2008/10/03

なぜグリフィン博士なの?ー911真相究明国際会議まで1ヶ月!

「うそ」で始めて、無実の人を殺し続けている「対テロ戦争」。米軍のための無料ガソリンスタンド、日本はいつまで続けるの?

今日新聞を読んだら、インド洋の給油継続を「最重要」と相変わらず政府与党は主張。米軍がイラクやアフガニスタンで何をしているのか、911事件は本当は誰がやったのか、知っているの?そんなにお金があるなら、日本国内で生活の苦しい人を助けたり、環境保全や自然エネルギーの普及のために使ってほしい。

さて、今日の本題。

著名な国際的論客のJPG


911事件の公式発表に疑問を呈している著名な国際的論客は数多くいます。その数は毎日増えているといっていいでしょう。そんな中でどうして、わたしたちはデヴィッド・レイ・グリフィン博士を選んだのでしょうか。

グリフィン博士のJPG

それは、彼の911関連著作(6冊ぐらいある)を読めばわかりますが、彼の謙虚さ、911事件の調査の緻密さ、そして真相究明にかける情熱に感銘したからです。彼は大げさではありませんし、決して誇張もしません。911事件についてあちこちに断片的にあった事実をていねいに一つ一つ調べあげ、組み立てて、わたしたちにわかりやすく説明してくれます。

最初の著作『The New Pearl Harbor(邦訳『9・11事件は謀略か』』と『9/11 Contradictions』を訳させていただきましたが、彼の控え目な表現にしばしば歯がゆい思いをしました。でも、これだけの大事件(しかも、すでにマスコミを通じて公式説が大々的に宣伝され定着している事件)に対して反論をするのに、ミスは許されないという考えなのでしょう。

大ざっぱで、直感に頼るわたしとは違います。

決して声を荒げることもなければ、誰かを糾弾するでもありません。静かに、でもどんな攻撃にもゆるがず、ただ真実を追究しつづけている。そのことに人生をかけている。その上、彼の講演はユーモアーたっぷり!

あんな深刻なテーマでこんなに笑わせてくれるグリフィン博士を、同じ講演者として本当に尊敬します。

他の人の「陰謀説」にはまったく耳を貸さなかった人でもグリフィン博士の話なら聞きたいとか、彼の話で初めて911事件をもう一度調べようと思った(それ以外の陰謀論者は、ちょっとおかしい連中と思っていた)、とかいうアメリカ人にたくさん出会いました。そんなこともあって、第2回目の911真相究明国際会議の基調講演を頼みました。

わたしは彼の家を訪ねたことがあります。サンタバーバラ郊外の海の近くにご夫婦で暮らしています。そのときのインタビューがこれ。



 <グリフィン博士のスケジュール(変更の可能性あり)>
10月27日 秋田講演会 18時半、秋田市文化会館小ホール
10月28日 東京記者会見と国会議員へのブリーフィング 14時、参議院議員会館第1会議室
10月31日 神戸講演会 18時半 サラシャンティ
11月1日  大阪講演会 10時から21時 阿倍野区民センター小ホール
11月2日  名古屋講演会 14時から16時 吹上ホール
11月3日  東京 第2回911真相究明国際会議 10時から20時 三宅坂ホール

911真相究明国際会議のチケットは、前売券(一般5千円、学生3千円)がお得。郵便振替か銀行振込で。

ちば興銀 鴨川支店(620)普通1050297 ハーモニクスプロダクション
(名前のあとに「911」とつけて、DMでチケットの送付先をお知らせください)

郵便振替 00110-1-144224 ハーモニクスライフセンター(通信欄に必ず何の代金かを明記のこと)

*応援のクリック、ありがとう!人気Blog Rankingが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

1 件のコメント:

アダモ さんのコメント...

>「うそ」で始めて、無実の人を殺し続けている「対テロ戦争」。米軍のための無料ガソリンスタンド、日本はいつまで続けるの?

>今日新聞を読んだら、インド洋の給油継続を相変わらず「最重要」と与党は主張。米軍がイラクやアフガニスタンで何をしているのか、911事件は本当は誰がやったのか、知っているの?そんなにお金があるなら、日本国内で生活の苦しい人を助けたり、環境保全や自然エネルギーの普及のために使ってください。

全面的に同感です。付け加えていうなら、いつまで在日米軍に「思いやり予算」をあげ続けるつもりなのでしょうか?米軍にあげるお金はあるのに、社会保障や新しいエネルギーのためには使わない。救いようのない対米従属振りです。

最後に現状の社会保障を風刺した記事があるのでご紹介します。

米軍には思いやり予算、高齢者には思いやらない予算 それが日本の政治(日刊ベリタ):
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200805122058041