGOにとっても大切な予算や人事(理事や顧問の推薦と承認)、活動報告と次の活動の提起(今年の10月2日から平和と非暴力のための世界行進ニュージーランドのウエリントンを出発して世界中を3ヶ月かけて行進することや、10月3−10日の宇宙平和週間の開催など)、第18回(次回)国際会議の開催国の選定(2010年、インドでの開催が決定)、などの全議題がスムーズに話し合われました。

お昼は会議場を出て近くの韓国料理レストランで済ませ(そこは日本人チームが前の晩に祝杯をあげたところでもあります)、午後1時にバスを1台借り切ってピョンテクという基地の町へ出発。まるで東京みたいなオフィス街らしき高層ビル群を車窓から眺めながら南下し、ソウルから1時間半ぐらいで広大な米空軍基地前に到着。最近この基地の拡張工事があり、住民の強制立ち退きが行われたところです。

ソウルからのJPG
リボンには平和や南北統一への願いが

米軍基地の前で地元のメディアのためのミニ集会(そういえば、初日の38°線の視察も、大きく写真入りでハンギョレ新聞にトップ掲載されていました。国際NGOの行動がこんなに大きく取り上げられることは、日本では考えられません)。地元の活動家たちの歓迎の言葉と現状報告を受け、こちら側からはGN代表のブルース・ギャグノンさんとGPPACの東北アジアを代表してピースボートの川崎哲さんが連帯のあいさつをしました。

ギャグノンさん自身がかつて米空軍兵士で、基地の外でベトナム戦争反対のデモをしている人たちの言葉を中で聞いているうちに、心の中で何かに火がつき、良心が揺さぶられて兵士を辞め平和活動家になった経験を話してくれました。「私たちの話を今も米兵たちは聞いているはずです。そしてかつての私のように心が揺さぶられ、平和活動家に生まれ変わる兵士がいるかもしれません。ここにある大木のように、私たちはここに基地がなくなり、この土地がピョンテクの人々に戻されるときまで動きません」と。訳しながら熱いものがこみ上げてきました。

昨夜、宿に戻ってから真夜中近くまで彼と語り、インタビューもしましたので、あとで英語のブログとポッドキャストをアップします。今回の滞在中で最も親しくなった人の1人です(911事件の公式説を疑っている数少ない平和活動家でもありました。ただし、アメリカの平和活動家の間でも911事件を大っぴらに問うことは、まだタブーだとも教えてくれました)。

ソウルからのJPG

ピョンテックの米空軍基地は、沖縄の米軍基地のように高い鉄条網がはりめぐされているのではなく、ぐるぐる巻きの有刺鉄線があるだけでした。周辺には農地が広がり、拍子抜けするぐらいのどか・・・というか、セキュリティーの甘さに驚きました。北に向けられて配備されているミサイル(PAC2)も弾薬庫も外から丸見えなんです。改めて、「緊張は人為的に作られているのだ」、ということを再確認した次第。

私たちは地元の基地反対グループの平和活動家たちに歓迎され、バスから乗用車に8人位ずつ分乗して基地周辺をあちこち視察しました。途中、トイレ休憩をする場所がなくて、急遽地元の消防署に寄ったことは、忘れられない思い出です。韓国の消防署のトイレに列をなす外国人の私たちの姿はどう考えてもユーモラスなものでした。写真を撮っておけばよかった!消防署の職員はとても親切でしたよ。それにしても、小さな田舎町の消防署なのに、日本の田舎町の消防署(例えば私の住む鴨川の消防署)とは比べ物にもならないぐらい立派なビルだったので、ビックリしました。

そして、最後の晩餐会。今回の滞在中で最も美味しい韓国料理を堪能しました。大きな広間にずらりと並ぶ大きなテーブル。次から次へと大皿小皿の料理が運ばれてきます。床に直接座る日本式(韓国式)だったので、西洋人はつらそうでした。アメリカ人で一人だけキレイに正座をしている男性を発見。ニューヨークから来たデニスさんでした。彼は私のローフードのアドバイスもすぐに受け入れてくれた素直な人。最近、私は正座も苦痛ではなくなったのですが、これもローフードの成果かもしれません。

ソウルからのJPG
非武装地帯にあるイムジンガク

韓国人と日本人は顔も服装もあまり見分けがつきません。ただ韓国女性のほうが、肌がつやつや光っているように見えます。それは食べ物のせい?それともお化粧のせい?肌の美しさは韓国女性にはかないませんが、町の様子、地下鉄の中の感じ、ホテルの中も日本と何ら変わりません。違うのは言葉と食べ物ぐらい、と思いました。

私は韓国語は「こんにちは(アンニョンハセヨ)」と「ありがとう(カムサハンミダ)」しか知りません。なのでアメリカよりむしろ韓国のほうが外国旅行の苦労と楽しみが多いことを発見しました。わずか1時間40分の飛行時間なのに、「外国に来た!」というのをばっちり体感できた韓国滞在でした。また来たいです!

今、これを金浦空港で書いているのですが、朝5時半に起きて、国際会議場のある「ソウル・ウーマンズプラザ」を6時すぎに出て、地下鉄で空港に辿り着いたのですが、乗り換えのときに韓国語が読めずにうろたえ(英語表記も探せばあるが小さいか、少ない)、また「次は金浦空港」という表示の「次は」というのがわからずに、到着したと思って間違えて一つ前の駅で降りてしまい、外に出て迷子になり、またキップを買って入り直すことになったり、(これで10分は遅れた)、空港駅に着いてからも、反対側にある国内線ターミナルに行ってしまったりして、予定の到着時間を大幅に過ぎてしまいました。

ソウルからのJPG
写真撮影境界線(ここから先で写真を撮ってはいけない、という線)。なんか滑稽!

それでも無事チェックインを済ませることができ、今はこうして出発ゲートで自分が乗る飛行機を目の前に、これを書いているわけです(アップするのはたぶん今日の夜中かな。東京で無線LANが拾えるといいけど)。

東京に戻ったら、まっすぐアースデイ東京が行われている代々木公園に直行です。今日の夜6時からサステナの事務所で昨日正木さんとマエキタさんが発表した計画の最初の会合があります(2011年の統一地方選で1000人の「みどりの子どもたち(20代の若者達)」を立候補させる計画。関わりたい方(応援したい方。とくに「みどりのお母さん」を1000人募集中)は5時半までに代々木公園内の「東京ピースフィルム倶楽部(東京平和映画祭)」のブースに来て、私を見つけてくださいね。

ソウルからのJPG
非武装地帯にあった地雷で両足を吹き飛ばされたリーおじいさん



*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/17

♪ ソウルから ♪ - 33分21秒 - 7.7 MB

PodCast GIF

やっと奇跡的にネットにつながりました。ソウルからです。今、ミサイル防衛に反対するグローバルネットワークの国際会議の二日目が終わったところ。今日はディナーパーティーがあって、今しがたホテルの部屋に戻りました。まもなく日付が変わります。

こちらにきてからずっとインターネットがつながらなくて、メールは残念ながら受信も送信もできません。今やっと微かなゲリラ電波(無線LAN)を拾って、このブログを書いています。かなり不安定なので、なるべく早くアップしなくては!こっちにきてからずっと忙しくて、まだ家族に電話もいれていません(iPhoneにしたら使い方がわからなくて....。玄さん、子どもたち、元気にしているから、心配しないでね)。

韓国のJPG
地下鉄の中。東京そっくり!

初日は南北朝鮮を分ける韓国側の38°線に行ってきました。軍事境界線から2キロが非武装地帯(DMZ)。20キロが民間人立ち入り禁止区域。でもその中にも村はあって、普通の農村の暮らしがありました。普通の農村との唯一の違いは、そこに地雷が埋まっているということ。

地雷の被害者にも会いました。かつて、そこに米軍基地があったときに基地で働いていた韓国の人たちによって自然発生的にできた村で、退職後に畑をやろうとして非武装地帯に入ったときに、両足を吹き飛ばされてしまったリーおじいさん。世界各地から集まった私たちを家に招き入れて、体験を語ってくれました。

民間人立ち入り禁止区域の中にある彼の村と家に案内をしてくれたのは、これまたリーさんという写真家。彼は米軍基地の写真を撮ったことで国家安全保障法違反で逮捕されていましたが、日本を含む世界的な支援があって無実を勝ち取り釈放された人です。その署名は実は私もしていたので、その本人に会えたことに驚きました。

韓国のJPG
地下鉄の中の売店、日本と変わらない

韓国では4家族に1つ、離反家族がいる(北朝鮮に家族がいるが、会えない)と聞いて、その数のあまりの多さにびっくりしてしまいました。1950年に朝鮮戦争が始まってからもう60年が過ぎようとしていますが、多くの人が家族に会えないまま亡くなっているという悲しい現実がありました。日本でも家族を連れ去られたまま、会えない状態が何十年も続いている人たちがいますが、どちらも戦争や国交を正常化しようとしない国家政策の犠牲者だと私は思います。

鉄条網にびっしりと結ばれた平和のメッセージを見ながら(ほとんどがハングル語で読めないけれど)、沖縄の辺野古でも同じ光景を見たことを想い出していました。

韓国のJPG
この会議の中心人物ブルース・ギャグノンとロータス

基地がある限り、戦争を許す限り、相手を敵視する限り、このような悲劇が生まれ続けるのです。
国家体制が違っても、市民は戦争など望んでいません。

南北朝鮮の軍事境界線を実際に訪れ、国家分断の影響を間近で見聞きした人と、そうでない人の間で理解が違ってしまうのは当然です。今回、立命館大学の藤岡先生のお陰でこの会議に参加することができて、よかったです。これから韓国や北朝鮮のニュースを聞くときに、わたしの理解の仕方が違ってくるでしょう。

二日目の今日は、朝から一日会議場に缶詰で実に長いプログラムでした。各国の報告(とくにミサイル防衛の推進役である米国の報告が多かった)を聞きながら、いかに多くの国々が米国の外交政策の影響を受け、また数多くの抵抗運動や反対運動があるのかを知って、ちょっと途方にくれました。でも、どの国にも決してあきらめない市民たちがいて、実にクリエイティブな運動を展開しています。

韓国のJPG
韓国代表団のメンバー

特にチェコ共和国では、ミサイル防衛に反対する運動が大きく育ち、ついに政権を倒すまでになった、というのはすばらしいことです。

平和を望む市民と、あくまでも武力による防衛を目指す側とのせめぎ合いが、この会議に参加したあらゆる国々(アメリカ、イギリス、イタリア、インド、オーストラリア、オランダ、韓国、スウェーデン、台湾、中国、ナイジェリア、日本、モンゴル、ロシア)でありました。

でも問題の根っこは一緒。一言でいうと戦争(軍事)依存経済と資源争奪をしなくてはならないような持続不可能なライフスタイル。これを変える取り組みは無限にあると言えます。自分の好きなやり方でやるのがいいでしょう。

韓国のJPG
軍事境界線へのフィールドトリップにいくバスの中で

明日も私の役割は通訳なので、今日はもう眠ります。今は会議に集中しなくてはならないので、19日に日本に戻ってから、またゆっくり書きますね。

とりあえず、無事ソウルに着き(ハングル語がまったく読めないし言葉がわからないことを除いて、地下鉄や町の様子は東京と変わりません)、地下鉄を乗り継いで会議場にも自力で辿り着き、ミサイル防衛がテーマのとっても難しい会議の通訳をなんとかやっている、ということだけ報告しておきます。おやすみなさい!

韓国のJPG
フリーダム・ブリッジの上で



*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/15

大阪初!「きくちゆみのローフードの話を聞いて食べる会 」/Camuyでローを食べながら    

韓国に飛ぶ前にお知らせを一つ。
ーーーーーーーー
今、『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』(石塚とも著/ハーモニクス出版)が話題沸騰中。この本の出版プロデューサーのきくちゆみが、ローフードの魅力、簡単なお料理の仕方をお伝えします。

CamuyのJPG
Camuyで仕事をする私。英文の論文を読んで頭に入れているところ

4人の子どもを産んでブヨブヨになったお腹周り。でもローフードを始めたら、ほんの2ヶ月でスルスルとれて、体型が20代の出産前に戻り、ヒップアップまでしたとか?(本当かどうかは、会って確かめてください)

CamuyのJPG
元原宿のカリスマ美容師のテッドさん

当時のスカートやドレスが着られるようになって喜んでいるきくちゆみが「忙しくて健康なんてかまってらない!」「お金も時間もないから特別なことはできない」という人のためのローフード講座を開催します。

どうぞお見逃しなく(ローの試食つき)!

□日時:2009年4月26日(日)午後7時から9時半まで
□場所:心斎橋の「若松」2階(日航ホテル真裏)
□参加費:3000円(ロー試食付き)

*講演を聴いている間に、ウエストが細くなる(過去実績2−5センチ)楽しい講演会です。お席の関係上、先着20名様で締め切らせていただきます。参加費は当日お支払いください。メールかファックスで必ずお申込みください。
*「若松」の美味しいお酒とおつまみ・お食事は別途注文できます。
  メール:rawinfo@harmonicslife.net
  ファックス:06−6252−8180(若松)
ーーーーーーーーーー
と、これをアップしているのは、中目黒にあるCamuy。知る人ぞ知るカリスマ美容師テッドさんのアトリエ。最近は「ローフードでキレイになりました」という話をすることが多いので、ボサボサ頭でいるわけにもいかず、前よりは頻繁に髪の手入れをするようになりました(以前は年に1、2回しか美容室に行かなかった)。

CamuyのJPG
ローマカデミアナッツを割って出してくれました。ありがとう!

今日はお昼時にきたので、近くの八百屋さんでイチゴとバナナとアボカド、大根とキュウリとセロリの漬け物を買い込んで、ランチを食べながらやってもらっています。完全予約制で他には誰もいないからできること。

しかも、ここはパソコンも使える!私が行くと、LANケーブルをちゃんと用意してくれます(いつも仕事をたくさん抱えているので、大助かり)。テッドさんは今ではすっかりローフーディストで、今日はお手製のナッツミルク(ロークルミとロー松の実)まで出してくれました。体の内から外までキレイになれるかな?(韓国でもローを見つけるぞ!)

CamuyのJPG
終わりました。韓国に行ってきます!

韓国で行われる「ミサイル防衛に反対する国際会議」は明日から3日間、毎日朝から晩までびっしり。ローをたっぷり補給して、頭をクリアにして大舞台に備えます。ネットがつながれば向こうからも報告を書きます。

4月19日はアースデイ東京の「東京ピースフィルム倶楽部(東京平和映画祭)」ブースでお会いしましょう!(5月25日のフラコンサートのフライやーとチケットももっていきますので、欲しい方は声をかけてね)

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

2009/04/14

明日、「アジア太平洋のミサイル防衛に反対し軍拡競争の終わりを求める国際会議」でソウルに飛びます

田中宇さん、ありがとう。そのとおりよ。
http://www.asyura2.com/09/wara8/msg/291.html
【田中宇の国際ニュース解説 09/4/14】テロ戦争の終わり (貿易センタービル倒壊は爆破だった/自作自演性)

さて、本題。表題の会議のことは、聞いたことないでしょう?

日本でまったく報道されていませんが、明日からソウルで行われる「アジア太平洋のミサイル防衛に反対し軍拡競争の終わりを求める国際会議」(長くて覚えられない!)に参加してきます。取材して書く者として、また、日本人代表団のための通訳としての参加です。今、山のような英語の論文をプリントアウトして読み始めています。こんなギリギリで間に合うかな・・・・(大事な会議なので、がんばります)。

この間の北朝鮮の人工衛星(ミサイル)発射では日本だけが大騒ぎをしていましたが、国民の税金を湯水のように使うミサイル防衛の必要性をアピールするのに、かなり役立ったでしょうね。

でも事情を知っている人たちは、北朝鮮と西(こちら)側の軍産複合体の黒幕がグルであることを見抜いています。つまり、「ならずもの国家・北朝鮮」は、緊張を高め、とくに日本がこれからも安全保障のために米国に貢ぎ続け、また、自前のイージス艦やミサイル防衛で軍事費の増大を納得させるために、とても大事な存在なのです。

「これで誰が儲かって(得して)いるのかな?」という視点をいつも忘れないようにしましょう。

あるMLでこんな発言がありました。共感したので、一部引用します。

「北朝鮮の動きを不安だと伝えることによって、日本の自衛隊と米軍を正当化する。そのことで誰が得をするのか考えることが大切です。得をするのは軍需産業です。
日本が人口衛星を打ち上げるときに隣国が、「ミサイルを打ち上げるとは何事だ」と言ったらどう思いますか?
キム総書記の健康状態がよろしくないことは、今の日本のトップニュースですか?
どうしてそんなに北朝鮮のことばかり報道するんだろう?
ちょっと視点を変えてテレビを見てみましょう!
最初に書いたように番組を作っているのは「人」です。
事実と違うことでも自分の地位や生活を守るためなら放送します。
だから、私たちはテレビを見るとき、報道の裏にあるものを常に考えなければなりません。
鵜呑みにしてはいけないんです。」

ーーー引用ここまで。

まったく同感。

明日ソウル出発の日は、実は息子の8歳の誕生日。なので、今日、急遽、お友達を呼んで誕生会をすることになりました。朝からケーキを焼いたり、英語の論文を読んだり、洗濯掃除をしたり、講演先に本を送るための梱包をしたり、とチャンプル(まぜこぜ)な日常です。

今日はイチゴタルトと普通のショートケーキとローブラウニーと3種類つくります(今、2つ終わったぞ)。

いちごタルトのJPG

前作ったとき、ローのタルトクラストは子どもたちに不評だったので、今回はタルトクラストは小麦粉(と菜種油、塩、蜂蜜)で焼き、クリームはカシューとマカデミアナッツにアガベシロップで甘くして、飾りはフレッシュいちご。半分ローのケーキです。

いちごタルトのJPG

普通のイチゴショートケーキは材料だけ用意しておいて、子どもたちが帰ってきたら一緒に飾り付けます。彼らはホイップクリームで飾り付けをするのが大好き。意外と上手なんです。あとは、子どもたちの好きなお料理をいろいろ作ります。

お誕生日会のJPG
Camuyで仕事をする私。英文の論文を読んで頭に入れているところ

お誕生日会のJPG
これが一番人気(やっぱりねー)

お誕生日会のJPG
野菜サラダとおからと鮭のコロッケはまあまあの人気。ポテトとニンジンとタマネギのチーズ焼きは一番人気。

私が不在中の子どものおやつ(クッキー)もついでに焼きました。すべてに「味かくし」が入っているのだ!なんでも美味しくなる不思議な調味料。

ソウルから戻った日(19日)には、アースデイ東京の「東京ピースフィルム倶楽部/東京平和映画祭」のブースに直行。ここのミニミニ上映会でおしゃべりしましょう。午後から夕方まで解説と物販をしています。

4月19日はアースデイ東京が終わったあと、「木を植えましょう」の正木高志さんの発案でマエキタミヤコさんとわたしのが暖めてきた「戦争をやめさせ環境破壊を食い止める新しい社会のつくり方」の一つになる計画の話合いを持ちます。この計画はこれから2年間で「種まきから実をもたらすまで」をやります。

今回はその初会合。午後6時から、「サステナ」の事務所でやりますので、積極的に関わりたい方(約2年間の超楽しいボランティアになるので覚悟を!?)は4月19日の5時から5時半の間に、東京ピースフィルム倶楽部のブース(代々木公園)で私を見つけて、いらしてください。

参加の条件は、「環境を守りたい」「戦争をなくしたい」「日本と世界に緑と笑顔を増やしたい」と本気で思い、そのために何かやりたい人で、マエキタさんか正木さんかわたしと直接の知り合いであること。まだ面識はないけど、参加したいという方は、4月19日の午後にアースデイの東京ピースフィルム倶楽部のブースにきて、私に自己紹介して、知り合いになってください。それから一緒に「サステナ」までお散歩しましょう(徒歩10分ぐらい)。

今まだつながっていなくても、あとでつながる場面があると思います。
すべてのことは完璧なタイミングで起きるので。

明日から19日まではソウルなのでネット環境がどうなっているかわかりません。国際会議で朝から晩まで缶詰状態だから、メールに返事がない場合はご容赦を。ブログもアップできないかもしれませんが、関東近辺の方は「アースデイ東京」でお会いしましょう。関西近辺の方は、その翌週(4月26日)に大阪アースデイ@はまでらこうえんでお会いしましょうね!

4月26日、アースデイ@浜寺公園でサヨコ・オト・ナラのオトさんとトークしたあとは、午後7時から心斎橋の「若松」の2階で「きくちゆみのローフードの話を聞いて食べる会」をやります。講演を聴いている間に、ウエストが細くなっちゃう楽しい講演会です。こちらは先着20名、会費3000円。メールでお申込みください。お待ちしています!

ああ、今日も情報満載。ごめんなさい&ありがとう。

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。